酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

秒読みになって

_DSC2605-501.jpg
3300形がこの土地の風をなびかせるのも残り4日。

客室越しから、時間の離合を頂きました。
  1. 2015/02/24(火) 20:05:58|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイアノタイプ風味

_DSC0248-501_2015022322260054d.jpg
編集ソフトにて、あーしてこうしてすぐできます。

モノクロともまた違う古典技法の真似っこですね。自己満足です。
  1. 2015/02/23(月) 22:28:58|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 43本目

天気予報によると、あすの東京は19℃のようです。


さあ、今回の紹介レンズはこちら!!



















9365-501.jpg
Ai AF Fisheye-Nikkor 16mm F2.8Dです。いわゆる「魚眼レンズ」です。

先日の数日間だけ使わせていただく機会があったので、少し書いていきます。


_DSC0271-501.jpg
まずが魚眼レンズがどんなものか見てみましょう。

広角レンズがパースで四隅が外側へ引っ張られるのに対し、魚眼レンズは中心を引っ張ったような感じですね。


_DSC0241-501.jpg
強光源はそれなりに状況を選ぶかもしれません。



        _DSC0281-501.jpg
鉄道におけるメジャーな使い方はおそらくこれでしょう。

中心から放射状へ曲線になるので、それに沿うようにカメラを回しながら振ります。


_DSC0095-501.jpg
見通しのいい場所で、最遠点(対岸の建物)付近を横方向で距離を作るやり方もあります。


_DSC0553-501.jpg
密集する場所では俯角をとって密度を表現するツールとしても有効ですね。


_DSC6203-501.jpg
超広角でやりがちな画面を敢えて魚眼で。


_DSC6161-501.jpg
F11まで絞り込んだ作例も1枚。普通に撮ってみても面白いです。


理屈っぽくなってきたので感想に移ります。

今回は当企画にて初めて対角線タイプの魚眼レンズを取り上げました。当レンズは1993年にAF Nikkorとして登場以来、いまだ現行ラインナップに名前を残すレンズです。

描写はこの世代らしく、コントラストが適度に載りながらの癖のない印象を受けます。四隅はF5.6付近まで絞ると殆ど流れは無くなります。

価格ほど使うかという面で、投入まで踏み切るかを考えると私も迷います。狭い空間で撮影する機会が多い方には、領域を拡張させるレンズだと思いました。

↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/ai_af_fisheye-nikkor_16mm_f28d/


最終更新 2016/09/15
  1. 2015/02/22(日) 22:13:01|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひと段落

DSC_6990-501.jpg
大学の修了制作展が中日を終え、まもなくてっぺん。

展示は秋葉原駅電気街口にあるデカい建物で、明日16時までやっております。秋葉原へお出かけの際は足を運んでみてください。
  1. 2015/02/21(土) 23:49:11|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どっかにおります。

_DSC1331_convert_20150214220748.jpg
風邪ひきましたが何とかやってます。

明日に備えて速やかに寝ますね(自戒)
  1. 2015/02/14(土) 22:09:52|
  2. どこどこに居ます
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガムプリント風味

DSC_5299-501.jpg
たまには蔵出し物から加工を。

モノクロ変換して調色と調子を整えれば、はい出来上がり。
  1. 2015/02/11(水) 21:19:51|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪はどこだ

_DSC9911-502.jpg
答えを訊こうにも降ってこなかったら意味は無し。

きょうは亀戸水神から乗りました。亀戸線内ならどこから乗っても紙切符で150円! ここは好きな点だったりします。
  1. 2015/02/05(木) 21:34:23|
  2. 東武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 42本目

冬真っ盛りのこの季節。立春もまもなくです。

レビュー待ったなしなのでとっとと行きます。




























_DSC7187-501.jpg
Ai Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5です。

1977年登場の標準ズームレンズです。


_DSC9424-501.jpg
一コマ目は解放から行きましょう。

テレ側の作例ですが、コントラストもそこそこ載っていて悪くない描写です。

_DSC7561-501_20150202165609771.jpg
同じくこちらもテレ側の開放です。F5.6まで絞ると良好な画面になります。

_DSC7535-501.jpg
全レンジにて、歪曲は殆どの場面で気になりません。

_DSC9511-501.jpg
F8での作例です。

絞ればコントラストを中心に、単焦点レンズ並にメリハリが出ます。


_DSC9440-501.jpg
太陽光や指向性の高い光をまっすぐ直接当てると、輪っかを伴って相応のハレーションが出ます。


_DSC6949-501_201502012208492cf.jpg
※踏切渡り板内より安全を確認して撮影
絞り込めば輪っかは消えますが、相応のハレーションはそのまま。

光源付近は割り切るとして、ディテールが完全に損なわれないのは大きいと思います。

       


_DSC3208-501.jpg
本レンズの最短撮影距離は1mです。やっぱり40年近く経った古いレンズですので、透過率で引っかかることがあります。


_DSC6466-501.jpg
ハイライト・シャドーの許容ラインの参考で1枚。

_DSC9415-501.jpg
見た目はそれなりに写っているように見えますが、やっぱり解放は甘いです。

固い被写体には少しでも絞って使うと描写が安定します。


51-502.jpg
Film:NEOPAN400 PRESTO
トーンカーブで少し調子を整えたものを1コマ。


130052-505.jpg
Film:RDPⅢ
F4から半段絞っています。こちらも同じくトーンカーブで調整したものです。



ブレーキが破損する前に感想に入ります。


まずはジャンク籠にこれが横たわっていたことに驚きました。「は? これってもしかして」と購入して、翌日の115系のさよなら運転で即実戦投入。描写には恐れ入りました。

ニコン純正ズームとはズームは逆向きですが、そのうち慣れます。某Cが付く会社のレンズで撮影する際にストレスになりにくくなると思います。

以前から購入候補に挙がっていたレンズではあるのですが、最短1mの長さに断念しました。これがネックと思って使いましたが、改めて思うと1mまで寄る機会はどのくらいあるかという思考に辿り着きました。遠景やスナップではあまり不自由はしません。

Ai-S35-70mm、Ai AF35-70㎜ F2.8とAi AF-S28-70㎜ F2.8を経て現行のAF-S24-70㎜ F2.8と現行ラインアップまで続きます。大口径標準ズームの基礎を築き上げたレンズだと思うと、なんだか頷けるものがあります。生産数も5万本と、プロユース向けを匂わせます。

F2.8より0.7段暗いですが、大きさは上々なサイズです。携行性を見ても気に入ったレンズでした。

【運用方法の案】
1mという最短撮影距離がひとまずネックです。雨天時や降雪時など、屋外で撮影する場合での屋外担当で使いやすいと思います。温度変化の激しい場所ですぐに撮影しなければならない時は、簡易防湿庫に入れて別のレンズに切り替えて続行します。こういう時に一番マズイのは、それが両極端な場合に、標準担当や望遠担当などの担当枠が1本ずつしかないような編成です。

また、AFを搭載していない分だけ故障リスクも少なくなりますし、故障した場合は箇所の特定が容易になります。F値固定という点でも、ストレスを減らせます。
雪や雨などによって発生した結露は復旧に時間がかかります。季節によってはメインに、または他レンズ故障時の予備として運用できそうなレンズです。


最終更新 2016/03/10
  1. 2015/02/01(日) 22:52:29|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/04/12)
Body
・D700 × MB-D10
・D7000
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX GF1
・KONICA S


・Nikkor N・C Auto 24mm F2.8
・NIKKOR-H Auto 28mm F3.5
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

Testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (95)
レンズの話題 (88)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
撮影報告 (308)
JR東日本 (97)
JR東海 (4)
JR西日本 (7)
京成 (75)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (1)
新金線関連 (75)
中小私鉄・第三セクター (14)
機材インプレ (32)
作品といえそうな作品 (51)
停車場目録 (38)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (76)
どこどこに居ます (29)
あの日、あのとき (11)
info (6)

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター