FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

確証を見据えるもの 【Nikon D4】

運用開始から1年。頃合いです。








_D7X5077-451.jpg
発売は2012年3月15日。
スペックはD3Sを越えていくフラッグシップ機。常用感度は100~12800 ISO50相当の減感、ISO204800相当の増感が可能です。
センサーは16.2MPに、高速連写はD3Sの秒間9コマ(FXフォーマット時)から秒間11コマへ進化しました。

メディアもCFカードと、今や馴染みになりつつのXQDメモリーカードのダブルスロットになりました。


 私の手元に来たのは2017年11月1日。仕事へ行く前に、8番線がけたたましいある駅の近くにある中古カメラ店にて。開店と同時に店員さんを捕まえて、D4の在庫すべてを出してもらうほどの本気度で、頭金を握りしめて1台を手にしました。私が手に入れようとした機体はおよそ25万円の値札が下がっておりました。
発端は、2093日間、我がパーティーの切り札として最前線にいた、D700の上カバーに浮きが見つかってしまったことに起因します。それから1年経って、特段な問題はなく稼働してくれているほど、未だ生き抜こうとしているのですが、持ち主としては「もう無理はさせてやれない」の気持ちがいい加減にありました。決断は半ば清水といえど、現実的な導入コストでD700の代わりが務まる機体は何かとなった時、D700買い増しで繋ぐ、D3Sにして使い潰す、そしてD4。。。あー待てよD4Sは高い。消去法で担ぎだした答えです。

ほかに投入候補として、最新のD850もあったものの、注文過多による供給不足だったり、当時D4Sの中古良品よりも高い価格であったことから本機が選ばれることになったのです。なによりフィーリングがD700のキレとの比較になり物凄く相性が悪かったため、そこがやめた要因にもなりました。

手に入れて時間が許す限りの試運転をしたときのファーストインプレは「D3よりも速い」でした。ファインダーの像消失時間はD700・D3よりも速くすぐ気づき、グリップの持ちやすさは人間工学に準じたもので持ちやすく、重量に対して軽く感じました。いわば短縮と削減で、ケチではなく進化、あの丸っこい見た目とは裏腹の使いやすさがありました。

この安心はリュックで格納しているだけでも安心感があります。



運用まわり
 2017年暮れの青春18きっぷ回では、それまで皆勤だったD700が家で留守番になりました。本機の性能テストをするつもりでもなかったのですが、雪降りしきる上毛高原、その足で強風の御殿場、翌日に夜明け前の薩埵峠、当時話題になったサンライズ瀬戸際の上り回送を湯河原で。D700ですら、北陸の修羅場を抜け主についてきたのですから、こんな程度でくたばる様でしたらうちの子にはなれません。 
年があけて2月上旬、3月下旬の三江線回ではD700と共闘。ワンショットで拾える範囲をD700、フィールド機として最も瞬間を要求されるシーンにおいて圧倒的な力を見せつけてくれました。そこから晩夏まではD700と本機を1台ずつ、隔週で交互に扱いながら欠点と強い点の洗い出し。そして初秋の迂回貨物では、総じて『セッティングして撃てば、ほぼ必ず拾う』状態で銀塩を使う余裕をくれるなど、任せきりにして他の作業をしても必ず結果を残す戦果をあげました。


 本機を投入して写真を作るアプローチの変化は、本機と相乗で行くのが至極真っ当ですが、機体の圧倒的パワー頼るようになりました。秒間5コマ連写(秒8でも)のD700ではシングルタップで決めていた場面を、本機では秒11コマの高速連写でなるべく前後カットまで使えるスタイルに。ほかにもD3Sから実装された×1.2クロップがとても扱いやすく、11.1MP相当と、実用な数字を出してくれます。よく言われるホワイトバランスの緑寄りにはここだけ注意が必要で、普段はマゼンタ+1で対応しています。
高感度に関しては常用のISO12800がいいところ。場合によってHi0.5くらいまでにノイズリダクションでもよろしい感じになります。

1年使ってのフィーリングは、ぶっちゃけ、普段使いでこのポテンシャルは要らないです。入門・ミドル機から次が欲しいと思う方は、絶対に、その現存機を下取りには出さない方がいいと考えます。乗用車ならフェラーリやランボルギーニで立体駐車場のあるスーパーへ行く具合、鉄道関係なら東武大師線をスペーシアが往復しているイメージ。大は小を兼ねるともうしますが案件や被写体によっては過剰スペックで邪魔と思うことも大変多くあります。故に、「軽」の駐車スペースに止められるような、ワンマン運転対応機器に各駅停車だけを担えるような、小さいサブ機にメリットが生まれてくるのです。


今後の運用は、FXフォーマット最高速連写機として、あらゆる悪条件下でも必ず稼働し結果を残すためのキーデバイスとして、気が変わらなければ我がパーティーにおいて最前線を任せていこうと思います。ハード面で基盤がしっかりした機体を手に入れたので、いい加減、投資するのは見合ったレンズとも考えております。


(2019/07/04 追記)
先日の中野電車区へ回送するクモヤを撮影しに行ったとき、望遠枠で相性が悪くクロップで対処。また復路ではD7100で行くことになり本機のメリットを最大限に生かすことが出来ませんでした(出す現場を間違えた気もする)。なぜかここが発端となりD850への置換えプランが浮上。
機体の強さは外部の情報も含め百も承知。欲しいのは筆者の性格と求められるニーズを鑑みて、高い汎用性であると感じました
。あと緑



設定まわり
基本的にD700と同じ設定にしています。
シャッターボタン半押しでAFは回らず、プレビューボタンはお馴染み「マイメニュートップ項目先へジャンプ」に、下のFnボタンは「レンズ手動情報設定」。
そのほか、サブセレクターか縦位置ファンクションボタンを押すと「ファインダー内水準器」。スチル撮影時の動画撮影ボタンは「撮像範囲」に充て、×1.2クロップとだけ切り替えができるようになっています。


       _1130093-355.jpg
日本海を眺める筆者のD4



☆これからD4を手にしたい方へ☆
初見で恐らくこの機体を欲しいと思うユーザーは「高速連写」、「ファインダー」、「長い玉を頻繁に使う」、「過酷な条件で確実な動作」、「持久力」、、、、といった、これらの条件が1つ以上は絶対に当てはまることでしょう。私もフィードバックで総じて経験がありますし、いま現在も当てはまる項目がいくつかあります。

鉄道を撮る方に向けてなにか申し上げるなら、もし普段撮る地域がワインディングロードな山間部だったり、寒冷地だったり、ミドルレンジを好んで使う方でしたら、興味だけでも動機は十分かと存じます。200mm以上のレンジを現状のパーティー内で何をつかってカバーしているかだけ併せて再確認を。FXフォーマットは射程で悩むケースが多いです。

手に入れる際は、可能な限り良品・美品を見つけ、信用できる店で時間を使いながらゆっくり決めることを極めて強くお勧めいたします。一番気がかりだったのは、右手親指で回すメインコマンドダイヤルにトルクがなく、硬い個体が沢山あったこと。適切な力量でダイヤルが回らないのです。店頭に出向いて、よーく機体の声を聴きましょう。
見た目もよく、傷もほとんどない、最後は右手が善しとしたものをとった私の1台は、23万ショットを数えていた個体でした。前オーナーは野鳥か航空機を手持ちで撮っていたようなイメージができました。まぁ実際、その辺は中身の問題で、外装に傷があった場合は前オーナーが何をどう撮っていたか知る手掛かりになります(大学時代、同期からは「おまえ鑑識かよ」とまで言われた)。話を大きく戻しますと、Nikonのプロ機はひっくるめて、『どのような使われ方をされた機体かが、全くもって未知数なクラス』なのです。


D4はNikonのフラッグシップ枠です。ここまで来ると、失敗は人間ではどうにもできない不可抗力か、完全なヒューマンエラーの2択で、等倍でポテンシャルを引き出すことでさえ至難であることだけは申し上げておきます。せめて写真機をつかっていて、仮とて発生した事案・事象を、裏打ちから過半数以上は原因を解剖でき、対策が練り出せる程度の練度はないと宝の持ち腐れになるのが使った感想であります。これはシャッターを落とすまでの事をさし、拾いきれず逃すようでは編集でカバーなぞできません。なんのために作戦を立案し揚々と撮りに行ったのでしょうか。
常に撮影時は、どうすればもっとも欲しい結果へ行きつくことが出来るか筋道を可能な限り構築し、いざ撮る状況になった時にどれだけ機体を扱えるか、また積み上げてきた経験値で理想に近づけられるかに係ってきます。それを越えたときが、このクラス無二の力になって使用者に応えと気づきをくれます。
本機は可能性を常ににらみ続けています。機体に牽引されるやり方も叶ってはいるものの、だったらなぜその機体を使うのでしょうか。トリミング前提しかり、ぼけが要らない撮影でしたら、他に良好な選択肢はたくさんございます。

2018年10月31日現在、修理対応機種に本機の名前があります。修理前提やオーバーホールまで考えている方は今が買い時であることを添えておきます。


_DSC0601-451.jpg
最後に本機で撮影した1カットを。

適当な編成写真はD700でも撮影できますので極力、悪条件下でのカットを。どんな状態でも動作する信憑性・堅牢性は撮り手に安心感と信頼を提供します。どこまでも行けると思うから、どこまでも行こうと思いたくなるものです。



恒例の本機を鉄道車両に置き換えたらですが、最高速度据置きで加速度MAX振りの683系8000番台ではないでしょうか

メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d4/index.html

最終更新 2019/07/05
  1. 2018/10/30(火) 23:45:22|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前衛直掩機 【Panasonic LUMIX DMC-GX7】

そういえばこの機体に関してまだ触れていませんでした。


_DSC4307-501.jpg
本機の登場は2013年9月12日(1日延期になったので実質13日発売)
DMC-GF1が既にあり、2014年夏からなにも動かさずやってきて今年の7月に投入しました。

Mフォーサーズの拡張することの発端は、軽装で遠出したいという構想から始まりました。今年の夏はデジタルを本機とGF1で銀塩枠でF2だけ持っていくプランが実はありました。諸々あって、結果はいつもの重装でレンズを若干減らす編成で三江線までえっさほいさすることになりました。

高校時代はゴ●ックスなどと言いつつジャケンにして、大学時代は自分のワークフローにおいて使い物にならない(役に立たない)としか思っていなかったこのフォーマットとこのLUMIXシリーズでしたが、百聞は一見に如かずとはよく言ったものです。GX7を手に入れてからは可動するEVF(ファインダー)や常に表示できる電子水準器をはじめ、MP4で動画を残すこともでき、山盛りの飛び道具に恩恵を感じるようになりました。銀塩寄りの感覚でデジタル機を使っていたものですから、カルチャーショックもありつつ、「ここまでしてもらわないと...(以下自粛)」とも感じて呆れてしまいました。しかしながら便利なものは使い様ですので、在り難く私はそれにあやかり、ストレスなく被写体に集中できるのでございます。

_DSC4313-501.jpg
可動式EVFとチルト液晶(ハイアングルも下ヒンジの倒れた分だけモニターが動く)



使っていると完成度を感じながらも、コンデジや家電の延長のような諸々頼りない面もみえますが、UIやファンクションボタンなど操作がそこまでやらしくありません。嬉しいのが半押しAFを設定でOFFにすることができ、親指AFも設定可能でをシャッターボタンを完全独立できます。これさえ出来れば私としてはしめたものです。それに高感度もISO1600くらいまでは実用で、シンプルに1ステップ刻みで運用すると少ない動作で個人的に好みです。

連写もAFS時で秒間5コマと最低限は備え、AFFでも4コマは確保しています。高速連写に設定しても軽いタップで1発のみ切れます。ファンクションボタン(全部で9箇所もある)の割り当ては「ここの場所にこれがあったら便利だろう」といったものを割り当てるとユーザー好みの機体に仕上がります。


ざっと欠点は2つ。
まずは専用バッテリーがそこまで持たないことくらいですね。動画を連続で撮っていたり、手振れ補正を多用していると1つで丸1日持つかは怪しいラインとなります。複数台もって役割分担させていても、それでも少し心もとないです。予備バッテリーを持とうにもかなり割高で、一時期ではありましたが販売店の品切れが目立つことがあったため、もし予備を買うとなると在庫を確認すると安心できそうです。
もう一つはモニターとEVFの彩度が高いことです。モニターの明るさや色調整はカメラ内でできます、適正露出にも関わりますのでここは少し気を使います。


総括として クラスの中では満足な機体 だとみております。
しかしどこか頼りないです。ですが如何でしょう、ご家庭の家電は今年で何年使われていますか?? そこを見ていくと歩いた後ろに道が出来ているのではという気でならないのです。投入コストも中古相場では3万円せず手に入れられる点もかなり好感がもて、お買い得機種でもあります。


_1220221-501.jpg
最後にいつもの1カットを。
正直あまり過度に期待しないで緩く撮るのが一番しっくりきます。本機で手に負えない場合は、強面のNikon機が腕を組んで鎮座していますのでこれはこれ。電子シャッターで無音にもできる点は隠密性にも貢献できるので飛び抜けたものもあります。

まさに、メイン機を護る存在です。持久力には欠けますが単独では快速で踏み込めます。



さて恒例の鉄道車両に置き換えたらですが、直流限定運用と改めて加速に転嫁したワンマン対応オールロングシートの521系ではないかと思います。


メーカーのページはこちら↓
http://panasonic.jp/dc/p-db/DMC-GX7.html


最終更新 2017/11/20
  1. 2017/11/20(月) 22:10:19|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ここのD4を全部みせてください」

_DSC4916-501.jpg
散々、呆れかえるほど、相当悩んでこの決断としました。またD700で首を繋げるプラン…D3Sで再度貯金して切り捨てるプラン…そして覚悟してD4を手に入れるプラン…。

結果として、現行で使用してきたD700の上カバーの浮きが見つかり、事態が急展開の運びとなって他のプランでD600だの言ってる余裕がなくなりました。遠回りすれば逆に高くつくのでもう迷いはないです。
昨日の某中古店にて、5台あった中から1台を選んでまいりました。ロットの情報など細かく分析すればよかったのですが最終的には右手に頼って決めました。

少しばかり動かした感想は次世代機だと感じるほど進んでいました。グリップを持った段階でそれは感じ、AFの食いはその先にスペックもあるというのに強化が見受けられ、レリーズ時の像消失時間は短縮が目に見えてわかりました。取り回しにまだ慣れませんが、今年中には最前線を本機にスイッチさせたいです。いまはD700と共通運用で徐々に慣らす予定です。


もっとも感じたのは、銀塩機から続く各歴代フラッグシップ機にしかないあの“カメラ側から後押しされるあの感覚”でした。


  1. 2017/11/02(木) 23:16:03|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残念の言葉しか出ない銘機 【Nikon D7000】

0966-501.jpg
資金繰りとモデルにおける事由で手放しましたD7000をそろそろ紹介したいと思います。

発売は2010年10月29日。
連写・ファインダー視野率はD300に順じ、常用感度はISO100~6400 高感度側のみ拡張でISO25600まで選択ができます。記録媒体はSDカードのダブルスロットです。
前モデルであるD90から中身の進化は勿論のこと、外装もマグネシウム合金を積極的に使用した上級機のような風格を手に入れたカメラでした。

 持つことにつかれたPENTAX K-5からの置換えとして2016年10月21日に投入しました。発売から1年くらいまでの当時は、なんだかトレンドとして私の環境では持っている例が多く、「誰でも持っているカメラ」として誠に嫌厭しておりました。サブで持っていたりや初心者が背伸びして使っているのもよく見ました。それだけ汎用性があった機体だったのではと思います。
 時は巡り、背に腹は代えられないと、投入コストの関係で私の手元にもやってくることになりました。2万円弱かけてD7100も視野にはありましたがバッファや画素数の面で最良を選んだわけです。AF-S18-55VRⅡを手に入れると、最軽量で満足にパフォーマンスのできる直掩機となりました。
与えた影響としては、マウントを統一のメリットもありますが、UIの統一もできD700の仕事量を今度こそ減らすことに成功したのは大きかったです。また画素数だけで考えれば一歩譲るためパワーバランスも程々にとれ、D300よりも小さい機体は、小規模な撮影や中判クラスのカメラを運用する際のデジタル枠としての 出番の作りやすさ にも貢献しました。今やあって当たり前のライブビューや静音撮影モード(Q)は使ってみるとD5000時代の感覚を呼び戻すものがありました。

 AFの信憑性が殆ど無いことは最低最悪のデメリットであります。真ん中1点は使えて当たり前ですが、11点(セレクトの簡略化のため)に絞って周りの4箇所は次点でそれ以外はおまけか罰ゲームかといった具合です。名鉄名古屋駅の明るさで低速で侵入する列車をAF追従できなかった(本体は合焦判定)わけですから、自分のワークフロー内では「使えない」と判断せざるを得ませんでした。はっきり申し上げますと理屈を解剖できないユーザーはもっと不便を強いられます。唯一の不満ではありますがAF回りは死活問題です。但しはき違えてはならないのは「全く使えない」訳ではないので、理屈は知り線引きは自分の手で引きましょう。最悪、「使わない」という手段も丁重に用意があります。


 D300との違いは、高感度がISO3200くらいまで実用の範囲をマークし、ファインダー内水準器などの飛び道具が装備されているところにあります。最安を念頭にゼロスタートで中級機を投入したいとなるとD300と本機の二択になると思います。両者とも優れている点が多数ちりばめられているので、自分は写真表現のツールとして何がしたく、どこまで広げたいかでレンズに割く予算とも調整すればよろしいかと考えます。両方つかった私個人の意見は、AFが欲しく屋外は昼しか撮影しないならD300で、静物や夜間の撮影が噛んでくるならD7000といった選択をお勧めいたします。写るだけで満足なら本機よりも適当なミラーレス一眼のほうが費用対効果があります。



_DBC3619-502.jpg

最後に本機で撮影した1カットを。
HDDを見返すと駅や車内で使っているケースが多かったです。また高感度も伸びる点は評価でき、揺れる山陰本線の列車内から
80-200mm F2.8Dの望遠端でも、こうして1/180secが稼げるわけです。出先でD700が結露で戦闘不能になったケースがあり、心もとなかったD300でしたが、もし発生したら払しょくできる程度のポテンシャルが本機の強みではと感じます。



恒例の鉄道車両に置き換えたらですが、VVVF化して空転にめっぽう弱くなった205系600番台ではと考えます。


↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d7000/index.html
  1. 2017/09/28(木) 22:41:04|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこから出てきた 【Welta Belmira】

後輩から「是非つかってみてほしい」と言われたのでレビューしようと思います。



_1090101-501.jpg
Welta Belmiraというそうです。レンズはテッサータイプのカールツァイス 50mm F2.8を搭載しています。
シャッターの最速は1/250secで、最短撮影距離は0.8mです。


この画像で気づかれた方もいらっしゃると思います。シャッターはヘリコイドの左隣にある突起部分です。


_1090113-501.jpg
使うフィルムは135フィルムで、裏ぶたとスプールが独立します。


_1090109-501.jpg
裏ブタの底面です。

三脚ネジ穴の脇に蓋のロックがあります。その隣にリバースボタンもありますね。


_1090104-501.jpg
蓋をつけると背面はこんな感じ。

向かって右上にファインダーがあり、フィルム巻き上げは左のレバーを外へ進ませます。余談ですがたまにジャムります。



IMG041-501.jpg
作例に行きます。すべてEPSON GT-X980にてスキャン

注目すべきは転回禁止の道路標識の赤色です。また道路だけをみても細かな色使いだと思います。


IMG040-501.jpg
エッジの出方もかなりのキレです。


IMG043-501.jpg
ぼけの参考に寄ったものも。




所見に入ります。

個体の都合上、絞り羽根がきちんと纏まらない(絞れない)ため、すべて絞り解放で使用しました。またファインダーもあるようで無い状態ですし、連なってピントは目測で合わせます。おまけにフジの記録用カラーフィルム(ISO100)を詰めてしまったため曇天や夕暮れ時が多いです。まぁひと手間を手軽に楽しめました。

このほか外観はそのままでほかのレンズを搭載したものもあるようです。


描写に関しては絞ったかのように恐ろしく写りますが…レンズがいい印象なので、ちょっと変わり者ではありますが実用機に数えてもいいかと思える機体でした。





  1. 2017/07/06(木) 21:48:10|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX集』からどうぞ!!

Party now(2019/06/25)
Body
・D4
・D700 × MB-D10
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1(借入中)
・Zenza BRONICA S2(入場中)

Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・TAMRON 02B


・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing empty

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (2)
レンズの話題シリーズ (115)
レンズの話題 (108)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (380)
JR系統 (129)
京成とその直通先 (108)
名鉄 (4)
東武 (35)
小田急 (8)
東京メトロ (4)
新金線関連 (70)
中小私鉄・三セク・軌道線 (21)
機材インプレ (30)
作品といえそうな作品 (57)
乗車メモ (3)
停車場目録 (61)
撮影地ガイド (19)
つまらない話 (88)
どこどこに居ます (50)
あの日、あのとき (25)
info (6)

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター