酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

簡易防湿庫の作り方

Twitterで軽く紹介しましたが、もう1度ふくらまして紹介します。

明日の関東平野部は雪のようなので事故率を減らせればと思います。やる際は自己責任でお願いします。

9347-501_2015012923005978b.jpg
用意するものは
・ F・Rキャップ
・ 乾燥剤
・ タオル
・ ビニール袋(ボディが入りきるもの)

★手順★
しまう前
・屋外での撮影が終了したら、レンズとボディはばらさずに駅構内のコンコースといった屋根のある場所(雨雪にさらされない場所)まで移動する。
・良さげな場所まで来たら、ばらして速やかに水気を拭けるだけふき取る(ふき取ってばらすもアリ。そこは濡らした規模に応じて)。

しまう時
・ボディキャップを付けたら、以下のように包みます。

9348-501.jpg
タオルの上にカメラがくるようにして、乾燥剤はキャップの前に置きます。

D700のような丸形のアイピースは外しておきます(アイピースと接眼ガラス間での結露防止)。

9349-501.jpg
包むようにタオルを包んだら、あとは袋にいれるだけ。

出来るだけ大きさに余裕のある袋を選んで、ほぼ完全に密閉できればOKです。

その後は
暫く(2時間前後)は使用不能にさせておきます。ノンストップで撮影を続ける場合は、できるだけ予備機の携帯をお勧めします。暖房の効いた部屋に暫く居る場合は、出来るだけ鞄の中で外気の影響を受けにくい場所に置いておきます。

かつて結露でD700を故障させたことが3~4回あります。修理費はさておき、事前にやれることをと思いこれに行きつきました。

少なくとも列車移動で暖房は避けて通れません。多少の初期投費で守れる機材があります。
D700でしかやったことが無いのですが、BPをさせば電源供給できて動きます。ここだけの話ですけどね




なお、独断による行動及び提案なので、自己責任でお願いします。そのままにしておくよりは、、、程度にご参考にしていただけたら幸いです。

ならびに
まだ北陸・信越地方でしか試していません。その点は補足で付け加えておきます。

  1. 2015/01/29(木) 23:26:16|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこかの運河

_DSC8452-502.jpg
駅から容易に来れるどこかの支線。

風が吹かない日に再履修したいと思います。
  1. 2015/01/29(木) 21:36:52|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもの市ヶ谷

_DSC8072-501.jpg
きょうは広角で。テスト中のレンズが溜まりに溜まり、レビュー待ったなし!

どうにか頑張ります。
  1. 2015/01/27(火) 19:32:12|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうは鶴見線


微速度撮影で行こうと思っていた撮影をやっつけるため、武蔵白石から向かいます。

_DSC7735-501.jpg
大川駅は、鶴見線内で1日9本しか発着がありません。

武蔵白石からでも10分弱あれば歩けますが、列車ではそうそう来れる駅ではないですね。しかも休日の夕方は18時1分発の往復分しかありませんし。

_DSC7886-501.jpg
18時47分発を見送って、お開きにしました。


_DSC7964-501.jpg
鶴見行きまで時間が空きましたので浅野まで歩きました。こちらは大川駅から徒歩30分程度でした。


_DSC8001-501.jpg
今回は殆ど弄らないモノクロにしてみました。WB触るのめんどくさいなんて言えない、、、

国道駅は、何も変わらない形で迎えてくれました。


というわけで、あさっても鶴見線。。。。
  1. 2015/01/26(月) 23:06:07|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日付変わって

_DSC7311-501.jpg
気づいたら上手く当たりに昇りつめていた一コマ。

何処で撮ったかは内緒。意外とその辺です。
  1. 2015/01/24(土) 00:17:00|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近所の異空間

        _DSC6657-501.jpg
静かな時間が、ただ過ぎてゆく。

無常なりに刻を待ちながら、秒針は刻まれる。
  1. 2015/01/20(火) 23:03:12|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 41本目 【Ai-S Nikkor ED 180mm F2.8】

気づけば1月も下旬が目前。早いっすね。

今年初めにご紹介するレンズはこちら!!!



















_DSC2667-501.jpg
Ai-S Nikkor ED 180mm F2.8です。

舞台撮影や室内競技に向く、大口径望遠レンズです。


_DSC2276-501.jpg
まずは何てことのない解放から。

解放で撮ったことを意識させないくらい周辺もはっきり出ます。例外のない硬調な描写です。


_DSC2721-501.jpg
人工灯を含めたぼけの参考で1枚。

_DSC8622-501 (2)
めちゃくちゃハイキーというわけではないですが、軟調にまとめることもできます。


_DSC1182-502.jpg
F8で編成写真を。

レンズのピークなのか、なかなかいい描写です。


_DSC5425-501.jpg
寄ってF11時の作例です。岩の波にかかった部分や苔の情報など、ディテールを存分に描きたてていると思います。


_DSC5413-501.jpg
一方でこちらは解放です。合焦部分の鋭さが目を引きます。


_DSC5260_convert_20150119215431.jpg
逆光は上手くまとめてあります。EDレンズの補正が効いていますね。

編成写真でハイビームだった場合は、ゴーストで逃がしてハレーションを減らしてくれます。


_DSC4667-501.jpg
MFレンズですが、慣れればかなりの戦力です。


_DSC4802-501_20150119221003f5f.jpg
実はいままで触ってきたレンズの中で、5本指に入るくらいにお勧めだったりします。


_DSC4155-501.jpg
解放で遠景ぼけの参考で1コマ。


_DSC0336-501.jpg
この記事にも春を。

解放では、使いどころによって柔らかめにつくることもできます。


980-501.jpg
Film:PRO400H
解放にて。絞ったような色のりとシャープネスが際立ちます。


GG信号になる前に感想に入りたいと思います。

小耳にはさんだ話によると、当時の舞台撮影のカメラマンがまず買った(買わされた)レンズはこれだったようです。

描写においては文句の付けようのなく、つくり方によっては、モノクロでいう中間調で作ることもできるレンズです。D700との組み合わせはBPの有無を問わず良好で、快適なホールドが可能です。

唯一気になったのは、前から少し押すとピント位置が勝手に動くこと(個体差?)です。アクティブな方なら気にならないでしょう。

本レンズの運用は、そのまま主軸レンズにもできますが、Ai AF80-200mm F2.8の望遠補填役や、2台持ちのもう片方にも回すことができます。総重量と応相談ですが、200mm域を多用する方なら持っていって損はしません。


似た数字のレンズにこれがあります。こちらは小ささを含め、汎用性に富んでいると思います。

本音をいうと自前で1本欲しいです。私を唸らせたレンズでした。



↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/ai_nikkor_ed_180mm_f28s/

最終更新 2017/06/02
  1. 2015/01/19(月) 21:03:40|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井界隈

_DSC6444-501.jpg
今回は偵察。つぎは超が付くレンズと三脚をもっていきたいものです。

東京モノレールは、どちらか持っていると撮影の幅がぐっと広がる気がします。
  1. 2015/01/18(日) 22:55:49|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系の旅

深夜から出発して、久し振りの編成写真をやってきました。

_DSC5952-501.jpg
今回は三つ峠→寿です。

インカーブの開いている場所に入れさせていただいて、特にプレッシャー無く頂きました。

_DSC5971-501.jpg
富士急1000形も見逃せませんね。


_DSC6156-502.jpg
この駅間、実は去年の2月8日に訪問してたりしています。

あの時はトタ115系の定期普通列車と165系の復刻塗装が狙い目立った気がします。


早々に、レンズの話題を片づけてしまわねば…
  1. 2015/01/17(土) 21:50:08|
  2. 中小私鉄・第三セクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D40を使ってみた

_DSC5088.jpg
Nikonの入門機であるD40を一周間ほど試用する機会がありましたので、簡単に感想を残したいと思います。

D40といえば、ボディ内モーターを未搭載にすることで、大幅な小型軽量化を実現した初号機です。
ファイルサイズの小ささや、最低限に絞った機能などが人気のようで、いまだ中古価格は1万円台後半のものが店頭に並ぶことがあります。

ネット等で知ったら、あとは手に入れて使わないと解らないだろうと試用に至りました。半分は箇条書きですが、ここからざっと書いていきたいと思います。

まず手に取ってみて、違和感なく握れます。D5000時代のノウハウを思い出しながらFnボタン辺りの割当て(私はISO変更)をいじったりして自分のカメラにします。割り切ればメニュー操作でイライラするほどの遅さではないです。

WBの微調整は編集頼みなので、光源に併せて決めます。日中の屋外なら「晴天」で一応は事足ります。これはこれで自ら設定することで光を読む癖がつきます。

感度に関しては、ISO200からISO1600まで文字通り使えると思います。高感度域はカラーノイズまみれかと思ったら、案外気になりません。ISO3200(HI1)でディテールが損なわれるほどのノイズがやっと載ります。

ここまで来たら、MFレンズがメインの方は、正直いってしまえば「M」にモードダイヤルをあわせて粗方の露出を目測で組むだけ。もうこの時点で結論とは言いませんが、何となく人気が見え隠れした気がします。AF-Sのレンズの場合は、使いやすいモードを見つけるといいと思います。

本機の運用は、メイン機が結露防止の処置で使えない際の予備機で稼働しました。主にAi-S35㎜ F2とAi-S50㎜ F1.8で使っていました。
APS-Cは被写界深度が深いのピントの山が読みづらいのですが、実際はD5000よりもファインダーは見やすく、芯が見えない場合はフォーカスエイドで補填します。粗方はピントで苦労することはなかったです。

最後に簡単ですが画像を上げておきます。使用レンズはおそらくAi-S50㎜ F1.8(記録されないので忘れるんです)


DSC_0555-501 (2)
モノクロで、何も触らずに撮ってだし。

DSC_0555-603.jpg
こちらはコントラスト調整と、アンシャープマスクで整えたもの。

高精細さを求めなければ六切りワイドくらいまで行けると思います。編集環境があると尚いいです。

恒例な鉄道車両に置き換えるとしたらですが、新潟車両センターの115系S編成だと思います。
  1. 2015/01/13(火) 23:06:02|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こっちにいます

DSC_0668_convert_20150109214800.jpg
遠回りはつきもの。

本撮影まで辿り着かない覚悟で明日に備えます。
  1. 2015/01/09(金) 21:50:35|
  2. どこどこに居ます
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銚子へ

年が明けてというものの、休みという休みは元日のみ。

いい加減メンタルが参ってきたので縛られない撮影に向かいました。

        _DSC3643-501.jpg
デハ1002はお休みでした。休息は必要ですよね。


_DSC3706-501.jpg
営業運転できる姿で会えるのもこれが最後のようです。


_DSC3812-501.jpg
今回の訪問で終日運用は緑の2000形でした。

色で埋もれると思って頭で難儀しましたが、どうにか方法は見つかりますね。

_DSC3963-501.jpg
いつもの時間です。

_DSC4013-501.jpg
もしドン曇りだったら確実に終わっていたと思います。天気が最後にデレてくれてよかったです。


あさってからが最後の勝負。

上信越まで気合、入れて、いきます。
  1. 2015/01/07(水) 23:53:53|
  2. 中小私鉄・第三セクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと駅撮り

DSC_0103-501.jpg
10年前は201系がバンバン走ってたんだなぁと感じながら、無慈悲な900㎜で頂きました。
  1. 2015/01/04(日) 21:45:49|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年始動

新年明けましておめでとうございます。

今年度は遅延の485系とは変わって、艦これしながら自宅で新年を迎えました。

_DSC2790_convert_20150102222347.jpg
雑誌で気になっていたあの高台にて。

昼間の撮影者が足跡を残してくださったおかげで、踏み外すことなく上がれました。やりたいことができたので、大目に及第点です。


本年もブログ共々、よろしくお願いいたします。

  1. 2015/01/02(金) 22:35:03|
  2. JR西日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/10/18)
Body
・D700 × MB-D10
・D300
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX DMC-GF1
・LUMIX DMC-GX7
・OLYMPUS PEN-D(入場中)
・KONICA S
・Konishiroku Pearl II

Lens
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G (IF)
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(貸出中)

Testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (101)
レンズの話題 (94)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (10)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (327)
JR東日本 (102)
JR東海 (4)
JR西日本 (8)
京成 (81)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (3)
新金線関連 (79)
中小私鉄・第三セクター (15)
機材インプレ (28)
作品といえそうな作品 (52)
停車場目録 (41)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (79)
どこどこに居ます (33)
あの日、あのとき (16)
info (6)

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター