FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

盾の役割 【Nikon D7100】


1年の運用期間。そろそろいきます。



_DSC0281-601_01.jpg

発売は2013年3月14日。
24.1MPのCMOSセンサーや中央1点のみF8に対応した51点AF。画像処理エンジンもD4と同じ「EXPEED3」を搭載。前作D7000の筐体に新しい要素を盛り込んでいます。

また本機から「×1.3クロップ」が新実装。高画素による余裕から約15.4MPでさらに1.3倍の焦点距離を稼ぐことが可能になりました。



▼投入経緯


M4/3のGF1・GX7・GH3で得てきた運用データを基に、直掩機としての安定度としてニーズはAPS機に固まりました。

 投入は2018年12月01日。当初は乗り気ではなく、右に倣えと誰しもが持っているような機体でバッファはお世辞にもあるとは言えず、画素数とAFモジュール以外は焼き直しのような位置づけ。バッテリーグリップを差しても連写の速度は引き上がらない。せめてローパスレスになった。
期待値はD7000で完全に見限っていたAFにどのくらいの信用を持つことが出来るかという事。高画素機を今後運用するための試験機として、D4で時折使っていたクロップ機能に実用性をゆだねていました。


 投入して翌日にはAiAF80-200/2.8D NEWと試運転を行い、追従具合を確認。とりあえず昼行でなら拾い、フィーリングはD300系統と同じ感覚で使えるものと認識しました。

ファーストインプレは、『悪くはありません』でした。





落下事故発生


むしろここがこの記事の本編かもしれません。


現場は東武宇都宮線の壬生にある鉄橋です。土手道より1段高くなっている場所で三脚を立てて350系の浅草行き特急を狙う撮影プランです。

 斜面に三脚をセット。本機をD4の上に、ホットシューアダプターと自由雲台、レンズはAF-S24-85Gが付いた状態です。動画でも回そうとセッティングしていました。かなり仰角の状態で仮セッティングして、目を離した隙に、ホットシューアダプターより上が足元の草地へ唐突に落下。そのまま斜面を進みます。早々に拾いに行こうにも、凍結したコンクリートに脚を滑らせ筆者も2mほど緩やかな斜面を腰から滑り…。

本機が落下速度を上げて落ちて跳ねていく姿は英国の某車番組が頭をよぎりました。やってしまった、、ロックが甘かった。


 機体、持ち主ともに、完全に停止してから、拾いあげて外傷をチェック。
当たった箇所はAF-S24-85Gのフードが1ヶ所受け止めており、そこから自由雲台、本体のモードダイヤル、グリップの赤いライン付近と上部に集中していました。
「まあ、(あそこの会社だし)大丈夫であろう」と思いつつ、 液晶は? 駆動まわりは? Ai連動ピン? ミラー・プリズム? 物理切り替え系の破損個所は? あらかた思い当たる箇所をみて1周し、 MENUが開けないことに気づきました。

 致命打は「AEロックボタン」で、外枠の合金が内側へめり込み。強制的にボタンを押しこんだ状態であることでした。筆者が扱うNikon機は必ず親指AFにし、シャッターボタンは完全独立になっています。つまりは、電源を入れるだけで、頼んでもいないのに勝手にAFが回る仕様という事になります。


 「(適当に使って月を跨いだらD7200の足しにしようと思ったが…)こんな奴に構っている暇はない」と、メカと電装へのダメージはないものと合点、MFレンズ限定で継戦は可能であるものの、使えない物を可愛がるほど余裕はなく、通過6、7分前になってこの場でのみ本機を放棄しました。

ある意味、こういったアクシデントのために、大事な撮影では荷物が嵩張っても1台もちのパーティーを避けているのです。


1台くらい潰れたところで「まぁいいや・・・」と思うも戦力低下によるショックは少なからずあり、これまで富山・新潟・広島・兵庫でD700を状態異常の発覚戦闘不能にした経験をもっても拭えず、冷静にあたっていけば確実に拾えるD4をもってしてもまともに扱うことが叶いませんでした。毎度のこと、これが甘えと思います。



 結局、何をしに現場へ向かったのか。

パンタの処理は甘く、35mmでいった超接近戦に見合う露出を作れず被写体ぶれ。負けを認めて壬生の土地を後にすることになります。帰りの道中は扱い者が大ケガせず多少の打ち身で済んだことを喜びました。


KIMG0360-601.jpg
処置前の状態。 めり込んだ外枠により、ボタンは画面9時の方向押し込められて戻らない。



「今から手を尽くす、その上で貴様の答えを聞かせてみろ」

 帰宅後のことです。筆者を知る方、また長らくお付き合いいただいている読者の皆様なら感付くのではないでしょうか。右手に握られた金属ヤスリがあります。

すがる思いを持ちつつめり込んだ合金を少しずつ、少しずつ、削ってブロアーで吹き、削って吹き、落ち着いて慎重に削り、押しこまれたボタンは一定の境をもって定位置。そこに右手親指があらゆる条件で乗ることを考え、削りヶ所のカド取りをしてマイルドになったら処置終了です。深追いはしません。


KIMG0366-601.jpg
処置後。慎重にいくものの筆者の焦りがヤスリの傷から散見される

 その日の昼頃までには症状を改善させ、翌朝の延方へ向かうインフラを予定の本機からGF1へ変更。フランジバックのズレや2次被害を確認作業のために、10日程度はひたすらな試運転を続けました。



答えは真っ当に返ってきました。





▼D7100はどんな機体なの?


 2019年春では、自持ちのD7100・D4・D700を1台ずつ起用し、週1で成田線の撮影に臨みました。諸元表には表れない各機のフィーリングを知る機会として、筆者の意思とアウトプットを優先に運用データの収集をしていきます。

FX機の2台は、「愚直に速く、振り回される最高速度」と、「フィールドに合わせた筆者と相乗による最大トルク」とわかり、これだ! と違いの実感を致しました。

 はたして本機はどうだったか。撮った画像と当時を思い出すと「小さいシステムで、装備者の小回りへ転換」です。
言い回しとしては酷ですが、大きさなりに中身を考えると無理ができず、機体を介してアクロバットな撮影の仕方は不思議としなくなります。逆にトータルウエイトを軽くすることで撮影する場を1つ余分に増やせたり、「あっちもいこう」、「こっちもみておこう」といった部分ができてきます。それでいて上級機に比較的あわせてあるUIと取り回しでカメラを使うことの満足度を損ねません。完璧なミドル機です。

このほか、戦果を要さない偵察時、乗り鉄している時といった、「撮影がメインでない行程の場合」、行く先々で、「時間帯と照明の明るさが読み切れる場合」ではこの程度の大きさは重宝です。大きすぎず、小さすぎず、このくらいが丁度よいのです。それでいて24.1MPのトリミングにも耐える画素数とそれなりに追いかけられるAFがセットでついてきます。


 筐体として近い形のD700との差は、剛性、根本的なセンサーの大きさ、レリーズタイムラグ、高感度(体感で)、加減速とトルクのツメです。この辺りは文章にしづらく、大きな差としてあり比較しても絶対的に埋まらない部分であります。
個人の総合評価としてはD700の約80%です。それだけクラスとしてのきちんとした筐体を位置付け、基本性能をもっています。




▼設定まわり


 原則としてD700に準拠でありますが、一つだけこのクラスにしかない(知る限り)設定方法があります。

モードダイヤルに「U1」「U2」があります。「絞り」・「シャッタースピード」・「ISO感度」・「ホワイトバランス」・「AFモード」など、その時の設定状態をダイヤルに充てることができるのです。

『ユーザーセッティング』と呼び、メリットとしては、下手に弄りまわしても他所のモードへダイヤルを回して往復するだけで、設定が元通りになるのです。これを使い、基準→夜間仕様へ設定変更→(ダイヤル戻し)→基準まで素早く戻ることが可能です。

露出も固定できる点を活かし、「U1」を流し撮り仕様、「U2」を走行シーン仕様といった振り分けもでき、使いこなしてからも面白さがあります。

このモードはD7000でも設定が可能です。カメラの設定よりも被写体と安全をより注視できますため、素早さ重視の方には試していただきたい機能です。

1つだけ残念なのが「動画撮影ボタン」の設定割り当てが仕事をしないことです。ここに「×1.3クロップ」を充てて、ダイヤル切り替えができれば、昼行に限ってスプリンターになれました。仕方がないので「iボタン」のスタート位置を「撮像範囲」にして煩わしさをもって対応しています。


D850などの上級機、D一桁機との設定まわりの差は慣れです。



☆これからD7100を手にする方へ☆


本機は基礎性能だけは確実にあるデジタルカメラです。現在では中古での入手がメインとなります。



▽買い増しの場合

どのクラスからでもD7200へ行った方が費用対効果があるかもしれません。よほど投入コストに悩んだ場合はD7000やD300系統より本機がお勧めです。


▽カメラ未所持で行く場合

「低コストで本格的かつそれなりに使える機体」につき、Nikonのデジタル一眼レフカメラとしては候補の一つになります。
余裕があればD7200、D500、各FXフォーマットの機体がよろしいかと存じます。こちらは但し書きとして撮影用途に依存します。


・・・ ・・・ ・・・ ・・・

「2019年11月21日」の中古相場では3万円台後半(ボディのみ)の個体が多いです。レンズキットもあり、ゼロスタートでも5・6万円の予算で始められます。









_DCC5413-2000-601.jpg
最後に本機で撮影した1カットを。


 クロップ機能で、「とどいてくれ、もう少し」に応える強さとISO2000が遠慮せず選べたところに感銘です。被写体としても待たずに行ってしまいますので、可能性を多く持ち、作戦継続時間を増やし、成功率と選択肢を増やしていく。掛けたコストなりの費用対効果を得ました。



 そして、今日まで目立った異常は無く、得意なシーンで補填しながら主力機を護っています。しかしながら、画素数は今や2000万画素程度が当たり前になっている昨今、修理するほど目立ったスペックは無く、寒冷地やリスキーな撮影でのカード切りになった時は捨て石で使おうと考えております。


そこまでやって壊れないとわかった本機は筆者としては一気に信用と愛着へ繋がり、「盾」として、我がパーティーの落としどころに入りました。


メーカーのページはこちら↓
https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d7100/



最終更新 2019/12/02

関連記事
  1. 2019/11/21(木) 16:50:27|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無題 | ホーム | 3番発>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://untenteisya.blog.fc2.com/tb.php/1002-21ba6416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/06/19)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (152)
レンズの話題 (114)
INDEX (1)
機材インプレ (31)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (375)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (135)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (306)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (70)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (31)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター