酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

2013年 ゆう〆

_DSC4432_00003983.jpg
今年も定例の撮り納めがやってまいりました。

暖かな日差しのもと、手持ちでさっと『ゆう』の回送をいただくことが出来ました。なんで手持ちのほうがうまく決まるんだろう…?



今年は何をやっていたか振り返ってみると、特にやっていません。

右も左も方角も判らないままただただ真っ暗な道に「One way」と矢印があるのですが、見えないながらにフラットな道ではなく、足元を気にしていないと歩いていけない。要約すればそんな一年でした。

強いて言うなら、超広角から超望遠(800mm以上を除く)まで一応使えるようになれたことが、自分としては新しい到達点に感じます。もう、あとは撮影場所へ行くだけです。


真冬の撮影を兼ねているので、いま卒業制作に手をつけています。高校時代からの『いつかは写しとめる思い』が容に出来るような作品が来年度でできれば思います。

       3_convert_20131231143128.jpg
来年は何をしているのか、楽しみです。


皆様、良いお年をおすごし下さい。 放問者

  1. 2013/12/31(火) 13:20:39|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 32本目

気付いたら今年もあと50時間ありません。せめてRAWデータの整理だけでも終わらせたいですね。


ことし最後の話題を飾るのはこのレンズ!!

















_DSC3760_convert_20131229215348.jpg
Nikkor S・C 5cm F1.4です。

短期間お借りしていたSマウント用のレンズです。


38_00003979.jpg
Film:Kodak Gold200
まずは撮ってだしから。第一印象は、右下にデートで86年とか焼き付けてあったら納得してしまいそうな感じです。

右端が暗く落ちるのは、このカメラの固体によるものです。


33_00003978.jpg
Film:Gold200
絞り開放で人工灯は割り切りたいです。ですが創作でこの出かたは使えるかもしれません。


       98_00003975.jpg
Film:FUJIFILM 記録用カラー
たしかF5.6くらいの作例です。絞って撮ればクッキリ出てくれます。


57_00003981.jpg
Film:Gold200
ぼけはポワポワですね。ここではあえて、WBは触っていません。

7_convert_20131229203026.jpg
Film:Kodak 400TRI-X
やっぱりモノクロ全盛時代のレンズですね。しっとりとした画面になります。


29_convert_20131229214559.jpg
Film:400TRI-X
上も併せて来迎寺駅にて。浅めに撮影すると、らしいものが出来上がります。

これは是非とも容にしたいものです。






25_00003980.jpg
Film:RDPⅢ
F8くらいまで絞り込んだ作例です。

ラチチュードが無いので、ポジは難易度が高いです。



わくわくしたところで感想です。

今回のレビューで使用したSとともに、1950年代に登場したレンズです。

ニッコールオートがよりも描写が柔らかく、下手に微粒子のフィルムとあわせるより、Gold200などのフィルムが良好に思えます。

一眼レフよりも携行性が高く、オーソドックスな50mmなので取り回しも◎です。

ラフ撮影でさくっと決めたい時に欲しい描写ですね。


※今回の画像は全てKFS-500でスキャンし、補正はあえて行っておりません。


最終更新 2017/01/16 続きを読む
  1. 2013/12/29(日) 22:13:05|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長鳥面タテとか

これといって理由はないのですが、もっと485系を撮ろうと新潟へ飛びました。



_DSC2678_convert_20131225115632.jpg
入線を撮ろうとサンニッパ+倍テレで構えていたのですが、なぜかMLは後ろからやってきました。

ポラ撮りを載せることになるとは・・・。


_DSC2824_convert_20131225115657.jpg
酒々井ではなく「保内の夜明け前」


_DSC2910_convert_20131225120318.jpg
光量が稼げませんでしたが、おはよう信越をゲットです。

180mm F2.8が欲しくなります・・・。


       _DSC3044_convert_20131225115919.jpg
今回やりたかったのがこれです。

サンニッパ+テレコンだし、運用はわかっていたので割り切っています・・・。


       _DSC3134_convert_20131225115936.jpg
いかにも惹かれそうですけど、ちゃんと安全な位置から狙ってます。


_DSC3317_convert_20131225115859.jpg
今回は水上ダッシュで膝を強打しました。これも座席のためです。


年末も楽しみです。制作のためにも体調管理には気をつけます…。




  1. 2013/12/25(水) 12:25:21|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛そう No.36

_DSC0656_convert_20131222092147.jpg
D700 長岡駅構内

静かなる反抗!?
  1. 2013/12/22(日) 09:23:42|
  2. 作品といえそうな作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつかのどこか No.35

2013-12-19_19_convert_20131219221858.jpg
Nikon S 上越線車内
Film:FUJIFILM 記録用カラー

堂々15両の113系が轟音たてて駆けて行く。忘れられない私の古い記憶の一部である。

どんなかたちでも、何年経とうと今このときも、昨日と明日を織り重ねていく。


  1. 2013/12/19(木) 22:28:13|
  2. 作品といえそうな作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四ツ木で

雪が降るとかいってwktkしていましたけど、結局雨で終了。

曇りなのをいいことに、Auto200mm F4を引っ張り出して四ツ木で撮影です。

_DSC1244_convert_20131219114626.jpg
半年振りの逆側ですね。苦手な地味アウトカーブのため、感覚が戻りません。

_DSC1265_convert_20131219114716.jpg
品川行き。撮る分には新鮮です。

_DSC1273_convert_20131219114759.jpg
開放で1/500secなのでLEDは諦めてます。


F4Sに詰めてるGold200をどうにかせんと・・・
  1. 2013/12/19(木) 11:56:19|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E3甲種輸送 

某氏から情報をいただき、鶴見市場駅からアプローチしてきました。

現地へは3番乗りで到着です。今回の兵装はAF80-200mm F2.8とAuto28mm F3.5で攻めていきます。


_DSC0994_convert_20131216140035.jpg
本命までまったく来ないと思っていたら、215系の回送がやってきました。

Auto28mm F3.5は夕景のグラデがつくりやすい代わりに、日中には下手に色が強調されます。


_DSC1097_convert_20131216140124.jpg
EF64やらも来ましたけど、今回でいちばんビックリしたのが209系です。

棚からぼた餅もいいところですね。こういう運をおとといの北越6号で発揮してほしかったです。

_DSC1124_convert_20131216140210.jpg
本命のE3です。DE11は初めて撮りました。

F4S×28mm F3.5でも撮った現像の上がりが楽しみであります。


☆近況を少しだけ☆
卒業制作をおとといからスタートさせました。とにかくイメージしている分では、21枚以上のデカイ作品ができそうです。

  1. 2013/12/16(月) 14:26:08|
  2. JR東日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 信越本線 宮内駅

_DSC0469_convert_20131215105814.jpg
ただ、深々と。
  1. 2013/12/15(日) 10:59:14|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深夜の浅草橋

       _DSC0132_convert_20131212103351.jpg
日付け変わって・・・それだけ。。。
  1. 2013/12/12(木) 10:39:34|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな比較でも

HDD内を探していたら、ちょうど「比較」できそうないいネタを見つけました。

今回は、ほぼ同焦点域でAPS-Cとフルサイズの違いをお見せしたいと思います。


場所は尾張一宮駅です。
使用カメラはD5000にNew Nikkor135mm F2.8。フルサイズ機はD700にAF80-200mm F2.8のテレ端で比較します。

DSC_4670_convert_20131209141939.jpg
まずはAPS-C機のD5000から。F値が記録されないため曖昧ですが、F5.6かF4で撮っています。

とにかく被写界深度が深いです。
ピントの山が読みづらいときが多々ありますが、1.5倍に伸びる焦点域のおかげでフルサイズよりも荷物を削減できるという最大のメリットがあります。

DSP_0512_00000946_convert_20131209142004.jpg
こちらはフルサイズ機のD700で、F値はF4です。
ピクチャーコントロールがきつかったりWBが適当ですが、浅い深度と豊かな諧調がもたらす絵の張りが特徴です。

フルサイズに慣れると、誰かの写真を見たときに憶測が立てやすくなります。

※フォトショップで歪曲収差の補正だけかけています。


もうちょっと練って、「比較」はシリーズ化したいところです。




  1. 2013/12/09(月) 14:47:05|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 京成本線 京成高砂駅

_DSC9863_convert_20131208183544.jpg
西日が差し込む分岐駅。

  1. 2013/12/08(日) 18:38:44|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 31本目

ただいま絶賛Nikon Sのテスターをやってます。レンジファインダー機も悪くないです。

今回ご紹介するレンズはこちら!!




















_DSC2639-501.jpg
Ai-S Nikkor 35mm F2 です。

2013年の誕生日に導入した私の懐刀レンズです。


_DSC0625-501.jpg
まずは解放での1コマ。

等倍で見ない限りでは気にならずに使えます。


_DSC0559-501.jpg
こちらはF2.8で。

すこし黄色よりな気もしますが、コントラストも載っていて好みな描写です。


_DSC0562-501_201606150900267e4.jpg
EV値をたどってこちらはF8です。周辺までほぼ解像します。


_DSC2925-501.jpg
35mmといえば50mmと供に、人によって中途半端といわれるレンズです。

私はパースがつけないで、広めに抱えられるところが35mmだと思います。


       _DSC3597-501.jpg
参考にもう1コマ。


_DSC9004_convert_20131204211848.jpg
人工光源で開放付近だとコマフレアが発生します。


_DSC4280_convert_20131204210151.jpg
逆光下では、画像のようなフレアとゴーストで料理するのも一考です。

レンズフィルターをつけて撮影すると、ケラれる場合があります。


_DSC7064-501.jpg
F2.8でもう1コマ。光源付近は負けてしまいます。


       _DSC8257_convert_20131204210721.jpg
描写の勝手が少しでも見えてきたら、人工灯下でWBを少しでも適正にもって行く訓練に使えます。

ちなみに最短撮影距離は30cmです。


_DSC6128_convert_20131204210522.jpg
何にせよ、私はさっと記録できるレンズとして35mmが一番好きです。


        _DSC8897-501.jpg
F2.8で、数メートルにピントを置いてノーファインダーです。

ぼけの参考までに貼っておきます。


        _DSC2886-501_2017041700162329b.jpg
こちらは解放で。


078-501.jpg
Film:RVP (GT-X980にてスキャン)
F16にて。50mmで後ろが少し確保できない場合や、パースが要らないけど広く欲しい場合に活躍してくれそうです。


050-501.jpg
Film:RVP
良好な描写です。F8から半段絞っています。


_DSC2514-501.jpg
編成写真の場面では引きで得られる躍動感が味わえます。

かなりの接近戦になるので高速シャッターは必須です。被写体の速さと動き量を見ながら、「ここなら絶対とまる」というラインをあらかじめ把握しておくと躊躇なく登板させられます。


盛り上がったところで感想に入ります。

旅行などで28mm 35mm 50mmの中で、1本だけ持っていくなら? といわれたら、迷わず35mmをチョイスします。

適度な重さ、対応レンズフード(HN-3)を付けた場合の長さが自分の手にはよく馴染みます。ほかのレンズとの組み合わせもありますが、出かける際はだいたい持ち出しています。ちなみに2015年秋にリペアしました。

容として表れない安心感を持てるせいか、どこへ行くにも躊躇なく携帯できるレンズだと私は思います。

3年使ってきて思うことは、特にレンズから遊ばれることなく絞っても解放付近を除いて一定の絵を出してくれます。絞り込むと少し彩度が持ち上がり、黄色、緑によりがちになることを除けばオールラウンダーなレンズです。

ほかのレンズと比較していると、シャドーが若干浮く感じを受けますが、それも個性です。ハイキーな出かたで作品を撮られる方には薦めてみたい1本です。


↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/ai_nikkor_35mm_f2s/


最終更新 2017/04/17
  1. 2013/12/04(水) 21:27:29|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2nd Anniversary

_DSC2774_00003946_convert_20131203233520.jpg
本日で、ブログ開設2周年となりました。
いま振り返ったら21歳になっていたり、冬になっていたりと、目にも留まらぬ速さで一年がまた過ぎようとしています。

まだまだこれからです。皆様のパソコンで、または手のひらで、御アクセスをお待ちいたしております。

放問者

  1. 2013/12/03(火) 23:36:58|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月ですね

_DSC2209_convert_20131202145901.jpg
気づけばもう師走です。気を引き締めなおして行きたいと思います。
  1. 2013/12/02(月) 15:02:28|
  2. つまらない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズのデータは、
カテゴリのINDEX集からどうぞ!!

Party now(2017/05/12)
Body
・D700 × MB-D10
・D7000
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX GF1
・KONICA S
・Konishiroku Pearl II

Lens
・Nikkor N・C Auto 24mm F2.8
・NIKKOR-H Auto 28mm F3.5
・Ai-S Nikkor 35mm F2
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4

Testing 2

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (97)
レンズの話題 (90)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
撮影報告 (311)
JR東日本 (98)
JR東海 (4)
JR西日本 (7)
京成 (77)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (1)
新金線関連 (75)
中小私鉄・第三セクター (14)
機材インプレ (33)
作品といえそうな作品 (52)
停車場目録 (39)
撮影地ガイド (20)
つまらない話 (76)
どこどこに居ます (29)
あの日、あのとき (12)
info (6)

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター