酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

いつ振りかの八広

預かったレンズの立ち回りを確認したくなって、リハビリを兼ねたヨドバシ行きという口実で八広です。


_DSC9776-501.jpg
数週間前のあれが、両腕のみそのまま。

視認後の足元と体の反応は戻ったのですが、肝心の腕は仰俯角のバランスがかなりもたついていました。

_DSC9799-501.jpg
MF追従は、目ばかりでやるので何ら問題なく。


_DSC9871-501.jpg
LEDは見なかったことにして、5300形で〆です。勘が戻ってきました。


さあてまぁ。このレンズに合わせた鞄は本当に見つかるのか…。
  1. 2015/06/29(月) 21:25:44|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

105mm 復帰!

レンズの話題で記念すべき第1本目に名前を残す NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5が修繕から帰ってきました。


_DSC3474-501.jpg
彩度やコントラストを盛らなくても、少し絞れば程よく出ます。

カビの除去とグリスアップを経て帰ってきて、改めて整備されたレンズの快適性を知りましたとさ。
  1. 2015/06/21(日) 11:08:32|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花みてきた

何の気なしにレンズ3本とRF機をもって鎌倉方面へ行ってきました。


_DSC3261-501 (2)
絶えない観光客の脇で、列車が来ると即興で撮っちゃうんですよね。


_DSC3402-501_20150619213627fef.jpg
江ノ電は急カーブがあったりなので、200mmまででも望遠で協調できるので好きです。


       _DSC3378-501.jpg
それっぽい本命を。ラッピングじゃなくて通常の塗色が来てよかったです。


ところで、、、
Ai AF80-200mm F2.8DのAF機構が故障した模様です。AFが使用不能なだけだったので、撮影はもちろん続行させました。
出先で破損個所に見当が付けられるのが簡単な点はやっぱりNikonだと思いました。Auto 105mmといい、自分史を創ってきたレンズ郡が故障等の疑いが出ると相当な時間の経過を感じます。

さあ、修理が待っている。
  1. 2015/06/19(金) 21:58:12|
  2. 中小私鉄・第三セクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 47本目 【Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5】

何だかんだで2ヶ月経ってしまいました。運転再開といったところですね。

今回の登場レンズは「あれ」です。








































_1040208-501.jpg
Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5 です。

23本目ではAiのヨンサンハチロクを紹介しました。今回は初代のモデルを取り上げます。


_DSC1168-501.jpg
まずはF11まで絞り込んだ作例から行ってみましょう。

中心部のシャープネスは良好ですが、周辺はお察しください状態です。


       _DSC2176-501.jpg
WBは晴天固定です。かなり青に寄っていますね。


_DSC2809-501_20150616171338d9f.jpg
ワイド側含めテレ側も2%以上の歪曲収差が発生します。

電柱など、線を撮ってみるとよくわかります。


_DSC2912-501.jpg
最短は1.2mで、まず寄れません。どうしよう・・・


_DSC1698-501.jpg
解放5500Kにて、ぼけの参考で1コマ。


       _DSC2136-501.jpg
テレ側付近の解放です。解像しているように見えて、ちょっと甘いです。

コントラストが乗らなくともせめて解像するレンズは体感したことがあるのですが、ここまで砕けたレンズは初めてです。


_DSC2893-501.jpg
光源はできるだけ選びたいです。


       _DSC2104-501.jpg
解放の解像力は、ワイド側のほうがあるようです。

周辺部分を利用してシフトレンズ風にまとまりました。




うまく火が付いたところで感想に入ります。

曲がる、(光量が)落ちる、寄れない の三拍子をもった捻くれ者レンズです。

ある時の中古カメラ店で、この規格を「あ、こいつグルグルぼけになるやつ」と小耳に挟みました。その当時の私はAiの最終モデルしか脳内データがなく、さぞやそれを凌駕する最狂のレンズなのだろうと思っていました。

ところがいざ使ってみれば、ぼやけてでも見えてくるもの。実際(試した限りだが)のところ、流れは殆どでません。その代りとして多少の解像力を犠牲で均衡をとっているのではと感じます。

ちなみにAiのモデルは流れる代わりに、絞り込めば四隅カド付近を除いてしっかり解像します。

ヨンサンハチロクはレンズの収差が体感できるとともに、かなりの変化球が楽しめるレンズです。中古市場でも手に入りやすく、写真がマンネリ化してきた方に勧めてみたいと思ったレンズでした。


↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikkor.com/ja/story/0004/

最終更新 2017/06/02
  1. 2015/06/16(火) 18:16:49|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとリハビリ

3週間も寝ていたら誰でも体力くらい落ちます。薬物療法や手術で麻酔でも使えばもっと体力をもっていかれると聞きます。

Ai AF80-200mm F2.8で手軽に狙いに行きました。

_DSC2816-501.jpg
咄嗟にやってきた185系。

かなり久しぶりにダイナミックAFを使いました。


_DSC2832-501.jpg
リハビリの本題です。

早く切ってしまいましたが、これはこれ。



フィット砲のサンニッパが運用できる体力に早く戻したいです。。。
  1. 2015/06/15(月) 18:44:35|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルビューメンプリントだった気がする

_0001-501.jpg
大学からプリントを回収してきましたので、スキャンしたやつを上げます。余白を落とした以外は何も加工していません。「鶏卵紙」とも呼ばれ、19世紀によく用いられたプリント方法のようです。

支持体(紙・ガラスなど)は比較的自由に選べます。私は古い写真っぽく出したかったので、元から少し黄色く薄い紙を選択しました。

まさか長野新幹線(2013年撮影)のE2系でプリントができるとはと、卒業してから感じます。
  1. 2015/06/14(日) 11:34:45|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生存報告です

_DSC6853-5001_.jpg
更新が暫く滞ってました。実はウイルスによる感染症ででひっくり返っていまして、、、、

22年と少しの人生で、ウイルス感染症を2度もやるとは自分でもびっくりです。普通の風邪と違いフロモックスなどの抗生物質が効かず、常に39度以上の高熱で、複数回の血液検査をして白血球の値が下がっていく辺りでもうフラグです。(私は過去に1度白血球の値が1300まで落ちた経験があります)
これだという確実な特定も難しく、インフルエンザやらと違い解熱剤で4~6時間の猶予を与えられながら栄養を摂って寝るの繰り返しが続きました。対処療法とも言うそうで、2回とも同じやり方で経過観察です。


・・・まあ結論と感想ををいえば、
かかったら最後、根気の勝負です。薬がないのでどうにか生き延びるしか方法がなく、ウイルスが起こす症状の内容(脾臓が数倍に腫れる、多数の箇所にておこるリンパ腺の腫れ、両手のこわばり、強い頭痛、口じゅうが口内炎まみれになる、全身に湿疹が出るetc…)によっては行動にも制限が発生してくるので辛かったです。
但し、写真をやるうえでこんな経験は好んでやれるものではありません。何かしら研鑽になった気がします。もうやりたくないわ

というわけで、明日からは通常運行です。どうにかやっていきます。
  1. 2015/06/12(金) 19:36:59|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/07/19)
Body
・D700 × MB-D10
・D7000
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX GF1
・KONICA S
・Konishiroku Pearl II

Lens
・NIKKOR N・C Auto 24mm F2.8
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

Testing 1

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (100)
レンズの話題 (93)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
撮影報告 (321)
JR東日本 (102)
JR東海 (4)
JR西日本 (7)
京成 (80)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (3)
新金線関連 (76)
中小私鉄・第三セクター (14)
機材インプレ (27)
作品といえそうな作品 (52)
停車場目録 (40)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (78)
どこどこに居ます (29)
あの日、あのとき (15)
info (6)
写真の能書き書(仮称) (4)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター