FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

2018年2月2日 三江線 422D


_DSC2516-501.jpg
D4
AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G (IF) 石見川越方面をのぞむ



自身はいま 最中にいる』

420Dを撮影後、約1時間後に通る422Dのためにそのまま隣の鹿賀駅まで徒歩で向かいます。限られた本数で相手をするこの行程では徒歩がもっとも使えて使えない。そして、やりなおしが利かないともなれば割り切りと賭けで挑む、経験に完全依存する作戦となります。道中、水門を使った面重視のカットや連続して在るトンネル抜きのカットなど、選択肢によっては挑んでいたものを横目に、「これを選んでいたらこうなっていた」の答え合わせを行いながら、湿った道が乾いた目に続きます。

鹿賀駅は毎シーズン訪れているちょっとした定点観測ポイントです。
2017年3月到達時の動機は「コインレストランかわもと」で自販機のうどん(とろろ昆布と柚子が効いて美味だった)と石見川本駅まで徒歩で向かうことの可能な範囲の距離であったため、そして、定番ポイントである、高低差のある個所から駅を印象的に狙える場所に腑に落ちたという実直な点。


       _DSC2551-501.jpg



       _DSC2565-509.jpg



       _DSC2591-501.jpg
D4 (3コマとも)
Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

鹿賀駅を見下ろせる場所で今回も狙うことにしました。

霧は気まぐれに筆者の狙いまでさらうのか。奥行きの消失は相当に痛ましいものを受けました。1つ目の画像の上三分の一で画面に至大さを叩き付ける意図は固まったも同然であり、ぜひともこのシーンは持ち帰りたいと思う高まりぶり。これを裏切られ、キハ120の置き位置がここの争点へと移りました。

結局、422Dが来る瞬間まで霧はそのまま、焦れる気持ちだけが被写体の鈍足さに絶えず募っていきこれが焦れる。D4のバッファは気にしない程度にセーブしながら「目標ポイントに置きピン→来たら撮影」の繰り返し。焦るな、次はない。




       _D7X8870-501.jpg
D700
AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G (IF)

_1290120-501.jpg
DMC-GX7
LUMIX G VARIO 14-45mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

路面とガードレールの隙間から狙う一幕が終わって、ホームに進入する手前の曲線でD700。

停車ののち、力行が始まってからはGX7。
苦し紛れに写ルンですも投入しました。伸び率を犠牲に堅実に数を稼ぐ方法も有効な手段としたのでしょう。「まあいいや」で片づけた記憶があります。

筆者は昼過ぎまでこの近辺に閉じ込められました。江津方面へ戻ろうにも、鹿賀駅の時刻表をみても13時58分発の426Dまでなく、時計は9時を回らない時間です。橋を渡って自販機のうどんも考えましたが、これは却下。対岸の国道とは反対の道で石見川本駅まで歩いていたら、隣駅の因原駅付近のバス停よりバスが拾えたのでそのまま直行の運び。予定よりも相当早い到着でありました。


線路が生きていたころの何もない時間が本当の至福なのかもしれません。
『駅の大きいコインロッカーにリュックを座らせ昼食の店を探した。』唯一、筆者の旅で行われたいかにもマトモそうな事案です。

この後に幸いはありました。大雪で運休していた中、同年の1月16日より江津~石見川本間の復旧に続いて、浜原までの運転再開がこの日より叶いました。もしそのままであればダイヤの変更点を抑えに入ったと思われます。
1か所だけ机上ロケハンの裏付けで、駅の北側にある仙岩寺へ向かおうとしたら『落石発生につき 通行止め』の看板と、歩行者も通行してはならない赤色の道路標識があり引き返し。はい、大変マトモな旅になりました。


致し方ないので木路原方面へまで歩いていけば、面縦ができる場所を見つけたので嫌々抑えて戻ったのでした。


       _D7X8972-501.jpg


マトモな旅とは。
石見川本を13時45分にでる426Dでの道すがら、『川戸~川平間で線路陥没』との報が入りました。列車は田津駅まで進み、ここから乗務員がまわって乗客の行先を訊いて回っていました。2両の列車には20人も乗っていなかったと思います。「浜田」などの直近の大きな町がある中で、筆者はなぜか「サンライズ」と回答をよこすよそ者ぶりが露呈しました。

結果は遠方の目的地へ向かう客を優先してジャンボタクシーでの脱出となり、第三次アプローチがまるで、ゲームオーバーに重ねて電源オフのようにあっけなく幕を閉じてしまいました。


3月の再訪を強く願って、このときは江津へ勤しむ状況を愉しむほうが楽しいのでした。







  1. 2021/02/02(火) 23:37:17|
  2. あの日、あのとき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

近年は残り少ない都営5300形を集中狙い。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2021/04/03)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1
・PENTAX Q



Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)


・Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D ED (IF)
・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8
・01 STANDARD PRIME
・02 STANDARD ZOOM

・SIGMA TELE CONVERTER TC-1401

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 3

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (163)
レンズの話題 (120)
INDEX (1)
機材インプレ (29)
比較小話 (6)
F値ごとの変化 (7)
写真の効能書き (22)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (414)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (172)
名鉄 (4)
東武 (39)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (318)
作品といえそうな作品 (59)
停車場目録 (71)
乗車メモ (6)
つまらない話 (93)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (35)

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター