FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

残念の言葉しか出ない銘機 【Nikon D7000】

0966-501.jpg
資金繰りとモデルにおける事由で手放しましたD7000をそろそろ紹介したいと思います。


▼概要・投入経緯など


発売は2010年10月29日。
連写・ファインダー視野率はD300に順じ、常用感度はISO100~6400 高感度側のみ拡張でISO25600まで選択ができます。記録媒体はSDカードのダブルスロットです。
前モデルであるD90から中身の進化は勿論のこと、外装もマグネシウム合金を積極的に使用した上級機のような風格を手に入れたカメラでした。

 持つことにつかれたPENTAX K-5からの置換えとして2016年10月21日に投入しました。本機の発売から1年くらいまでの当時は、トレンドとして筆者の環境では持っている例が多く、「誰でも持っているカメラ」として誠に嫌厭しておりました。サブで持っていたりや初心者がやたらと背伸びして使っているのもよく見ました。それだけ汎用性があった機体だったのではと思います。

 時は巡り、背に腹は代えられないと、投入コストの関係で私の手元にもやってくることになりました。2万円弱かけてD7100も視野にはありましたが、バッファや画素数の面で最良を選んだ運びです。AF-S18-55VRⅡを手に入れると、最軽量で満足にパフォーマンスのできる直掩機となりました。


▼運用面


 与えた影響としては、マウントを統一のメリットもありますが、UIの統一もできD700の仕事量を今度こそ減らすことに成功したのは大きかったです。また画素数だけで考えれば一歩譲るためパワーバランスも程々にとれ、D300よりも小さい機体は、小規模な撮影や中判クラスのカメラを運用する際のデジタル枠としての 出番の作りやすさ にも貢献しました。今やあって当たり前のライブビューや静音撮影モード(Q)は使ってみるとD5000時代の感覚を呼び戻すものがありました。

 AFの信憑性が殆ど無いことは最低最悪のデメリットであります。真ん中1点は使えて当たり前ですが、11点(セレクトの簡略化のため)に絞って周りの4箇所は次点でそれ以外はおまけか罰ゲームかといった具合です。名鉄名古屋駅の明るさで低速で侵入する列車をAF追従できなかった結果(本体は合焦判定)を受け、自分のワークフロー内では「使えない」と判断せざるを得ませんでした。はっきり申し上げますと理屈を解剖できないユーザーはこれより更なる不便を強いられます。事情が判明できない事態ほどストレスはありません。

 唯一の不満ではありますがAF回りは死活問題です。但しはき違えてはならないのは「全く使えない」訳ではないので、理屈は知り線引きは自分の手で引きましょう。最悪、「使わない」という手段も丁重に用意があります。


 D300との違いは、高感度がISO3200くらいまで実用の範囲をマークし、ファインダー内水準器などの飛び道具が装備されているところにあります。最安を念頭にゼロスタートで中級機を投入したいとなるとD300と本機の二択になると思います。両者とも優れている点が多数ちりばめられているので、自分は写真表現のツールとして何がしたく、どこまで広げたいかでレンズに割く予算とも調整すればよろしいかと考えます。

両機を使用した私個人の意見は、AFが欲しく屋外は昼しか撮影しないならD300で、静物や夜間の撮影が噛んでくるならD7000といった選択をお勧めいたします。写るだけで満足なら本機よりも適当なミラーレス一眼のほうが費用対効果があります。




_DBC3619-502.jpg

最後に本機で撮影した1カットを。
HDDを見返すと駅や車内で使っているケースが多かったです。また高感度も伸びる点は評価でき、揺れる山陰本線の列車内から
80-200mm F2.8Dの望遠端でも、こうして1/180secが稼げます。出先でD700が結露で戦闘不能になったケースがあり、心もとなかったD300でしたが、もし発生したら払しょくできる程度のポテンシャルが本機の強みではと感じます。



恒例の鉄道車両に置き換えたらですが、VVVF化して空転にめっぽう弱くなった205系600番台ではと考えます。


↓メーカーのページはこちら↓
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d7000/index.html
  1. 2017/09/28(木) 22:41:04|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこから出てきた 【Welta Belmira】

後輩から「是非つかってみてほしい」と言われたのでレビューしようと思います。



_1090101-501.jpg
Welta Belmiraというそうです。レンズはテッサータイプのカールツァイス 50mm F2.8を搭載しています。
シャッターの最速は1/250secで、最短撮影距離は0.8mです。


この画像で気づかれた方もいらっしゃると思います。シャッターはヘリコイドの左隣にある突起部分です。


_1090113-501.jpg
使うフィルムは135フィルムで、裏ぶたとスプールが独立します。


_1090109-501.jpg
裏ブタの底面です。

三脚ネジ穴の脇に蓋のロックがあります。その隣にリバースボタンもありますね。


_1090104-501.jpg
蓋をつけると背面はこんな感じ。

向かって右上にファインダーがあり、フィルム巻き上げは左のレバーを外へ進ませます。余談ですがたまにジャムります。



IMG041-501.jpg
作例に行きます。すべてEPSON GT-X980にてスキャン

注目すべきは転回禁止の道路標識の赤色です。また道路だけをみても細かな色使いだと思います。


IMG040-501.jpg
エッジの出方もかなりのキレです。


IMG043-501.jpg
ぼけの参考に寄ったものも。




所見に入ります。

個体の都合上、絞り羽根がきちんと纏まらない(絞れない)ため、すべて絞り解放で使用しました。またファインダーもあるようで無い状態ですし、連なってピントは目測で合わせます。おまけにフジの記録用カラーフィルム(ISO100)を詰めてしまったため曇天や夕暮れ時が多いです。まぁひと手間を手軽に楽しめました。

このほか外観はそのままでほかのレンズを搭載したものもあるようです。


描写に関しては絞ったかのように恐ろしく写りますが…レンズがいい印象なので、ちょっと変わり者ではありますが実用機に数えてもいいかと思える機体でした。





  1. 2017/07/06(木) 21:48:10|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真珠の入線

_DSC4658-502.jpg
小西六Pearl IIです。

2013年秋より、マミヤ645(1000S・Super・PRO)から検討が始まった中判カメラ戦線投入構想が、ようやく本機で落ち着きました。

決め手は
世相が35mmのデジで定着してきていること、
それを基盤として周りが使っていることで小手先のやり口がほぼ頭打ちであること、
小型で取り回しがそこそこよく、最低値の編成での火力を底上げし確保すること。でした

外観は蛇腹は良好で二重像も文句なし。張り革は落ちている箇所があり、亀裂もありますが1952年モデルであることを考えるとあまり気にしてません。赤窓のスライドが緩かったり、ヘリコイドだけぎこちないですが、元気な子という印象で迷わずお買い上げとしました。



511-018501.jpg
モノクロ1本を撮って現像しました。初っ端から感光という出だしから躓く結果となりました。

どうも巻き取り軸でうまく巻いてくれず たわみ が発生してしまうので、慣れと根気で撮っていく方向で行きたいと思います。





  1. 2017/05/18(木) 12:19:25|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじまりのFマウント 【Nikon F】

_DSC2663-501.jpg
迎えたものもあれば、手放したものもあります。

Fマウントを語るうえで絶対に避けては通れないカメラである F です。
発売は1959年6月。小型で取り回しがよく、豊富な交換レンズ、アクセサリーをもつシステムカメラとして、また大型のレンズまで装着できる新開発のマウントである「Fマウント」を備えます。このほか当たり前すぎて気づきにくいものとして、自動絞り機構(レンズ装着時のファインダー像が常に解放値に設定されてるアレ)やプレビューボタン(被写界深度を確認するやつ)など、挙げればきりがないほど多数取り入れられました。過酷な条件下でも同様に動作する耐久性も忘れてはなりません。


投入の経緯は2016年春に大学の同期が破格の値段で譲ってくれたところからです。当時はNikomat FTNで撮っていました。NewFM2、F4S、F2フォトミックAと自ら所有してきて、手放してきた中で本機と巡り会いました。
自持ちのAuto50mm F2でフィルムを入れて試写した際には「お前、ついてこれるか?」と問われた気がします。露出ワークは目測でも一定ラインは組めますから、ある意味で本機にはいびられましたね。しかしながらそれを押し返すだけの力はあったようで撮影にストレスは全くありませんでした。本機は1964年のロットで少なからず50年と少しは誰かの手のもとにあり、私に回ってきたのですから、手元にあるまでは恥じない撮影をしていこうと思いました。

ソフトシャッターレリーズのAR-1も手に入れ、2016年の夏からポジフィルムでの撮影でD700とならぶ主力機となりました。デジタルでは誰かと必ず同じものを撮るだろうと、また需要がなくなってきているフィルムに貢献する意味があります。Twitterや、ブログ内のレンズの話題シリーズで明確な情報として紹介したいためメモもつけ、半ば中判カメラのような使い方をしました。使っていくとなかなか親しくなっていき、大学時代にテストついでに買って調べてきたフィルムのデータを思い出しながら撮る行為が、愉しみになりました。

一方で手放す要因もあります。
それはF2を先に使っていたのも起因します。シャッターロック機構がないために巻き上げ後に撮影不要となった際に、誤爆して1カットを無駄にするケース。ほかにも1/1000secが最速のため感度400のフィルムが使いづらいこと、また、ショートレンジで編成写真を撮影する際は被写体の速さに負けてしまうことなど、少し主力で使うには難しい場面を見てしまいました。
35mm一眼レフカメラにしかできない撮影がしたいと思うようになり、2017年4月12日にF2アイレベルへ乗り換えました。

ルーチン操作まわりはレンジファインダー機のSシリーズと同じです。簡単に申し上げるとSPやS3以降のモデルを一眼レフタイプにしたと思えばFの操作は簡単です。
通常の手巻きタイプのフィルム一眼レフカメラと違う点は、巻き戻しの際に底面のボタンの代わりに、レリーズ部分のギアをリバース(R)に持ち上げてかけ巻き戻し、フィルムを抜いたらギアを戻して空シャッターを切って戻すところですね。また裏ぶたはスライド式で独立します。紛失は無いと思いますが、取り落としには注意です。これ以外にも細かい部分にたくさんの工夫が見られます。探してみると面白いかもしれません。
あともう1つだけ。個人差はありますが、快適にホールドしたい場合はAR-1の装着を強くお勧めします。握る際も右手は薬指と小指をセルフタイマーのレバーに沿えるようにかけるとしっくり持つことができます。

これ以上申し上げることもないでしょう・・・どんな被写体や規模になろうと本機は撮り手に完全依存します。そして、多様なものが入り混じったこの感覚は手にとり、フィルムを通した者だけが知ることができます。
アイレベルの場合は露出計が未搭載です。慣れないうちは入射式露出計を携帯するか、露出をキチンと出せて適性露出を確実に読み慣れたデジタルカメラを使うとそこまで怖くありません。あとは慣れと経験を積んでいくだけです。臆するならそれまでです。



17293-4501.jpg
最後に本機で撮影した1コマを。

スキャンデータでのご紹介ですがフィルムはトライXで、583系の最終運行を撮ってまいりました。いまも歴史を刻む現役同士で邂逅する原点回帰がやりたかったのと、撮り手自身が平成生まれのJR世代のため、少しでもそこへ行きたかったという思いでFとトライXの組み合わせで起用しました。(曇り予報でRVP50が使えないという苛立ちもあります)
もちろん現像はラボやDPEには出さず、遠征の帰りに秋葉原でD-76を手に入れて原液で手現像です。写真の終着点としたいプリントもどこか暗室でやろうと思いますし、自らの力で本質を追いかけられる愉しみを最後まで味わいたいです。


全世界でのあらゆる現場で使われ、マウントは2017年4月14日時点で未だ使われています。Gタイプレンズ以降は互換性に多少の難はありますが、絞り環さえあるDタイプまでのレンズでしたらデジタルとの組み合わせでも最前線で使うことができます。


恒例の鉄道車両に置き換えたらなのですが、私の使い方でしたら引退末期のキハ58系・28系で、普通列車か快速だけやってる運用ではないでしょうか。

最終更新 2017/04/14


  1. 2017/04/14(金) 15:08:25|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本物をふたたび

_DSC2758-501.jpg

案件が片付いてから買おうと、ある中古店に運よく残っていたブラックボディのF2アイレベルです。

以前クロームメッキのF2フォトミックAを所有していました。当時は拾い集める速さを重点にしていたため、惜しみながら手放してしまいました。シャッターロック機構や1/2000secのメカニカルシャッターに必要性を感じ、先日の583系さよなら運転の撮影で我がパーティーの大役を担った前モデルであるFを生贄に手にしました。
F2のアイレベルはそこそこな値段がするのですが、手に入れた本機は並品の実用向けで安かったため買ってしまいました。戦果を挙げてさらにツールとして馴染んだら行きつけの修理店で全般検査を通そうと考えております。

試写ついでにNEOPAN100 ACROSを詰めて今日は撮っていました。巻き上げストロークやAR-1で背伸びさせたレリーズ周りはとても使いやすく、やはりフラッグシップ機特有の「いけ」と訴えかけるような後押しを感じます。

大事にしていきたいですね。




  1. 2017/04/13(木) 21:40:44|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/09/16)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D2X
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

・SIGMA TELE CONVERTER TC-1401

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 4

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (157)
レンズの話題 (116)
INDEX (1)
機材インプレ (27)
比較小話 (6)
F値ごとの変化 (7)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (385)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (145)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (309)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (33)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター