FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

レンズの話題 10本目 【Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED 〈NEW〉】

陽が延びて、寝台特急『あけぼの』が狙える季節ですね!!

今回ご紹介するレンズはこちらです。









_1230811-501.jpg
Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED 〈NEW〉 です。
  

CSC_1171_convert_20120526184816.jpg
まずは友人のAF-S 80-200mm(左)との比較です。

コンパクトな作りになっていますね。


_DSC8052-501.jpg
F4まで絞れば、解像度が安定してきます。


DSC_1524_convert_20120526183602.jpg
F2.8での描写ですが、ヴィネットコントロールを強くすると、光量落ちはほぼ改善されます。

F4まで絞ればほとんど気になりません。


DSC_0221_convert_20120526183104.jpg
硬調がちなAF-Sに比べて、このレンズはフルレンジで一段階ほど軟調な描写です。


_DSC7275-501.jpg
テレ側のぼけです、芯のある感じに思えます。


DSC_3115_convert_20121101091707.jpg
FILM:PREMIUM400
テレ端では、歪曲収差が目立ちます。

_DSC5225-501.jpg
それに望遠側ではコントラストが落ちる傾向があるので、ピクチャーコントロールなどで補正したいところです。

フィルムで使用する場合は、AF180mm F2.8などの単焦点レンズでカバーしてあげるのが望ましいですね。


DSC_3634_convert_20130130183009.jpg
ゴーストは、出そうと思えば出せます。


_DSC4972-501.jpg
きちんと写る部分と、上手くばらける部分を持つハイブリッドなレンズだと思います。


_DSC7809-501_01.jpg
こちらはD4にて
100mm付近 ピント位置は2m前後の開放です。


2013-12-25_38_convert_20140129115755.jpg
Film:ECTAR100(KFS-500にてスキャン)
たしかF5.6かF8の作例です。


       1429-501.jpg
Film:Kodak GOLD200(GT-X980にてスキャン)
85mm付近でF4での作例です。



057-501.jpg
Film:RXP(GT-X970にてスキャン)
信越本線ではこのフィルムもそうですがミドルを担う本レンズはかなり重宝しました。





そのほかの感想を・・・。
Capture NX-Dが無料でダウンロードできるようになり、ネックだった歪曲収差も項目クリック一つで簡単に修正できるようになしました。そのため、本レンズ主軸でパーティーを組むことに躊躇がなくなり、おかげで200mm F4を1本多く携行する必要が無くなってしまいました。中古相場では約5万円で、ここまでの性能なら非常にお買い得です。

VR未搭載なことを除けば取っつきやすい描写で、解放から特に困ったことが無く、AFは3m地点のリミッターで無限~3m と 3m~最短で区切ることができます。そのほか現行主力のAF-S 70-200㎜ F2.8G VRⅡよりもコンパクトに収まっているところも魅力です。

およそ7年の付合いですがD700との12MP機ではとても良好で、また見かけより小さく使い勝手がいいため標準ズームと最小限のシステム構成に貢献してくれます。


このレンズは、当ブログを支える主力として壊れるまで使います。
↑とか書いていますが、いま現在使っている固体は2代目です(実は1回壊してる)

↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/ai_af_zoom-nikkor_80-200mm_f28d_ed/


最後にちょっと諸元
Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED 〈NEW〉
最短:1.8m(マクロ時1.5m)
絞り開放:F2.8
レンズ構成:11郡16枚
絞りばね枚数:9枚
フィルター径:77mm


INDEXページはこちら↓
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html


最終更新 2020/05/30

↓「続きを読む」からは同一の被写体による『F値ごとの変化』がご覧いただけます。

こちらでは『F値ごとの変化』をご紹介いたします。各リンクは別窓で表示します。

取り扱いの混同や画像取り違えを未然に防止するために、ズームレンズのため各レンジごとに記事を設けております。。。

80mm
105mm
135mm
200mm


※試験運用中
関連記事
  1. 2012/05/26(土) 19:07:54|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月28日 どれを撮っても損はなし!!! | ホーム | ターボ君の車窓から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/161-4141f778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/06/19)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (155)
レンズの話題 (114)
INDEX (1)
機材インプレ (34)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (375)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (135)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (307)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (31)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター