酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

掛け持ち

       _DSC0477-501.jpg


_DSC0505-501.jpg


_DSC0513-501.jpg

きょうは朝4時起きでAE100形の最終運行を撮ってました。先方と連絡をとって、そのまま横浜へ現地入り。今年も楽しめました。

  1. 2016/02/28(日) 21:25:47|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大踏切通り

_DSC0152-502.jpg
北千住駅脇にあるここ。画像の道路の名前が「大踏切通り」と名付けられています。

手持ちでスローがやりたくて足を止めました。
  1. 2016/02/26(金) 20:36:56|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 63本目

D700が ほぼ全検の状態で出場し、きょうは何事も無かったようにAE100形を撮ってきました。

不在に間に試用したレンズを紹介したいと思います。















1050046-501.jpg
AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm F3.5-4.5G IF-ED です。

自持ちのD300を使って進めていきます。





_DAC3147-501.jpg
今回は半逆光の作例から。

F11まで絞った35mm域の画面ですが、周辺までそつなくまとまっています。


_DAC3211-501.jpg
いちばん流れが気になる18mm側の解放です。

注意して見ない限りは気にせず使えそうです。



_DAC3515-501.jpg
逆光時は補正が入り、諸々の発生を抑えています。


_DAC3216-501.jpg
48mm時でF5.6にてぼけの参考で1コマ。


_DAC3080-501.jpg
テレ側の歪曲収差です。線を強調しない場面では、このくらいなら無編集でも行けると思います。


_DAC3822-501.jpg
ワイド側も参考に。


_DAC3478-501.jpg
素直なレンズだと思います。



コメントに困ったところで感想に入ります。

特に目だって誇張するものが無く、普通に写ります。

大きさは、だいたい同時期にリリースされたAF-S 24-85mm F3.5-4.5Gと瓜二つです。同時に運用することはかなり極めて稀なケースだと思いますが、取り違いに注意です。

あとはこの描写で中古にて1万円前後のコストで手に入るところでしょうか。マウントも金属ですし、18-55mmよりもっと1本でカバーしたい方にはいいかもしれないと思った1本でした。

↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_dx_zoom-nikkor_18-70mm_f35-45g_if-ed/

最終更新 2016/02/21
  1. 2016/02/21(日) 22:31:47|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見慣れた珍客

_DSC9930-501.jpg
「さよならAE100形記念ツアー」としてAE100形が八広までやって来たそうです。

入るであろうと睨んではいたのですが、押上線に入るという知らせを受けて直行です。地の利と使い慣れた35mmがここへ足を運ばせました。
  1. 2016/02/21(日) 13:52:18|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 62本目

D700が入場してからというものの、だいたいの事象に誤差を発生させてしまっております。

落ち着いてあたりたいと思います。















1040720-501.jpg
Tokina AT-X AF 28-70mm F2.8 PRO SV です。

最後のSVは、製造時期で分けているそうです。


_DSC8309-501.jpg
テレ側の解放から行ってみましょう。電柱の文字までとなると、ユーザーによってはうーんかもしれません。


_DSC8307-501.jpg
F5.6では諸々の安定がみえます。ここからEV値をたどって解放も撮影しています。


_DSC8350-501.jpg
逆光時はほどほどにハレーションとゴーストを拾います。

F5.6近辺まで絞ると周辺までだいたい安定します。


_DSC9171-501.jpg
ぼけの参考でもう1コマ


        _DSC9212-501.jpg
28mm側のF11まで絞ったものです。

コントラストもガツンと載って、押しのある絵が得られます。


_DSC9417-501.jpg
シャッタースピードを稼ぎたい方は、F4通しのレンズという認識がいいかもしれません。


        _DSC9454-501.jpg
やり方は多様にあると思います。



加速しきったところで感想に入ります。

すこし弄って、最初に出た感想は「あっ、AT-X 235AF PROと一緒じゃん」というもの。実際そんな印象をうけました。解放は解像感に欠け、文字や線といったものの描写に向きません。かえって柔らかく出したいときは解放付近も戦力にできます。

本レンズの最短撮影距離は0.7mです。良くも悪くも、ここをどう見るかは撮り手次第だと思います。

柔らかいものや懐かしいものに向くと感じた1本でした。

最終更新 2016/03/09
  1. 2016/02/17(水) 20:45:36|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めいんふみきり

_DAC3271-502.jpg
いつもと変わらず迎えてくれた立石界隈です。

D700が不在のため、D300の軽快なフットワークと被写界深度の深さで頂きました。
  1. 2016/02/14(日) 21:30:34|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 61本目

花粉のワードがだんだん聞こえてきました。どんどん行きます。












040738-501.jpg
New Nikkor 200mm F4 です。

実は1年半以上前からTestingで埋もれていた望遠レンズです。




_DSC4415-501.jpg
まずは解放からです。実用できる安定した絵が得られます。


_DSC4829-501.jpg
解放時は多少のフリンジが気になります。300mm F4.5ほどではないですが、編集ソフトがあると安心です。


_DSC8250-501.jpg
逆光時もNew Nikkor特有で、ハレーションが率先して発生します。


_DSC8237-501.jpg
F11での画面です。コントラストの載る濃厚な締まりです。


_DSC8256-501.jpg
解放時のぼけの参考で1コマ。


_DSC1151-501.jpg
かなりディテール描写には向いているレンズだと思います。雨粒やワイパーの跡など、キレのある描写です。


_DSC8206-501.jpg
フィルター径が52mmだったり、小さくてもレンジが長かったりで、かなり痒い場所に手が届きます。


案外つかえるカットが出てきて困惑したところで感想に移ります。

Q Auto200mm F4を主力で使っていたので、まずは小ささに驚きました。
勿論のこと、描写が犠牲になるわけでなく上手くまとまったレンズです。最短撮影距離はAutoの黒鏡筒から続く2mです。

描写の面では解放から特に心配しませんでした。解放で切らねばならない場面は多々ありますが、臆することなく解放を選択できました。

APS-C機に付ければ300mm F4のコンパクトな望遠レンズに化けます。荷物の制約がある中では重宝できそうです。


なおレビューで使った個体はカビ玉でしたが、完動品と変わらず撮影できました。まずは小さいなりに仕事をしてくれるレンズでした。


最終更新 2016/02/09



  1. 2016/02/10(水) 21:00:00|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御茶ノ水橋のとこ

_DSC9208-501.jpg
身近なところから、季節の便りです。
  1. 2016/02/09(火) 22:03:37|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西ぶろっく

D700の入場日も決めて、現状で控えている未レビューレンズの作例溜めに向かいました。



_DSC8876-501 (2)
都電がやっぱり手頃で場所選びがラクです。

ラフ撮影はAi-S35mm F2とAuto24mm F2.8に任せきりにしてました。


_DSC9108-501.jpg
都電雑司ヶ谷~鬼子母神前は超望遠で攻略するのも楽しそうです。

パーティー主力の解放値が暗いため、この辺でお開きになりました。



レンズ規格がこうも被ると運用が難しくなるとは・・・
  1. 2016/02/07(日) 21:41:44|
  2. 都電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 60本目

D700を手元においてからまもなく4年。

このレビュー記事でもメインで使用している本機です。節目にはいいと思い、メーカー入場の前に記念枠でご紹介していきます。



















_DAC1661-501.jpg
Ai Nikkor ED 500mm F4P(IF) です。

初めてNikonがリリースした500mmで、「ゴーヨンピー」と呼ばれる超望遠レンズです。


_DSC2653-501.jpg
まずはF8に近いF7.1から。

本レンズはCPUを内蔵していますのでプログラムオートは勿論、本体で設定できる絞り値がデータに残せます。
※Capture NX-Dではヴィネットコントロールも適用できます。


_DSC2738-501.jpg
解放から特に気にすることなく使えると思います。逆光時の補正もすごいです。


_DSC1726-501.jpg
こちらは解放で圧縮を狙ったものです。


        _DSC1879-501.jpg
参考に夜間も載せておきます。


        _DSC2255-501.jpg
無理やりハイビームでねじ込んでみました。

スカート部分のディテールとゴーストの少なさに驚きました。

_DSC2709-501.jpg
解放から使える安心は色々なものに繋げられると思います。



解放の作例だらけになったところで感想に入ります。

まず重量ですが、300mm F2.8に慣れていれば問題はほとんどありません。ついでにMFで慣れていればすんなり入れます。なお500mmはのっぽですので、フードを付けた状態でボディを上に立てる際は倒れやすいので要注意です。

本レンズで驚いたのはファインダーへの透過率です。おかげで覗きながらの動体追従もやりやすくストレスフリーです。

そして、純正で長玉だというのにあまり感想が出てきません。定期的に整備をすればまだまだ使えると感じた超望遠レンズでした。

最終更新 2016/02/05
  1. 2016/02/05(金) 22:22:59|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 59本目

撮った画像ストックは、使えそうなやつだけレンズごとにフォルダ分けしているのですが、有り物を見つけてしまいました。

ちょっとご紹介したいと思います。






















_DSC7102-501.jpg
Sigma Zoom θ-Ⅱ 28-85mm F3.5-4.5です。

去年の某中古店で見つけてきた標準ズームレンズです。


_DSC9813-510.jpg
まずはF5.6時の作例から。輪郭は出るのですがコントラストが緩く出ます。

ちなみにWBは晴天です。


_DSC9124-501_201602022204464d6.jpg
解放時は合焦部分の輪郭がでません。かなりソフトタッチな絵を吐き出します。


_DSC9862-501.jpg
逆光時は特徴的です。

純正の某ズーム並の派手さを感じます。


_DSC3440-501_20160202220442359.jpg
敢えてハレーションでエフェクトに、ピクチャーコントロールやWBも崩して遊ぶということもできます。


_DSC9608-501.jpg
周辺でも攻め込めます。


_DSC3595-501.jpg
もうここまで来れば、撮り手の引き出しにかかっていると思います。




棚からぼた餅を味わってるところで感想に入ります。


大きさは普通の標準ズームと変わりません。本レンズは基本的に「写らない」で作品づくりが楽しめます。

ジャンクでの遭遇率があると思いますが、コアな方ならクモリ・カビの個体を敢えて選ぶのも手です。変化球レンズの面白さがある1本でした。

最終更新 2016/02/02
  1. 2016/02/02(火) 22:58:24|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 常磐線 金町駅

_DSC8093-501.jpg
動きを見せる19時台。
  1. 2016/02/01(月) 23:12:42|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/04/12)
Body
・D700 × MB-D10
・D7000
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX GF1
・KONICA S


・Nikkor N・C Auto 24mm F2.8
・NIKKOR-H Auto 28mm F3.5
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

Testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (95)
レンズの話題 (88)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
撮影報告 (308)
JR東日本 (97)
JR東海 (4)
JR西日本 (7)
京成 (75)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (1)
新金線関連 (75)
中小私鉄・第三セクター (14)
機材インプレ (32)
作品といえそうな作品 (51)
停車場目録 (38)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (76)
どこどこに居ます (29)
あの日、あのとき (11)
info (6)

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター