酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

レンズの話題 53本目 【TAMRON SP AF28-105mm F2.8 LD Aspherical IF(176D)】

師走が目前です。あれもこれもと見積もると、年内で片付かない時期に入ってきました。


今回ご紹介するレンズはこちらです。

























_DSC9101-501.jpg
TAMRON SP AF28-105mm F2.8 LD Aspherical IF(176D)です。

38本目以来となる、サードパーティーのレンズです。


_DSC9094-501.jpg
ズームリングのラバー部分を手前に引くと、自重がかかっても伸びにくくなる「アンチ・スリップ・モード」を搭載しています。




_DSC8562-501.jpg
解放で寄ったものから行きましょう。

まずタムロンと聞いて、こういう条件が思いつきます。とても柔らかいです。


_DSC8457-501.jpg
解放時でぼけの参考で1コマ


_DSC7977-501.jpg
中心付近は解放から1段絞ると安定します。WBは蛍光灯(5000K)でつくっています。


        _DSC9147-501.jpg
逆光時はそれなりにハレーションを拾います。ディテールはつぶれない程度に残ります。


_DSC8024-501.jpg
ですが、あまり嫌味にでるハレではなく、積極的に使えそうです。


        _DSC8677-501.jpg
F8まで絞っても線が締まるわけでもなく、一貫してニュートラルな描写です。


_DSC8422-501.jpg
28mm側の歪曲収差です。線が絡む場面では気になるかもしれません。


_DSC8337-501.jpg
最後にF16です。キレというよりかは、コシのある絵を吐き出します。



上手く停止線に停まれそうなところで感想に入ります。

フィルター径が82mmもあるため、フードも付けるととても大柄です。F2.8通しということもあって、大口径ズームを持っている感覚を存分に感じます。この径おかげか、解放から光量落ちは、そこまで大きく出ることがありません。

周辺の安定は、全レンジを通してF5.6といったところです。遠景の場合はF4前後で遠近比をつけるやり方もできます。

3年前に24-70mm(73D)で愛想が尽きてしまい、「写らないメーカー」でタムロンは今まで括っていました。当時は知識がなく、純正一辺倒だったのがわかります。久しぶりに使ってみて、「方面によってはいい玉」だと思います。

新機構「アンチ・スリップ・モード」は、機能を使ってもカメラを肩にかけて歩くだけで自然に前玉が繰り出します。あくまで軽減程度でした。



↓メーカーのページはこちら↓
https://www.tamron.co.jp/data/af-lens/176d.htm

最終更新 2017/06/03
  1. 2015/11/30(月) 22:10:46|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばいばいゲッパ

_DSC8927-504.jpg
廃車が噂されて、それが現実になりました。なにかと新金線で撮ったり見かけたりで、「またゲッパじゃぁん」とか零すような身近なELだったりします。

ともかく見送りにいけてよかったです。
  1. 2015/11/26(木) 23:03:42|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偵察行き

_DSC8740-501.jpg
きょうは朝一でレンズを1本買ってきました。それをチョイスした意味は、やっぱりデータが少ないからです。

今後は新京成も気軽に行ける線区にしたいです。
  1. 2015/11/24(火) 21:06:22|
  2. 中小私鉄・第三セクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針穴で通るもの

晴れカットが少し欲しいため、現在のところレビュー前レンズが列になっております。

暫く温めていたこれを今回は出そうと思います。











_DSC8567-501.jpg
これです。カメラ本体につけるボディキャップです。

実はこれで…






_DSC3307-501.jpg
写真が撮れます。

いわゆる「ピンホールカメラ」状態です。フィルムカメラが電気店で手に入りますが、こちらはボディキャップに千枚通しで穴をあけたものになります。
細かい理屈などは抜きにして、どんなものが撮影できるのか簡単にご紹介します。

_DSC3316-501.jpg
WBは晴天、スタンダードにて
コントラストはニュートラル並に出ます。


        _DSC0958-501.jpg
逆光はご覧のとおり、積極的に使いたくなりそうです。

径が針穴なため、こちらは感度1600 1/30secで撮影しています。


        _DSC8574-501.jpg
多少ぶれても気にせずに、手持ちで遅いシャッターが楽しめます。


_DSC2897-501.jpg
ここまで来ればこっちのものです。趣向でどんどん弄り倒します。


_DSC3312-501.jpg
上の画像とあわせてCapture NX-Dでガッツリ遊んでます。

まとめに入ります
「レンズの話題」で紹介するには少し方向が異なると思い、久しぶりの「機材インプレ」です。

焦点距離はフルサイズで50㎜相当にあたります。ボディキャップと千枚通しを併せても1000円かからないコストで、一味かわった写真や制作を楽しめます。

これもAi独自改造と同じく、見よう見真似でやってみました。径の小さい穴ほど解像するらしいそうで、模型に関わる方ならドリルで開けてみるのもありなのではと思います。
  1. 2015/11/22(日) 21:29:38|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

船橋面縦

        _DSC7839-502.jpg
何が来るかはリサーチせずに、船橋で面縦を敢行しました。

ついでに立ち回りとツールの試験もできてよかったです。
  1. 2015/11/13(金) 22:14:49|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 52本目 【New NIKKOR 35mm F1.4】

一雨ごとに寒くなってきますけど、遠景撮りが楽しい季節になってきました。

未レビューのレンズが列を作り始めているので、さらっと紹介していきます。










_DSC3283-501.jpg
New NIKKOR 35mm F1.4です。

1975年から77年まで、Aiのモデルが出るまでの過渡期にリリースされた広角レンズです。



_DSC6764-501.jpg
今回は解放からいってみましょう。

ピント位置は「とまれみよ」の踏切警標で、周辺をつかって空洞が作れそうです。


_DSC6766-501.jpg
こんどはガッツリ絞って最小のF16です。回折はほかの画像で確認できず、かなりシャープです。


       _DSC7249-501.jpg
New Nikkorは数を試していないのですが、逆光はゴーストが少ないです。



_DSC3181-501.jpg
ハイビームや太陽光を入れた場合は、フレアが多めに発生します。


_DSC7154-501.jpg
少なくともF2.8まで絞ればシャープネスは確保できます。


_DSC7586-501.jpg
35㎜のため手前と奥を有効利用します。F16での撮影なので、ほぼパンフォーカスです。


_DSC7594-501.jpg
豊田公開でのこの近辺は、多く抱えなければ35㎜でピタリとはまりました。


_DSC7663-501.jpg
思い出したようにこれをやってみました。高演色蛍光灯+ビビッドで作っています。


感想にいっちゃいます。

今回はAi-S35mm F2から固定兵装の座を切り替えてのレビューです。重さはそこまで気になることなく、やはり85mmで体感してか、明るいF値で撮ることが多かったです。唯一気になったのは周辺の完全なピークがF8~F11辺りと、気になる人はかなり気になります。

各F値ごとの変化が見つけやすい素直なレンズでした。

最終更新 2017/06/02
  1. 2015/11/11(水) 21:00:30|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はここ

        _DSC7698-502.jpg
初めてここで撮りました。特急色とかいいので、ずぶ濡れになる前にとっとと撤収です。
  1. 2015/11/10(火) 16:20:02|
  2. 新金線関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すいか気動車

        _DSC3228-501.jpg
、、、はい。きょうは真岡に居ました。

下館行きのSLはほぼ脱気できたので、また再撮にいってきます。
  1. 2015/11/03(火) 21:17:10|
  2. 中小私鉄・第三セクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道の日だったのね

未レビューのレンズを抱え、それを知らずに流鉄へ向かいました。

家に帰ってきちんと内容を把握したのですが、100周年記念イベントだったようです。



_DSC6760-501.jpg
大体おきまりルートの新松戸から徒歩です。金太郎って大きな釜ですね


        _DSC2547-501.jpg
記念HMがつき、本日稼働の2編成に前後で異なるものが用意されました。


_DSC2596-501.jpg
表示器を切らずに撮影するには、かなりシビアです。


_DSC2651-501.jpg
流鉄で戻るため、ここから引き返します。


_DSC6803-501.jpg
ほかのHMは、後日のレンズの話題でお見せしたいと思います。


さあ、床暖房を出す季節ですよ。
  1. 2015/11/01(日) 22:52:23|
  2. 中小私鉄・第三セクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/08/16)
Body
・D700 × MB-D10
・D300
・D7000
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX DMC-GF1
・LUMIX DMC-GX7
・KONICA S
・Konishiroku Pearl II

Lens
・NIKKOR N・C Auto 24mm F2.8
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

Testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (100)
レンズの話題 (93)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (8)
INDEX (1)
撮影報告 (322)
JR東日本 (102)
JR東海 (4)
JR西日本 (7)
京成 (80)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (3)
新金線関連 (76)
中小私鉄・第三セクター (15)
機材インプレ (27)
作品といえそうな作品 (52)
停車場目録 (41)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (79)
どこどこに居ます (29)
あの日、あのとき (16)
info (6)

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター