FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

一部特別車、一般のほう 【Nikon D300】

DSC_0640-501.jpg
ちょろっとD300でも紹介したいと思います。

発売は2007年11月23日。D3とともに新しい世代をスタートさせたカメラだった記憶があります。

ボディ単体で秒間6コマ連写(14bitRAW時は2.5コマ)。モニターは3インチで92万ドット。
ファインダー視野率は100%で所狭しと配置された51点の測距点と、常用感度は200~3200。拡張で100・6400まで選択できます。
手に持った感じは取り落としにくい印象があります。手の小さい方には小指の置き位置に届かないのではというグリップ形状です。

動機はと撮影ペースとレスポンスをD5000から引き上げるということ、バッテリーグリップのMB-D10を有効活用することを理由に2013年1月に購入しました(購入価格 43000円程度)。D700との併結で しな鉄の169系や上沼垂の485系を追いかけました。まわりがD700、D3、D3Sということもあったため、フォーサーズから乗換える同期に1台目は転属になってしまいます。
大学4年の北陸攻略時は、大学からの貸出でしばしばD700を真冬の外気にさらした後の予備機で登板。まさに予讃線の1両締め切り
上り北斗星の最終運行にも代打で起用したりで、それから2年余りして再び2台目として手元へやってきたものの、古さはもう大きく感じるようになっていました。EXPEED4の登場で高感度のノイズが少なくなったのと、大きさによる費用対効果です。ISO1600で状況によっては気になるため、D700に振ってしまいますが、単体での図体におけるパフォーマンスでだんだんと満足ができなくなってしまったのです。

当時の運用は、範囲の広いAFポイントを活かしてまずは2丁切り時のみ使用していました。AF担当で保険役に回したり、MB-D10をつけ置きピンして高速連写の5~7コマ目で当たりカットを得られるように連写役で回したりと、沿線では射程以外で主役になることは絶対にありませんでした。近所の撮影でもしない限りは飽くまでD700かポジを詰めた銀塩機の脇役です。
もともと私の場合ですと、D700から追加されたあるボタン割り当て機能がないためという理由もあります。これはD700の記事を書いたときに詳しく書こうと思います。

腐っても当時のハイアマ機です。レリーズタイムラグはD一桁機に感覚が近く、昼行に限定するならダイナミックAF21点である程度は編成写真もいけます。どんなに引き伸ばしてもA4程度の方や、これから写真を始めようというゼロスタートの方は一考かもしれません。
10ウン万かけてAF丸頼みの入門機とダブルズームを投入するくらいなら、本機との差額でレンズを買って練習しつつ、再度お金が溜まったらD300を切り離して、違う機体を入れる手順が撮影チャンスと一瞬により強くなれると思います。


(追記 2017/02/02)
2016年10月に、PENTAX K-5からD7000へスイッチし、だいたい3ヶ月経ちましたので少し所見を。スペックが似たり寄ったりの本機とD7000ですが、主に高感度は時間差で譲るものはあります。しかしAFの食いや動体における補足能力は圧倒的にD300が上とフィーリングも含めて感じます。あと大きく差を広げているのはメカの作りですね。

(追記 2017/10/13)
2017年8月16日、いちどは大学の同期の手に渡った1代目のD300が私の手元へと帰ってきました。1か月はD7000と並べて運用していましたが使用が似た者同士の生存競争はD300に軍配があがることになります。既に、DMC-GX7でも前衛が張れるのと、後ろでは大将機D700が控えています。ここへきて本機は我がパーティーで本当の盾になりました。


ここでワタクシ放問者がチョイスした本機の任意設定をカミングアウトしたいと思います。

各種割り当ては
AEロックボタン:中央部重点測光の簡易切り替え
PVボタン:シャッター・絞り値1段
Fnボタン:レンズ情報手動設定(なおキープ含め満席)
です。

MFレンズを多用するため、自持ちNikonの3桁機ではAF-Cのレリーズ設定を「レリーズ優先」、半押しAF駆動はOFFを共通にしています。
そのほかファインダー内水準器が入っていないのもあり格子線はONにし、明るいレンズの解放でも被写界深度が深いためAF(標準ロックオン)に比重はおいています。


_DSC1347-501.jpg
最後に本機で撮った1コマを。
沿線撮りでは拙い撮り手を諸々のポテンシャルで支えたり、メインがロングレンジを付けたときの直掩機としてイレギュラーに対応したり。故障時は昼行に限り代打までこなします。主軸はすでにD700がいたため、D300は多方面で盾のような存在ではないかと思います。


毎回恒例の鉄道車両に置き換えるとしたらですが、D2シリーズ・D200の十字キーを継承したり、快適な操作性から4連の名鉄5700系ではと思います。JR系統なら117系ではないでしょうか。


メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d300/
関連記事
  1. 2016/05/31(火) 17:59:47|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陽の長くなったいつもの鉄橋 | ホーム | 【停車場目録】 新宿三丁目駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/660-8c79e376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/08/04)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 4

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (155)
レンズの話題 (114)
INDEX (1)
機材インプレ (27)
比較小話 (6)
F値ごとの変化 (7)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (378)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (138)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (307)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (31)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター