FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

たっていし

_DSC4881-501.jpg

今回は京急線内まで5300形を追いかけた帰りです。

先週だったか、このブロックで最後まで残っていた建物がシャッターとなっており、「だろう」は確証として車窓に入ってきました。
眠気は吹っ飛び、ドアが開き、間を開けてから下りる決意をしました。


またこうして撮り続けた景色が変わっていきます。

  1. 2019/10/18(金) 17:48:12|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風過ぎて


_DSC3647-501_201910132322335ef.jpg
ピークの2時間が少しばかり心配になった、台風19号が去った朝でした。

それの通過後は空気が澄むであろうことと、GPVで判断して浅い睡眠を挟んで夜明けとともに出撃です。



_D7X7648-501.jpg
「いつもの鉄橋」のある中川では氾濫の可能性もあったようです。

今朝の水かさは体感で0.5m~1mはどんなに多い時より増えた印象。鉄橋の背が低く見えてしまいます。




_DSC3933-501.jpg
離れた位置から。



D850をある条件にて1/4000sec を使って被写体ぶれを見たときはツメが甘いと思いました。

夜明け直後の光線しかり、通いなれた場所が教えてくれます。



  1. 2019/10/13(日) 23:32:14|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3152

_DSC3191-501_01.jpg

新顔 都内へ。

  1. 2019/10/09(水) 22:08:13|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルムを試して記事にする(仮称) 2本目 【FUJIFILM 記録用カラーフィルム】



_DCC9344-501.jpg

2回目となります今回とりあげる銘柄は「フジカラー 記録用カラーフィルム」です。

名前が凝っているため、「記録用カラー」と省略して筆者は呼ぶことがあります。



img835-501.jpg
Nikon F2  GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8  ※ここから下3つ共通

露出の変化によるカラーバランスの変わり方から見てみましょう。こちらは少しオーバー目


img837-501.jpg
適正付近から1段程度アンダー


img836-501.jpg
こちらはその中間


img849-501.jpg
Nikon F2 Ai-S Nikkor 50mm F1.4
蛍光灯下での作例です。ISO100のフィルムにつき感度が低いのでF値の若い明るいレンズを忘れずに携行しましょう。



以下は撮り貯めた分の作例です。

img876-501.jpg
CONTAX 137MA Yashica ML 50mm F2


img180-501.jpg
Minolta X-700  NewMD ZOOM 35-70mm F3.5 MACRO


img179-501.jpg
Minolta X-700  NewMD ZOOM 35-70mm F3.5 MACRO


img403-501.jpg
Minolta XD-S MD ROKKOR 50mm F1.4


       img291-501.jpg
Nicca 3F Industar61 52mm F2.8


img881-501.jpg
KONICA S (Hexanon 48mm F2)


img258-501.jpg
Nikon S NIKKOR S・C 5cm F1.4


img943-501.jpg
Nikon S NIKKOR S・C 5cm F1.4



所見に入ります。

フィルムの1本あたりの価格が高騰していく中で、この銘柄は一部店舗で500円前後からのコスト(24枚撮り)で入手できます。そのため、初めて銀塩カメラを買って本銘柄を通す方も多いと思います。筆者も中古カメラを入手した際はこれで光線引きがないかテストをします。

銘柄の性格としては「ネガフィルムで撮るとこうだよね」という具合の粒子とテイストです。レンズ次第で幅のある表現を手軽に味わえます。F値の明るいレンズで「ぼけ」を作りたい場合は低感度のフィルムが有利です。

また、ビギナーにありがちですが撮るのが勿体ないからとフィルム残数を渋るケースがよくあります。現像までの道のりが遠のきますのでなるべく惜しまず撮りましょう。

慣れていくと、この先でどのくらいの残数消化があり得るか見積もりもできるようになり、そこまで到達した辺りから「1枚1枚大事に撮る行為」がようやく発動できるようになります。最初のうちは、撮影時と現像上がり時までの期間を短くし、イメージをなるべく維持できるよう練習していくのがベターかと筆者は考えます。


いいと思ったら、撮るかどうしようか迷ったら即撮影。

忘れないでください。これは筆者が先輩から教わったことです。




というわけでの第2回でした。まだ試し段階なので、もっと煮詰めたいと思います。



最終更新 2019/10/04
  1. 2019/10/04(金) 12:20:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽光を追う 3

_DSC0059-3600.jpg


数秒後のために何を取るか



続きを読む
  1. 2019/10/03(木) 19:31:23|
  2. あの日、あのとき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽光を追う 2

img757-501-501.jpg


うかぶ


続きを読む
  1. 2019/10/02(水) 12:04:19|
  2. あの日、あのとき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 美祢線 南大嶺駅

img774-502_02.jpg
Film:PRO160NS RICOHFLEX Dia
GT-X830にてスキャン 4切相当へトリミング


降りた時から察しは付いていたものの かなり大事な駅だった様子

簡単でもいいから予習していけば狙い処を拾えたと思うと、また降りたくなります。





  1. 2019/10/01(火) 12:00:32|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2019/10/05)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501
・U

・Konishiroku Pearl II
・RICOHFLEX Dia
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・TAMRON 02B


・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 1

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
レンズの話題シリーズ (115)
レンズの話題 (108)
INDEX (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (382)
JR系統 (129)
京成とその直通先 (115)
名鉄 (4)
東武 (35)
小田急 (8)
東京メトロ (4)
新金線関連 (65)
中小私鉄・三セク・軌道線 (21)
機材インプレ (30)
作品といえそうな作品 (56)
乗車メモ (3)
停車場目録 (67)
撮影地ガイド (19)
つまらない話 (88)
どこどこに居ます (52)
あの日、あのとき (28)
info (6)

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター