酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

一部特別車、一般のほう

DSC_0640-501.jpg
ちょろっとD300でも紹介したいと思います。

発売は2007年11月23日。D3とともに新しい世代をスタートさせたカメラだった記憶があります。

ボディ単体で秒間6コマ連写(14bitRAW時は2.5コマ)。モニターは3インチで92万ドット。
ファインダー視野率は100%で所狭しと配置された51点の測距点と、常用感度は200~3200。拡張で100・6400まで選択できます。
手に持った感じは取り落としにくい印象があります。手の小さい方には小指の置き位置に届かないのではというグリップ形状です。

動機はと撮影ペースとレスポンスをD5000から引き上げるということ、バッテリーグリップのMB-D10を有効活用することを理由に2013年1月に購入しました(購入価格 43000円程度)。D700との併結で しな鉄の169系や上沼垂の485系を追いかけました。まわりがD700、D3、D3Sということもあったため、フォーサーズから乗換える同期に1台目は転属になってしまいます。
大学4年の北陸攻略時は、大学からの貸出でしばしばD700を真冬の外気にさらした後の予備機で登板。まさに予讃線の1両締め切り
上り北斗星の最終運行にも代打で起用したりで、それから2年余りして再び2台目として手元へやってきたものの、古さはもう大きく感じるようになっていました。EXPEED4の登場で高感度のノイズが少なくなったのと、大きさによる費用対効果です。ISO1600で状況によっては気になるため、D700に振ってしまいますが、単体での図体におけるパフォーマンスでだんだんと満足ができなくなってしまったのです。

当時の運用は、範囲の広いAFポイントを活かしてまずは2丁切り時のみ使用していました。AF担当で保険役に回したり、MB-D10をつけ置きピンして高速連写の5~7コマ目で当たりカットを得られるように連写役で回したりと、沿線では射程以外で主役になることは絶対にありませんでした。近所の撮影でもしない限りは飽くまでD700かポジを詰めた銀塩機の脇役です。
もともと私の場合ですと、D700から追加されたあるボタン割り当て機能がないためという理由もあります。これはD700の記事を書いたときに詳しく書こうと思います。

腐っても当時のハイアマ機です。レリーズタイムラグはD一桁機に感覚が近く、昼行に限定するならダイナミックAF21点である程度は編成写真もいけます。どんなに引き伸ばしてもA4程度の方や、これから写真を始めようというゼロスタートの方は一考かもしれません。
10ウン万かけてAF丸頼みの入門機とダブルズームを投入するくらいなら、本機との差額でレンズを買って練習しつつ、再度お金が溜まったらD300を切り離して、違う機体を入れる手順が撮影チャンスと一瞬により強くなれると思います。


(追記 2017/02/02)
2016年10月に、PENTAX K-5からD7000へスイッチし、だいたい3ヶ月経ちましたので少し所見を。スペックが似たり寄ったりの本機とD7000ですが、主に高感度は時間差で譲るものはあります。しかしAFの食いや動体における補足能力は圧倒的にD300が上とフィーリングも含めて感じます。あと大きく差を広げているのはメカの作りですね。




ここでワタクシ放問者がチョイスした本機の任意設定をカミングアウトしたいと思います。

各種割り当ては
AEロックボタン:中央部重点測光の簡易切り替え
PVボタン:シャッター・絞り値1段
Fnボタン:レンズ情報手動設定(なおキープ含め満席)
です。

MFレンズを多用するため、自持ちNikonの3桁機ではAF-Cのレリーズ設定を「レリーズ優先」、半押しAF駆動はOFFを共通にしています。
そのほかファインダー内水準器が入っていないのもあり格子線はONにし、明るいレンズの解放でも被写界深度が深いためAF(標準ロックオン)に比重はおいています。


_DSC1347-501.jpg
最後に本機で撮った1コマを。
沿線撮りでは拙い撮り手を諸々のポテンシャルで支えたり、メインがロングレンジを付けたときの直掩機としてイレギュラーに対応したり。故障時は昼行に限り代打までこなします。主軸はすでにD700がいたため、D300は多方面で盾のような存在ではないかと思います。


毎回恒例の鉄道車両に置き換えるとしたらですが、D2シリーズ・D200の十字キーを継承したり、快適な操作性から4連の名鉄5700系ではと思います。JR系統なら117系ではないでしょうか。


メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d300/
  1. 2016/05/31(火) 17:59:47|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 新宿三丁目駅

        T-MAX100-23.jpg
Kodak T-MAX100

E4出口
訪れる者を伊勢丹が出迎える。
  1. 2016/05/29(日) 16:17:16|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月26日

_DSC0136-501.jpg
本日の1094レはEF64-1046号機が牽引しました。

この記事はいつ振りでしょう、かなり久しぶりな気がします。そして広島更新をどこかのタイミングで撮ろうが叶いました。

  1. 2016/05/26(木) 18:26:35|
  2. 新金線関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 71本目 【SIGMA UC ZOOM 28-70mm F3.5-4.5】

あの過密な更新頻度の代わりに陽が長くなりました。地図上のおおよそ2時、10時の方角でのサイド光が映える季節ですね。

ゆったり紹介したいと思います。






1040621-501.jpg
SIGMA UC ZOOM 28-70mm F3.5-4.5です

実は1年前からひっそり居る標準ズームです。


_DSC3226-501.jpg
F5.6時の作例です。周辺を除けば普通ですね。


_DSC9151-501_2016052417151960c.jpg
ぼけの参考で1コマ。テレ側解放で限界まで寄っています。


_DSC1393-501.jpg
ハレーションはエフェクトとして有効利用できそうです。


_DSC1384-501.jpg
いちばん周辺が顕著に出がちなワイド側の解放ですが、完全ダメというわけではない印象です。


_DSC9156-501.jpg
絞り込むとコントラストも載って良好な描写です。


_DSC8554-501.jpg
こちらはF11まで絞ったもの。


_DSC9474-501.jpg
左の片ボケは個体によるもののようです。また絞りは6枚羽なのがわかります。



なあなあ になってきそうなので感想行きます。

ピントリングのゴムから察するに、90年代初頭のZEN世代のレンズではないでしょうか。一番コンパクトになる格納時は70mm側です。
まず本レンズ購入時の値段ですが、なんと200円と、歴代自持ちレンズのなかでも過去最安に入りました。症状はありがちなベトツキのみです(方ぼけは査定外)。羽は正常動作ですし、中はきれいだったので食玩を買う感覚で買いました。

これの感覚を覚えているせいか、本レンズは手に持つとそこそこ重量があります。D700とはウエイトのバランスがよかったです。

写らないレンズと割り切るには割り切れません。写ります。しかし、一定量は砕けた描写が得られます。肩の力が入りすぎたときの処方箋になりそうな1本でした。


最終更新 2017/06/04

  1. 2016/05/24(火) 18:33:17|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あいた風穴

10-501_201605151735448db.jpg
Film:NEOPAN100 ACROS
投入したFの試運転がてら、4月上旬ごろに撮影したネガをスキャンしてきました。最近また動きがありそうでないような立石周辺です。

どうかすると、軒先で毎年ガクアジサイが咲いていた建物も「あれ?」となり、AE100形を24mmで後撃ちした場所も工事が始まって忙しなくなりました。
さまざまな電車が乗り入れてくる押上線。唯一、地上線を賑わせていますが撮っていると常々「今のうち」が頭をよぎります。
  1. 2016/05/18(水) 19:34:55|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【撮影地ガイド】 参宮線 池の浦シーサイド

Place167
_DSC2866-521.jpg
D700 300mm 924C
2016/03/24 12:47


撮影地:干潟と一緒に上り列車を狙えるポイントで、簡単な堤防からのアプローチになる。列車接近時は駅ホームの合図が聞こえるが上下とも鳴ってから来るまでの間に差異がある。多めの定員。
    

  順光:それが善しとは限らない。
 レンズ:光源やバックの様子を見ながらチョイスする

アクセス:池の浦シーサイド駅に停車する列車は原則ない。参宮線 松下駅から、国道42号線へ出て鳥羽方面へ進む。参宮線を跨ぐ橋の手前にある脇道を入ればすぐ。徒歩20分強、速足で15分ちょっと。なお近鉄鳥羽線 池の浦駅からも国道42号線に出てアプローチ可。駐車は5台前後といったところ。

  列車:キハ75系かキハ25系
  地図:こちらからどうぞ

久しくこの記事に手を付けることにしました。この現場は潮の満ち引きで様子が変わってまた面白いとおもいます。
  1. 2016/05/17(火) 06:45:17|
  2. 撮影地ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都電に行きついた

_DSC9373-501.jpg
思い立ったらすぐ行ける線区はいいものです。

7700形が動いているところも見られましたので、また「レンズの話題」で出そうと思います。
  1. 2016/05/13(金) 22:09:49|
  2. 都電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先取り

        _DSC8665-501.jpg
西新宿付近を歩いていたら咲いている紫陽花を見つけてしまいました。

フライングな気もしますが、早いうちに沖縄が梅雨入りでしょうか。ここからまた暑くなりそうです。
  1. 2016/05/12(木) 11:38:59|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PENTAX K-1で実地

_DSC8213-501.jpg
知り合いがK-1を買い、不慣れなSDカードを持参して少し触らせていただく事ができたので、少し「機材インプレ」をしたいと思います。

試用レンズはsmc PENTAX-DA★ 200mm F2.8ED [IF] SDMです。今回は5000KのJPEG撮って出しでお送りします。



        _IMG9313-501.jpg

解放にて。
ファインダーの様子が知りたいため敢えてMFで狙います。抜けは上々で、ヤマのつかみやすい印象です。電子水準器の表示も可能のようで、傾きを気にせず撮影できました。

レリーズまわりはD700を筆頭に、D3やF4のフィーリングで慣れているため半押し以降の感触に少し物足りない感があります。
あと私はD700のドライブを常時CHにして、押しっぱなしの連写を必要としない時は軽いワンタップで秒2~4コマの連写で撮ったりするのですが、K-1では2発目以降からワンテンポずつ遅れてきます。
レリーズタイムラグは気にならず欲しい位置できちんと切れる印象でした。

この200mmはAPS-C専用レンズらしいのですが、ご覧の通りケラレが(私の目では)確認できません。それどころか、35判のセンサーを持つK-1でも周辺まで解像しています。いったいイメージサークルは何のフォーマットを基準で組んでいるのでしょうか…。


_IMG9385-501.jpg
沿線はバラの時期ですのでこちらも。smc PENTAX-F 50mm F1.4でF2.8時の1コマです。
ぼけの柔らかさに目が行きます。なにより銀塩世代のレンズを35判のデジタルで使えるという点は、非常に大きいのではないでしょうか。


そのほか基本的な物理切り替え機構は、だいたいNikonの機体とあまり変わらないため、特別「?」になることはありませんでした。
本機の所見としては、中判カメラに寄りがちな35判のデジタルカメラといった感じです。私は高火力より完全に直感的なレスポンス重視なので、いま暫くD700を使っていこうと思います。

  1. 2016/05/03(火) 21:10:03|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道駅  No.48

_DSC2998-501.jpg
街の Air Pocket

続きを読む
  1. 2016/05/01(日) 23:04:34|
  2. 作品といえそうな作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/09/16)
Body
・D700 × MB-D10
・D300
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX DMC-GF1
・LUMIX DMC-GX7
・KONICA S
・Konishiroku Pearl II

Lens
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

Testing 1

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (101)
レンズの話題 (94)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (9)
INDEX (1)
撮影報告 (326)
JR東日本 (102)
JR東海 (4)
JR西日本 (8)
京成 (80)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (3)
新金線関連 (79)
中小私鉄・第三セクター (15)
機材インプレ (27)
作品といえそうな作品 (52)
停車場目録 (41)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (79)
どこどこに居ます (33)
あの日、あのとき (16)
info (6)

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター