FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

前衛直掩機 【Panasonic LUMIX DMC-GX7】

そういえばこの機体に関してまだ触れていませんでした。


_DSC4307-501.jpg
本機の登場は2013年9月12日(1日延期になったので実質13日発売)
DMC-GF1が既にあり、2014年夏からなにも動かさずやってきて今年の7月に投入しました。

Mフォーサーズの拡張することの発端は、軽装で遠出したいという構想から始まりました。今年の夏はデジタルを本機とGF1で銀塩枠でF2だけ持っていくプランが実はありました。諸々あって、結果はいつもの重装でレンズを若干減らす編成で三江線までえっさほいさすることになりました。

高校時代はゴ●ックスなどと言いつつジャケンにして、大学時代は自分のワークフローにおいて使い物にならない(役に立たない)としか思っていなかったこのフォーマットとこのLUMIXシリーズでしたが、百聞は一見に如かずとはよく言ったものです。GX7を手に入れてからは可動するEVF(ファインダー)や常に表示できる電子水準器をはじめ、MP4で動画を残すこともでき、山盛りの飛び道具に恩恵を感じるようになりました。銀塩寄りの感覚でデジタル機を使っていたものですから、カルチャーショックもありつつ、「ここまでしてもらわないと...(以下自粛)」とも感じて呆れてしまいました。しかしながら便利なものは使い様ですので、在り難く私はそれにあやかり、ストレスなく被写体に集中できるのでございます。

_DSC4313-501.jpg
可動式EVFとチルト液晶(ハイアングルも下ヒンジの倒れた分だけモニターが動く)



使っていると完成度を感じながらも、コンデジや家電の延長のような諸々頼りない面もみえますが、UIやファンクションボタンなど操作がそこまでやらしくありません。嬉しいのが半押しAFを設定でOFFにすることができ、親指AFも設定可能でをシャッターボタンを完全独立できます。これさえ出来れば私としてはしめたものです。それに高感度もISO1600くらいまでは実用で、シンプルに1ステップ刻みで運用すると少ない動作で個人的に好みです。

連写もAFS時で秒間5コマと最低限は備え、AFFでも4コマは確保しています。高速連写に設定しても軽いタップで1発のみ切れます。ファンクションボタン(全部で9箇所もある)の割り当ては「ここの場所にこれがあったら便利だろう」といったものを割り当てるとユーザー好みの機体に仕上がります。


ざっと欠点は2つ。
まずは専用バッテリーがそこまで持たないことくらいですね。動画を連続で撮っていたり、手振れ補正を多用していると1つで丸1日持つかは怪しいラインとなります。複数台もって役割分担させていても、それでも少し心もとないです。予備バッテリーを持とうにもかなり割高で、一時期ではありましたが販売店の品切れが目立つことがあったため、もし予備を買うとなると在庫を確認すると安心できそうです。
もう一つはモニターとEVFの彩度が高いことです。モニターの明るさや色調整はカメラ内でできます、適正露出にも関わりますのでここは少し気を使います。


総括として クラスの中では満足な機体 だとみております。
しかしどこか頼りないです。ですが如何でしょう、ご家庭の家電は今年で何年使われていますか?? そこを見ていくと歩いた後ろに道が出来ているのではという気でならないのです。投入コストも中古相場では3万円せず手に入れられる点もかなり好感がもて、お買い得機種でもあります。


_1220221-501.jpg
最後にいつもの1カットを。
正直あまり過度に期待しないで緩く撮るのが一番しっくりきます。本機で手に負えない場合は、強面のNikon機が腕を組んで鎮座していますのでこれはこれ。電子シャッターで無音にもできる点は隠密性にも貢献できるので飛び抜けたものもあります。

まさに、メイン機を護る存在です。持久力には欠けますが単独では快速で踏み込めます。



さて恒例の鉄道車両に置き換えたらですが、直流限定運用と改めて加速に転嫁したワンマン対応オールロングシートの521系ではないかと思います。


メーカーのページはこちら↓
http://panasonic.jp/dc/p-db/DMC-GX7.html


最終更新 2017/11/20
  1. 2017/11/20(月) 22:10:19|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/06/19)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (155)
レンズの話題 (114)
INDEX (1)
機材インプレ (34)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (375)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (135)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (307)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (31)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター