FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

みぶしもつけ


D7X_0351-501.jpg
次回の改正で取りやめが予定された「特急しもつけ」を再び撮影する運びとなりました。

新栃木から、東武宇都宮までの送り込みがそろそろ撮影できるであろうとも踏んで、次へ繋げていきます。



D7X_0482-501.jpg
本題。こちらはD700で色はRVP50寄せ。



_DSC9781-501_02.jpg
こちらがD850。
面は立地上においてあきらめています。


連写・単写の2丁切りで串パンを引く始末でした。パースの伸びを活かして3両目は中ぬきとし、面は極力切り、重厚感をだすやり方が最適解と行きつきました。 やれるのであれば早々なリベンジ案件です。




  1. 2020/02/28(金) 15:05:47|
  2. 東武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

07T・19T

_DSC9146-501.jpg


_DSC9193-501_20200221221056917.jpg


望むらくは離合を撮ってみたい。

  1. 2020/02/21(金) 22:13:51|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

19T

_DSC7968-501.jpg

足下の向こう側。
どんなに飛ばしても6~7割で流します。


到達点としてほしいものは得られたので、07Tと優等列車同士で並ぶシーンを抑えたいものです。



  1. 2020/02/14(金) 17:43:45|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年2月7日 始動!! D700

DSC_7263-501_01.jpg

D700 ・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉


大学1回生の春休みとでも申しますか。1月末ほどで後期の授業が終わり、4月ごろまでひたすら休みが続いた記憶があります。

 当時のデジタル機はD5000を運用しておりました。このころの諸元表としては結果を残す分だけでは申し分なく、きちんと設定し、確実に操作してなんとか容になる程度のもの。それは静物に限ったこと。鉄道を撮るに至り、さらに高度なものとなり慌てての運用も日常茶飯事です。


 2011年度の秋ごろより、大学の同期から幾度か借りて使わせてもらったD700や、D7000等で得たフィーリングと短絡的な物理操作。必修の課題で提出が銀塩モノクロプリントであったために運用していた、自持ちのNewFM2とモータードライブの組み合わせ。

これらの影響と変化は次のニーズを求める結果となり、資金の目途と身内の協力で2012年 2月6日付けで自分のD700が入線しました。1代目のAi AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED 〈NEW〉もこのタイミングで入手。なにより、2台目となる新しいデジタルカメラがやって来るのです。

 判り切っていたことで、D700は全くもっていないCFカードを記録媒体で使用します。翌日、買い出しついでに上野へ出向き、本機に仕事を与えられる運びとなりました。

「隣に3300形が居るじゃないか」
Ai NIKKOR 50mm F1.4を付けてNewFM2の感覚で操作確認をしていると、帰りの列車を選ぶ動機が入っていたのです。余談でありますが、編成はこち亀ラッピングをしていた3348Fでした。

ここでは、明るいF値でどうなるのか、ISO1600で同じように撮ったらどうなるか、そこから重ねるようにF値やシャッタースピードは何段稼げるのか、上位互換となった92万ドットのモニターですぐわかることの凄さに嬉しさが止まりませんでした。


 AiAF80-200/2.8Dも少し試してみたいと思い、青砥で3300形を見送ると、続行でスカイライナーがやってきます。
FXフォーマットを運用するにあたり、APS-CのセンサーであるDXフォーマットに慣れていた身の弊害としては、焦点距離が等倍で出てしまう点があり、承知の上というものの射程が稼げないもどかしさがありました。モノは新しくとも、使用者がもつ感覚はD5000のため、いま切り拓いてできることを探してダイナミックAF21点 + 1/20secで面を振る手段をとったようです。


DSC_7266-501.jpg



まだ見ぬ領域を目指して。あれから8年が経過いたしました。

本機は、倒れる度に幾度の修理と2016年のオーバーホールを経て、未だ現役で運用しています。
それは主力をとうに譲った静かなものでありますが、数えて4代目の旗艦機であるD850でも命を預けることが憚られる場面で、要として9年目を護っていくことでしょう。


  1. 2020/02/07(金) 14:55:05|
  2. あの日、あのとき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

DSC_5838-501_01.jpg


谷底から空の玄関へ


  1. 2020/02/06(木) 21:51:23|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/06/19)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (155)
レンズの話題 (114)
INDEX (1)
機材インプレ (34)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (375)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (135)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (307)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (31)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター