FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

陰のむこうで 

_1060350-501_201810241456489cc.jpg

だだそこに行きたいんだ。






 
2018年8月24日。平成30年7月豪雨により不通となった、山陽本線の代替輸送として考案されていた、山陰本線を迂回するルートを施行する発表から事が動き出します。8月中旬辺りからディーゼル機関車DD51による乗務員訓練が行われており、「列車の設定がくるであろう」と思ってしまうと、お盆がすぎるまで、生産性のない毎日を過ごしておりました。

 山陰本線といえば、三江線の撮影で何度も使ってきた行き慣れた線区。江津までは幡生から、作木口から、伯耆大山からと各方向からアプローチしてまいりました。なかでも普段キハ47系の運用がない、浜田~益田間のロケーションに少し愛着が沸き、「もし何か、そこそこ長い編成が走ったならば。。」と考えた挙句、あり得た話ではないと当時は諦めるのでした。

 そしてその日から、下調べと、机上ロケハンの毎日が始まりました。8月28日に下りが、31日に上りの運転がスタート。
9月に入って、知り合いからスジの情報も入り、一層の進捗と効率化を目指していく運びとなりました。



_1040925-501.jpg
DMC-GH3 ・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
相生駅 新幹線ホームから


 第1週目を、台風21号のせいにして私の出番は、9月12日からの中2日に回ってきました。全日程で曇りの予報ではありましたが、1週目の台風では対象列車の24時間手配、それ以前に陸路でも到達が怪しいラインでしたので、この施行日は真っ当だったと思いたいものです。
移動手段は普通乗車券を選択。名古屋で乗ってみたかった始発の「ひかり」に乗り換える格好をとって、相生経由で在来線を乗り継ぎます。

岡山、新見と乗換えて、この日唯一のアプローチのために岸本で下車します。
有事がとうとうやってくる、またそれへ足で向かっていることに賽が投げられたことを覚えました。


_DSC4900-503.jpg
D4 ・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉 国鉄色の1028号機が担当した9080レ。


 この場所は単線ストレートの片持ちポール。時季のため足元の草が回避できず、架線スパンの確保もそこから念頭としてもマージンがなく、更には右端の白が気になりだす始末。おまけに奥のアンダーパスで最悪フレームインも懸念となると現場の選択を誤りました。
特にフレームインは不可抗力であるため対策として被写界深度の確保、それから万が一に備えて一瞬の出来事になるためD4のごり押しに、後は頼る事。安地は広い方が賽の目を増やせます。
結果としては無事に来てくれたのでまあいいや。ここで突き詰めてもキリがない。
やっぱり左端にトラックが半分だけ入ってしまったので、A4のマージン分だけここに載っている画像は余分を切っています。

ところで、
 とことん掻い摘んで対象の列車を説明しますと、下り側からみて、倉敷から伯備線、伯耆大山から山陰本線を通って益田から山口線で新山口へ下りて幡生(操)まで行くというもの。
機関車は米子まで電気機関車のEF64、そこから先は初日にEF64に次位無動力で連れてこられ、出張してきた同じ愛知機関区のDD51が担います。牽引はコキが6両(のち7両)、コンテナもそれに準じた最大30(35)個です。列車番号は下りが9081レ、上の画像は幡生(操)からの上り列車になりますため9080レになります。

 残暑の置き土産か、涼しいなかのぬるい湿った風。岸本駅すぐのパン屋で菓子パンを買い食いしながら、ホーム内側の余裕のある場所に荷物を遠慮なく置いて、自分も胡坐。なかなかこれが至福なんですね、こういう駅が私に来てよかったと思わせる余裕をくれます。
米子で途中下車。時間合わせで別の乗車券で学生が沢山乗ったアウェイの境線で弓ヶ浜。富士見町で下車ののち夜更かしするネットカフェへ向かいました。


_DSC4984-501.jpg
D4 ・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8

 翌朝5時すぎ。時折小雨がぱらつき、どうせまだ暑いからと思った半袖では肌寒い朝となりました。東山公園駅で時間調整を挟みつつ伯耆大山の間にある鉄橋で、コキ1両が増えたことを知り初っ端からあえなく、出鼻の結果を突き付けられ、暫く編成写真をやってなかった事実を得ます。他の列車は、全てピント確認に回したため、特に釣果もなくここは耐えどころ。

歩いて20分くらいの道を引き返し、地元の学生と挨拶をかわしながら、東山公園駅まで戻ってからは225Dを待つ間で次のアプローチの準備です。直掩担当のGH3に加えて、D4にSIGMA APO 100-300mm F4 EX DG HSMを付けておきます。米子での長い停車で近寄った撮影を敢行します。

       _DSC5051-501.jpg
D4 ・SIGMA APO 100-300mm F4 EX DG HSM

 米子のホームが見えてくると、コキが反対側に停まっていました。225Dは終点の米子ではホーム中ほどに停まり、そのまま益田行きのアクアライナーに化けます。8時13分に米子着、出発は30分。それまでに戻って来ればいいわけです。スチルを2台下げてドアが開いてから撮影が始まります。
下り9081レが停まっている番線は「5番のりば」。私のような逆オノボリからみれば郷愁とは真逆で遠い所まで来たことを思わせます。
載っている荷物は紫のコンテナは判断しかねるなか、「濃硫酸専用」といった薬品と思われるものも積まれていました。

_1060306-501.jpg
DMC-GH3 ・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


 残念ながらホームの外で頭は停車していたので、目で絵を作りながら思いつくものを撮りつつここまで。先月からの2週間、時間をみては机上ロケハンして撮ろうと思う撮影対象を目の前にして、何が残せるか頭をよぎりました。



_DSC5215-503.jpg
D4 ・SIGMA APO 100-300mm F4 EX DG HSM

 9081レに道を譲られるように出るアクアライナーで向かった先は玉造温泉です。
既に先客がいる中で入れさせていただきいざ吟味。すぐに来るサンライズ出雲が余裕で巻かずに入るため、画面後ろの左巻きカーブは勘定に入れないで進めることとします。
このカット、実は大変おおきな過失をもって終わっております。それは架線が2本ありますね、三次元でモノが見えているならなんで気づかなかったのでしょうか。ここの媒体で、この大きさなら騙せるものの、軽いノリで6切ワイドにでも出力してしまったらアウトです。そう、ピント。

いま、ここで失敗して誰が得しますか。4年前の485系K編成を狙った長鳥500mm面縦の失敗を貴様はもう忘れたか。


少しだけ見苦しくない程度のいい訳をするならば、使用レンズのAFの信憑性を踏み、「手で回した方がベター」という確実な答えをもって選んだ決断だという事。最新レンズは使うに越したことはありません。しかしながら使用者のニーズと予算に見合っているか、重ねたのちに来る撮影結果です。私はこのレンズを手に取りました。


ここまで2敗。気持ちがすこし焦り出します。いくら列車で追いつく足の遅い相手とはいえ、駅間で張れる回数は限られます。ここで負けが続くと後に来る。なんとしてでもこの手で。

とも思いつつ結果は嘘を吐きません。姿見に映ったものを認めるだけです。



_DSC5263-501_20181024114829b57.jpg
D4 ・ Ai-S Nikkor 50mm F1.4 宍道湖を右手に

玉造温泉発は11時06分の133D。ここから次の田儀~波根間までは寄り道ができません。もうお遊びは致しません。なにか持って帰ります。

出雲市で327Dへ乗り継ぎ。天候が終日くもりの予報だったからか、ここまでカメラをもったそれらしい鉄道利用の方を見ることなく来ています。次の狙いは幡生から来る9080レです。小田~田儀の山側の車窓を見て公道の場所に何人かいらっしゃるのと、どこから入ったのか、崖にハ●キーが置き三脚としてあるくらいで人出をそんなに見かけません。ポジションの懸念は常にするもので、併せてミスも引きずると心理的によろしくありません。




       _DSC5307-501.jpg
D4 ・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉

 まずい、いま自分は焦っている。移動中がいちばん焦れる時です。
田儀駅で下車し、キハ120から解放されたかと思うと、いったん焦れるのが収まりをみせつつ脇の坂道を足回りに気をつけながら、せっせと上がります。ここは公園の上から、石州瓦の家並みと一緒に俯瞰できる、9080レの時間帯的にも、曇り時のみ良好な結果が得られるポイントです。今日のようなライティングでも、色を見せることのできるこの場所で勝負を仕掛けます。

ここの難点、それは、ピンポイントでポジションがどこなのかロケハンで判別できなかったことです。米子から撮影する制約柄、本数を確保するとなると運行スジの都合上、大田市(貨物同士、ここで交換)より手前でプランを組む必要性があったからです。それでもって違うカット、消去法が得策とここです。大まかに、ここだと思う地点は把握済みで、自分の目を信じようと思いました。
口が寂しくなり歩きながら、つつみが張り付いた塩飴を口に運ぼうとしたら無残に取り落とし、坂道を転がっていくのに一瞬目をやりつつ、ショルダーバッグの中から何事もなかったようにもう2つ目が口に入ったあたりで、右カーブの先に施設と駐車場が見えてきました。

 半袖でも汗だくのなか、いざ。頭で地図を描きながら、GPSも起動して、方角を調べて端から歩いていると踏み固められた道を見つけました。奥では先客が2人。
確かに方角はあっている。時間も無いしいくしかない。

 何が埋まっているか判らないので三脚で足元を突きながら進み、混ぜていただくこととしました。伺うと喋り方で関西方面からの方のようです。私が普通乗車券で来たことに驚いてらっしゃいました。線路の見える一番奥のラインを凝視しながら、ここは俯角に葉がかかるため手持ちであっさりと、一番の集中がついて来て、余裕がでたのか手前スパンも拾っておきます。ですがここ、多分本当のポジションと少しずれていますので、どこかにもう1ヶ所あるはずです。

帰りがけ、駐車場までご一緒して、お二人ともまだ車で追いかけるようです。ポジションの融通を利かせてくださったりで、狭いスペースの中で助かりました。それで私はこれで今日の撮影は終了。

_DSC5340-501.jpg
D4 ・AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G ED (IF)

 時間は9080レの通過が13時06分で、季節としてもあと2本は何か行ける時間です。
この後どうしようか、381系のカットでも増やしておこうか‥・しかし天気をみろ。じゃあどうする、、、下り坂の田儀駅が近くにある辺りで後ろからクラクション。先ほどのお二人でした。私も手を振り返して一瞬の出来事は終わっていきました。

予定では2時間ほど後に来る366Dで出雲市に戻る算段。とぼとぼ歩いていたら構内踏切の先で1本前の326Dが停車していたものの、急ぐ理由もなく、行ったところで暇を持て余すだけ。乗ろうと思う気持ちも微塵だけありましたが、ここは待つ選択をとりました。荷物くらい、静かに降ろしても怒られませんでしょ。

時間もかなりありますので、駅舎の広いスペースでクールダウンと休憩を。仮眠までとれるほど落ち着いた空間がとてもいいです。今日のすべてが終わって列車の時間を待つばかり。出先で、駅にいることを楽しむ静かな時間が今、自分に与えられています。

       
       _DSC5445-506.jpg
D4 ・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉

 その後はというと、雨が降り始めた出雲市まで戻り一畑電車の乗りつぶしをしておりました。
時間調整でなんとなく降りたくなったのが一畑口駅。列車の進行方向が変わる、全国的に見てもたまにある駅です。雨はほどほどにコンクリートを鳴らすように降り、傘を要求してきます。次の列車が離れから出るためD4に出番を与えました。

新車や東急からの車の投入で変わったこの路線で、大社線だけ、次の機会にとっておくことにしました。乗って時間を潰していただけ、至福は足元にありました。


つづく

関連記事
  1. 2018/10/25(木) 20:11:00|
  2. あの日、あのとき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陰のむこうで その2 | ホーム | 【停車場目録】 旧三江線 石見都賀駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/904-6228dc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX集』からどうぞ!!

Party now(2018/10/26)
Body
・D4
・D700 × MB-D10
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・OLYMPUS PEN-D
・Konishiroku Pearl II
・Nicca Type-ⅢF
・LUMIX DMC-GF1(借入中)


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)
・TAMRON 02B

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G ED (IF)
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA APO 100-300mm F4 EX DG HSM

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(貸出中)

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは使用前に必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
レンズの話題シリーズ (109)
レンズの話題 (102)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (17)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (350)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (98)
名鉄 (4)
東武 (23)
小田急 (8)
東京メトロ (4)
新金線関連 (70)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
機材インプレ (30)
作品といえそうな作品 (56)
乗車メモ (3)
停車場目録 (54)
撮影地ガイド (19)
つまらない話 (83)
どこどこに居ます (43)
あの日、あのとき (23)
info (6)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター