FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

レンズの話題 51本目 【AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm F4-5.6G IF ED】

今からちょうど5年前、気胸で緊急入院しました。

HDDを見返していて思い出したように紹介しようと思うレンズはこちらです。





















DSC_3496-501.jpg
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm F4-5.6G IF EDです。

かつて一眼レフというものとともに、初めて手にした望遠レンズです。
※銀塩機のF50Dにも本レンズは付けられますが、DXフォーマット用のレンズのため四隅がケラれます。

今回レビューで使った機体はD5000です。

DSC_0166-601.jpg
まずF8まで絞ったものから。

影の締まり方など、いかにもデジタル対応レンズといった感じです。


        DSC_9782-501.jpg
逆光下ではディテール損失が少なく、かなり補正されています。


DSC_0944-601.jpg
参考でもう1カット


DSC_0125-601.jpg
55mmでF5.6。


DSC_1210-501.jpg
ぼけは誇張がなく、かなり自然な部類だと思います。


DSC_0786-601.jpg
145mmでF5開放ピント位置は10m強でしょうか。

気になる方は歪曲収差が気になるかもしれません。


DSC_0159-601.jpg
小さい望遠レンズですので、あらゆる場面で重さで撮影断念がなくなります。


DSC_0264-601.jpg
開放付近でも周辺まで安定しています。
参考程度に、同じ場所で撮影したAF-S18-55mmの作例も載せてあります。併せてご覧ください…


DSC_0002-601.jpg
F値は5.6でだいぶ寄ったものを。ワイド側の55mmでは樽収差が確認できます。

併せD5000のAWBによる作例ですが、駅の蛍光灯下でも近い色再現です。

_DSC0905-501.jpg
中古購入の場合は、片ぼけの個体ではないか確認して購入することをお勧めします。


DSC_1691-501.jpg
これは病床からです。VRの補正もよく、外す覚悟で振ったら当たりが得られました。


DSC_0514-501.jpg
唯一これだけ、当時のスキルと画面のとらえ方を感じました。

同じ場所がまだ健在なら、違った狙いで行くとものすごく思います。


こんなもんにして感想に移ります。

ある意味で人生初の望遠レンズです。大学に入学してNewFM2を投入しても、D5000の望遠担当で活躍し、VRの機構が故障するまで使いました。D700とAi AF80-200mm F2.8の投入による置き換えで、主力の役目を終えます。

常に通学鞄にも無理なく18-55mmと一緒に入れられる大きさで携行性は高いです。この2本で、千葉をメインに各線へ出向きました。
レンズフードはかさばらず、AF時も前玉は回転しないのでホールド性は確保されます。AFはほどほどの速さといったところです。
欠点を唯一挙げるなら、VR機構のキーン音がそれなりに五月蠅いです。

そして暫くブランクをもって思うのは、ダブルズームキットの括りでメインのシステム構築を終わらせてしまうところが非常に惜しい点です。折角一眼レフカメラを手に入れたわけですから、特にFマウントと入門機は、古いレンズもAi改造なしで取り付けられるという最大のメリットもあります。とにかく、キットレンズで満足いかない場合は違ったレンズに手を付けてみるのも手段です。

なおマウントはプラスチックです。落下クラスの衝撃にはとことん弱いのでレンズ交換や持ち運びには注意です。

今回HDDをひっくり返して、思い出に浸るきっかけになれた1本でした。

【2019年7月19日 再レビュー】
筆者がD5000と供にした望遠レンズでもあり、多くの貴重な鉄カットや作品が残っていました。
この小ささで、FXフォーマットにおいて300mmまでカバーするとすれば、DX機とFX機が混同の運用になってもサブや予備で欲しいだけの実力があります。

DSC_0494-601.jpg
70mm付近 F8にて。枝のエッジが秀逸です。

しかしメインで使うには憚れます。作りがAF-S18-55G VRとおなじくチャチなのです。


2015年10月のレビュー当時からそのほか感想は変わらず、数合わせの感がどうしても拭えません。

もし今、手元にハードと本レンズしかなかったら、
純正を使っているという点が唯一の支えになって安心して使うと思います。


↓メーカーのページはこちらから↓
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_dx_vr_zoom-nikkor_55-200mm_f4-56g_if-ed/


最後にちょっと諸元
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm F4-5.6G IF ED
最短:1.1m
絞り解放:F4-5.6
レンズ構成:11郡15枚(EDレンズ1枚)
絞りばね枚数:7枚(円形絞り)
フィルター径:52mm

INDEXページはこちら↓
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html



最終更新 2019/07/19

関連記事
  1. 2015/10/25(日) 20:17:39|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道の日だったのね | ホーム | これの季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/589-bef3ca79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX集』からどうぞ!!

Party now(2019/08/08)
Body
・D850
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1(借入中)
・Zenza BRONICA S2

Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・TAMRON 02B


・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
レンズの話題シリーズ (115)
レンズの話題 (108)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (384)
JR系統 (129)
京成とその直通先 (111)
名鉄 (4)
東武 (35)
小田急 (8)
東京メトロ (4)
新金線関連 (71)
中小私鉄・三セク・軌道線 (21)
機材インプレ (30)
作品といえそうな作品 (56)
乗車メモ (3)
停車場目録 (64)
撮影地ガイド (19)
つまらない話 (88)
どこどこに居ます (50)
あの日、あのとき (25)
info (6)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター