FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

レンズの話題 70本目 【Ai-S Nikkkor ED 200mm F2(IF) 】

夜風が心地よい季節になりました。

日付が変わる前に紹介しましょう・・・・・・・。
























        _DAC5565-501.jpg
Ai-S Nikkkor ED 200mm F2(IF) です。

10日ほど試用させていだたいた大口径望遠レンズです。本レンズは、Ai-S規格のなかでも最終ロットのようです。


_DSC7400-501_20160426221544f38.jpg
まずはF2.8時の作例から。

1段絞るだけでそつない纏まりです。しかしよく見るとフリンジが確認できます。


_DSC7401-501.jpg
つぎは開放へ行ってみましょう。

驚いたのはそれなりに光量落ちを貰います。


_DSC7667-501.jpg
ぼけの参考に、開放にて4m強まで寄って撮ったものを1コマ。


        _DSC5568-501.jpg
こちらは同じく開放で12mほどの場所からです。


_DSC3178-501.jpg
鉄道撮影での最大のメリットはこれでしょうか。

絞り開放、感度6400で1/125secが実現し、首を振らないであろうタイミングでMF追従しながらいただきました。


_DSC7595-501.jpg
300mm F2.8のような深度なのに画面を広く抱えられます。この辺りがこの規格ではと思います。


_DSC4821-501_20160426223644fb0.jpg
屋外でも開放で撮影すると、望遠の圧縮と浅い深度で空間が活かせます。


        _DSC4778-501.jpg
同じ場所、上の画像と近い位置でF8まで絞ったものを。深度と光量落ち以外は、開放と特に変わるところがないようです。


_DSC6961-501.jpg
自然光も含め、逆光時は独特なハレーションを拾います。


        00001-501.jpg
Film:Kodak 400TX
トライXとの組み合わせで開放付近の作例です。
    

       _DSC6453-501.jpg
被写界深度の浅さ、
ピント面と外とでのエッジの立ち方が目を引きます。



00002-501.jpg
Film:Kodak 400TX
ぼけの撮影が楽しくなります。


_DAC5596-501.jpg
APS-C機(D300)では300mmに伸びます。


作例が溢れだして困惑しているところで感想に入ります。

結論は「明るいだけ」です。200mmというレンジに対して開放値がF2という規格上では最高の明るさを持っています。
持った感じは300mm F2.8とあまり変わらない印象です。重心も偏りがあるわけでなく人差し指の付け根で支えてピントリングを回せます。



_DSC7089-501.jpg
4000K マゼンタ-2.65 絞り開放


絶対的に本レンズを使わなければならない事態になるのは、大概は暗い場所で早いシャッタースピードを稼がないとならない場合や、広さに制約のある建物内で寄った撮影で得られる ぼけ を使う場合が挙げられます。
逆光耐性も踏まえ、私が使う中でのフィールドでは総合的には△です。ポテンシャルを最大限に生かすことができないのです。
たしかに明るさの恩恵は最大の攻撃力で、最大の守りです。

絞ってもシャープネスやコントラストがほぼ一律のため、明るい時間帯で撮影している時は開放か絞ってもF2.8を多用していました。逆にいえば 空間圧縮と ぼけ量で生まれる「空間」、絞り値で量を調整するほうへ意識を集中させることができます。
もし、それができない、又はできなかった場合はただデカいだけの望遠としか言いようがありません。

大きさも300mm F2.8くらいはありますし重量もそれです。幸い200mmなら70-200mm F2.8や180mm F2.8で賄うことができますし、荷物も減らすことができます。それでも200mm F2をとる場合はテレコンバーターやAPS-C機もお供につけると拡張性が生まれます。

そこまで長くないレンジで圧縮と空間構成に長けているが、次はどうしようかと悩んでしまう1本でした。

   _DSC6247-501.jpg
最後に大きさがどんなものか参考に。。。




↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/enjoy/life/historynikkor/0031/index.html

最後にちょっと諸元
Ai-S Nikkkor ED 200mm F2(IF)
最短:2.5m
絞り開放:F2
レンズ構成:8郡10枚
絞りばね枚数:7枚


INDEXページはこちら↓
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html


最終更新 2019/04/24


関連記事
  1. 2016/04/26(火) 23:46:31|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国道駅  No.48 | ホーム | 絶賛撮影中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/647-af9f67ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/06/19)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (155)
レンズの話題 (114)
INDEX (1)
機材インプレ (34)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (375)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (135)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (307)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (31)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター