FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

レンズの話題 64本目 【Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4】

過去記事によると、前回の うるう年は東京で雪が降ったようです。

月を跨ぎましたので投下したいと思います。



















_DSC3684-501.jpg
Ai Zoom-Nikkor 80-200mm F4Sです。

暫く使わせていただいていた望遠ズームレンズです。無記載はD700でレビューしていきます。



        _DSC8602-501.jpg
まずは80mm側で開放の画面から。

ぱっと見では気にならず、気兼ねなくF4が選択できそうです。


344-502.jpg
Film:FUJIFILM 記録用カラー ISO100(EPSON GT-X970にてスキャン)
開放で近景を狙うと周辺が気になるかもしれません。


_DSC9298-501.jpg
絞り込むと堅さが増すことなく、適度な締まりが得られます。


_DSC7444-501.jpg
ハレーションを入れるとそれなりにコントラストが低下します。


_DSC7421-501.jpg
現行のAiAF80-200mm F2.8Dほどではありませんが、テレに向かうほどイトマキ収差が発生します。


_DSC7400-501.jpg
開放テレ側にてぼけで参考を1コマ。


115presto400-501.jpg
Film:NEOPAN400 PRESTO(EPSON GT-X970でスキャン)
105mm付近にてF8から少しだけ絞った作例です。

コントラストが伴い、押しのある画面になります。

_DPC2100-501.jpg
135mm付近、ピント位置は2.5mで開放にて。


_DSC2748-551.jpg
色温度を少し低めに、、開放での1コマ。



_DBC9545-501.jpg
APS-C機(D7000)に付けて開放にて。本機の場合はゴーストで逃がしてハレーションを抑えるパターンですね。


_DSC0853-501.jpg
こちらもD7000。
135mm付近でF5.6にて。1000円qualityです。



程よいところまで来れたので感想に入ります。

80‐200mm F4.5ならジャンクなりでよく見ます。しかしこちらはF4です。
描写で思ったのは、逆光時や開放の絵を除けば現行のAi AF 80-200mm F2.8Dと、もしかしてそこまで変わらないのでは、、、というところです。実際おなじ場所で2本を使ったときのデータを整理していて、取り違えそうになりました。最短撮影距離は、実は寄れる1.2mです。
本レンズの歪曲収差はワイド側の80mm側でたる収差が強く、どちらかといえば望遠寄った印象があります。

1段暗くなるだけで、重さもF2.8の半分くらいになります。そこまで大きな撮影でない場合ではこの大きさは重宝しそうです。持ち主曰く2000円で手に入れたそうですが、本当に2000円で出していいのかと思う1本です。



先日、某中古店にてなんと1000円で発掘してきました。小さい鞄で賄えるシステムを作るにあたり70-300mmクラスのレンズを探していたところに思わぬ牡丹餅です。わずかなくもりと、小かび程度でしたが吐き出される結果は良上で、アタリを引くことができました。

もうひとつの投入動機は、Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉の予備ポジションの役割があります。銀塩と2台もちになった場合の運用や、修理に出した際の代打の役回り。

寒冷地での捨て石などでも、今後も静かな活躍を活躍している1本です。


最後にちょっと諸元
Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
最短:1.2m
絞り開放:F4
レンズ構成:9郡13枚
絞りばね枚数:9枚
フィルター径:62mm



INDEXページはこちら↓
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html




最終更新 2020/01/21


こちらでは、『F値ごとの変化』を掲載。


【共通】
日付:2020.01.21
使用機体:D850 
焦点距離:80mm(ワイド側)
ピクチャーコントロール:スタンダード(SD) 
WB:5000K 
撮影距離:約3.5m
撮影形態:手持ち
※12-bitロスレス圧縮RAWから現像


_DSC3274-60180.jpg
F4(開放)


_DSC3273-60180.jpg
F5.6


_DSC3275-60180.jpg
F8


_DSC3276-60180.jpg
F11


_DSC3278-60180.jpg
F16


_DSC3279-60180.jpg
F22


_DSC3281-60180.jpg
F32(最小絞り)


関連記事
  1. 2016/03/01(火) 22:53:26|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸工臨のやつ | ホーム | 掛け持ち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/630-551d6ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/09/16)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D2X
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

・SIGMA TELE CONVERTER TC-1401

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 4

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (157)
レンズの話題 (116)
INDEX (1)
機材インプレ (27)
比較小話 (6)
F値ごとの変化 (7)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (385)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (145)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (309)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (33)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター