FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

LH1220-01 が届いた



今回はこれの話題


_DCC8894-501.jpg


SIGMA 120-300/2.8sportsのフードである「LH1220-01」の3代目が届いたため、個人的な考えにおいてこれは重大インシデントなので、再発防止のためにも記事にしておきます。


_DCC8903-501.jpg

_DCC8906-501.jpg

1コマ目が新品。2コマ目が発生した当該です。画像は取り付け時を想定して一杯にツマミを締めた状態になっています。
単刀直入に、事態としては年明け早々からレンズ本体とを掴むこの部品が脱落し、脱着が不可能になりました。

そもそもねじ込み式フードは外側のツマミでレンズ本体側を掴むようにして取り付けるものです。SIGMA120-300/2.8sportsはこの脱落したパーツが掴みの役割を担っています。


_DCC8915-501.jpg
ちなみにレンズ側の取り付け部がこちら。察しのいい方はお判りいただけますように、フードをあてがって回すと、1か所だけあるネジの部分で必ず止まる仕様になっています。

この溝にトルクは無く、ちょっとでも振り回していれば落としてしまいます。
飽くまで正しく取り付けをしやすくするための機構であり、ネジを毎度同じ位置に据え付けることで、行きつく先はホールドの選択肢として考えられているものなのでしょうか。意図が読めるようで読めません。


_DCC8910-501.jpg
最後にフード外側のツマミ部分。
このフードは2度、新品購入をしています。2度目の購入ではこちらの小ネジが脱落し、ツマミとその取り付け部品が諸々外れる惨事を起こしています。幸い、けが人と列車の運行に支障はありませんでした。




フードのためにレンズをレビューしているつもりは微塵もございませんし、フードのためにしかと撮るべく行動しているつもりも一切ございません。



最後に申し上げます。
この一文でメーカーは申し上げませんが人に酷評を書かせないでいただきたい。

今の撮影案件と財力で、まともな選択肢はこれだけなので頼むから仕事して。






  1. 2021/01/09(土) 23:33:14|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 119本目 【01 STANDARD PRIME】


物欲センサー発動でした。







KIMG3215-501.jpg
01 STANDARD PRIME です。
35mm換算で1/2.3型センサーの機体に着けると47mm相当。1/1.7型のセンサーでは39mm相当になる標準レンズ(扱い)です。

シリーズ内で唯一マグネシウム合金を採用している初代モデル Q (1/2.3型センサー)を使っていくため、47mm画角でのレビューになります。


この記事では以下の設定を原則としています。
・WBは日中のものに限り「太陽光」
・JPEGのsRGBでのみ記録
・ディストーション補正(歪曲収差の補正)はONで撮影。
・デフォルトの「鮮やか」で撮影。




IMGP1459-501.jpg
まずは開放にて。手前の壁まではだいたい0.5m程度です。

IMGP1458-501.jpg
今度は対岸ホームでピントをつくったもの。ここまで寄って得られるぼけなので、センサーは小さいです。


IMGP1472-501.jpg
こちらは歪曲収差の補正を切ったものです。

IMGP1471-501.jpg
補正あり。



IMGP1413-501.jpg
開放にて

IMGP1415-501.jpg
こちらはF5.6

2コマ揃えてここへ並べると、編集時に画像を取り違える程度に差がハッキリしません。強いておおきな違いは周辺減光くらいでしょうか。

開放

       IMGP1331-501.jpg
ちょっとオーバー目に順光のカット。135フィルムで得られるカラーネガの画像のようです。


       IMGP1403-501.jpg
アンダーで絞めて標識の黄色を出したもの。


IMGP1309-501.jpg
線の表現が精巧です。


IMGP1312-501.jpg
ついでにここから逆光。このシーンではコントラスト低下をよく抑えています。


IMGP1462-501.jpg
最短撮影距離で撮影してみると、なんとICカードの長辺が仕事をしてくれました。



感想に入ります


★手軽
カメラ側も使いどころが限られているので、大きく割り切って使える点がいいです。また明るいレンズとてピントもそこまでうるさく考えないでいい点も高く評価いたします。これだからといって得られる絵に手抜かりは感じられず、近距離での撮影ともなればピント面の精巧な線と、ピントの外にある線との差ははっきりと出てくれます。

Q(本体)のページにある『薄さ22mmでポケットに入れて持ち歩けます』は本当で、筆者もコートのポッケをホーム位置にして運用中。ストラップは両肩のものは使わず携帯ストラップ程度のものを取り付けて、ヒモが括り付けられる40.5mmのレンズキャップで結んで速射設定にさせておくなど、手軽さに合わせて小ささが撮影機会を増やしてくれている点は大きなメリットであります。

いつでも撮影ができる体勢を維持。ピントはAF任せ。露出もカメラ任せ。難しく考えるシーンかシビアな場面なら大型機で薙ぎ払います。


★いまこれしかない
折角の単焦点でなかなかいい結果を残しやすい本レンズでありますが、エフェクト系やズームレンズを除くと純粋な単焦点レンズがこの1本しかありません。小さいなりに需要は絶対にありそうですが…



IMGP1317-501.jpg
欲しいときに鞄からバラさずに撃てる。難しく考えないでいいのが最大の武器かもしれません。



メーカーのページはこちら↓
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/lens/q/high-performance/01-standard-prime/

最後にちょっと諸元
01 STANDARD PRIME
最短:0.2m
絞り開放:F1.9
最小絞り:F8
レンズ構成:5郡8枚
絞りばね枚数:5枚
フィルター径:40.5mm
マウント:ペンタックス Qマウント



最終更新 2020/12/16


INDEXページはこちら↓
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html






  1. 2020/12/16(水) 14:36:44|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 118本目 【Ai AF Nikkor 50mm F1.4D】


前置きを記事公開後から付け足すほどの、「公開してからデバッグする緩さ」でお送りするレンズの話題 118回目です。

いってみましょう。





_DCC7799-501.jpg

Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dです。
D850メインで最終ロットに近い個体をみていきます。







_DSC0301-501.jpg
3つ続けてみていきましょう。まずは絞り開放のF1.4


_DSC0299-501.jpg
F2.8時。周辺減光が大幅に改善します。周辺が気になる場合があります。
クロップで使用したり、線が出にくいシーンでの撮影ではそこまで気になりません。


_DSC0302-501.jpg
こちらはF8時のもの。


_DSC0281-501_20201110233456b55.jpg
撮影距離を1m以内にしてF4のもの。


_DSC2546-501.jpg
F6.3にて。周辺が見たくなるような意地悪な画面ですが端まで線を描き切ります。


_DSC9218-501_20201110233726370.jpg
逆光時。オーバー目に露出をつくったものです。


_DSC0327-501.jpg
※公道の踏切内。立ち止まらずに歩きながら撮影
こちらは逆光を意図的に狙ったものです。



_DSC1709-501.jpg
F4にて。バランスよくヌケのいいハイライトです。


_DSC9509-501.jpg
4000Kでマゼンタ+1段。F2.5で手持ち撮影を敢行しました。明るいレンズでは手持ち撮影の時間帯を稼ぐことも可能です。

周辺の情報は黒か目立たないように意識狙っています。


_D7X5781-501.jpg
ここから下はD700で。F8での画面です。


       _D7X3890-501.jpg
こちらもピント位置から50m以上離れたものを。

ピークはF8のようで、周辺まで良好な結果を確認しました。


_D7X5078-501.jpg
歪曲収差の参考に。


       _D7X5104-501.jpg
前ぼけの作例が無かったので、こちらのF2で撮影したものを。ミドルで併せているのものの過度に眠い画面にはなりませんでした。



雑感へ入ります。


★レンズの仕様について
本レンズはレンズ内モーターを持たないレンズのため、D5600などの入門モデルやZマウント各機との純正マウントアダプターであるFTZではAFでの撮影はできません。これはボディ内モーターのある、Fマウントの中級機以上の機体だけ適用されるものなので注意が必要です。

結局はギアとシャフトで噛ませて回しているだけなので、ボディ側のAF/MF切り替えノッチの操作でこれを連動、もしくは解放する仕組みでAiAF系のレンズAFまわりはできています(目視で確認した限り)。少なくとも、Nikonのほとんどのボディではどんな組み合わせでもMFだけは扱えます。



★ここへたどり着いたか

飽きの来ないシンプルな見た目ながら1995年の発売から25年間も販売され、長きに2020年秋で「旧製品」の枠へ入りました。

今年の9月に、新宿西口にある某大手量販店全般の在庫であるラスト数個の1本を手にしました。ピンキリでレンズはあるなかでの、「いつかは使ってみたい」と思っていたレンズで、大学時代より敢えて手にするのを先の楽しみにとっておいたほど。
今更、感想と申せるものはなく、行きついた先の回答を見て善しと否を選択している状況にすぎません。本レンズも性格と呼べるものはあり、コントラスト重視の絵が好みかどうかで決まってくると思います。



_DSC9356-501.jpg
こちらは購入してからの道すがら、最初に撮影した1カット。F5.6で露出計だけを頼りにワンショットで下したものです。

コントラストが乗っており、中央部の柱に光源が当たっている面は白飛びするかしないか程度のギリギリを通し、影は黒で締める。
「これは思ったとおりだ」の感想が出ました。そんなレンズです。






※ここから下はメモ程度に残したものをそのまま記載します。

いままで使用してきた他の50mmの特徴は?
→Sマウントの5cmやAutoニッコールを見ていると、とにかく解像力を重視し、どうすれば描ききりながら引き伸ばしにも耐えるかといった印象を受けます。線が太い恰好でどしりと重い

Ai-S50/1.4
→シャープネス重視の絵
AiAF50/1.8D
→見たまま重視のアッサリ寄り
AF-S50/1.8G
→誇張無しを 引き換えに安定したコーティング



メーカーのページはこちらから↓
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/ai_af_nikkor_50mm_f14d/


最後にちょっと諸元
Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
最短:0.45m
絞り開放:F1.4
レンズ構成:6郡7枚
絞りばね枚数:7枚
フィルター径:52mm


INDEXページはこちら↓
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html



最終更新 2021/01/10




↓「続きを読む」からは同一のシーンによる『F値ごとの変化』がご覧いただけます

続きを読む
  1. 2020/11/25(水) 23:23:29|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 117本目 【Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D ED (IF)】



涼しくなったところで1本いきましょうか。









_DSC0077-501.jpg
Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D ED (IF)です。

久しぶりに需要を感じて超広角レンズを投入しました。おもにD850での作例を上げていきます。



_DSC8978-501.jpg
F11で18mm側から見てみましょう。

画面の鉄橋の全長は150m程度はあります。画面左端から奥の対岸までの距離に注目です。



_DSC0333-501.jpg
少し建物の密度のある場所で見てみましょう。
四隅のパースペクティブは強く発生し、建物の屋上から左下の通行人までを抱え込んでいます。こちらは青信号の横断歩道から撮影しています。



_DSC0275-501_01.jpg
この作例の取材日は10月25日。15時過ぎの光線で、順光での画面です。18mm側では筆者の影が余裕で入ってしまいます。

とったものを見返してみると順光の弱点に当たってしまいました。同系色が続いてしまうと高低差の表現がままならず、フラットな絵に見えます。サイド~逆光の光源であれば影もできるためにかなりの凹凸が発生し、立体的な絵が期待できそうです。



       _DSC0346-501.jpg
ズームレンズなので細かい調整ができます。こちらはF9.5で21mm



_DSC0216-501.jpg
3つ続けて逆光時の様子です。こちらは開放のF3.5

_DSC0219-501.jpg
F5.6。

_DSC0218-501.jpg
F11です。ゴーストで逃がし極力ヌケを確保している印象です。



_DSC0313-501.jpg


_DSC0314-501.jpg
本レンズのカバー範囲はどのくらい得られるのか。上がテレ側の35mm。下はワイド側の18mmです。

差異が判別しづらい場合は画面内の最も近い部分と奥の築堤を見比べてみてください。





       _D7X4903-501.jpg
ここから下はD700。

こちらは30mm付近のもの。本レンズ1本でパースを切ることもできます。


_D7X4921-501.jpg
18mm側にて。思い切り近寄ってみるのも面白いです。



感想へ入ります。



★雑感と所見

「なんだ使えるじゃん。」が本音です。

安い超広角は周辺減光がひどく、四隅も出ないという認識が抜けずにおりました。どこかで見かけた「12MPでもきつい」の記載は本当で、確かに本レンズも周辺に無理があるように感じるところがありますが、絵に余裕を持たせたり最終到達点を調整すればよろしいだけのこと。初めて渡されて筆者が運用した超広角レンズがAF-S14-24mm F2.8Gだったために、大きな高望みは一切ありません。
本レンズはやり手です。F5.6程度まで絞っていればひとまずは成果を出し、四隅まで気を遣う場合はF11前後まで絞り込むとやれるだけの仕事をしてくれます。逆光時も特段わがままでなく、エフェクトにも利用できる素直なものです。

安価な超広角ズームをお探しのユーザーや、試しに使ってみたいユーザーに手に取ってもらいたい1本でした。


★筆者の使い方
※メモ程度に残したものをそのまま記載します。

スタートは18mmとする。18mmで広すぎる場合では押し込みでの調整をかける。
24、28、35mmの各指標は目測での判断のもと、こちらも同じように前後の調整で使用する。

基本的には18mmが勝手にズームになった感覚でおり、それ以降は付加価値として判断している。



↓メーカーのページはこちらから↓
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/ai_af_zoom-nikkor_18-35mm_f35-45d_if-ed/




最後にちょっと諸元
Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D ED (IF)
最短:0.33m
絞り開放:F3.5-4.5
レンズ構成:8郡11枚
絞りばね枚数:7枚(円形絞り)

↓INDEXページに飛べます
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html




※最小絞りはF22とあるが、24mm付近でF27まで絞り込める状況を確認。


最終更新 2020/10/27

  1. 2020/10/26(月) 23:32:50|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分水嶺 【Nikon D2X】


_DSC6978-501.jpg
今回はNikon D2Xを取り上げます。

本機の発売は2005年2月25日。
12.4MPのCMOSセンサーを搭載した高画素タイプで、レリーズタイムラグは0.037秒。D1Xの後継モデルです。


▼投入経緯


投入日は2020年8月16日。

高校時代。大学入試の願書の証明写真を撮った業者が、本機で撮影していたのがきっかけで思い出が1つ。
本機は2009年ごろの最初の一眼レフ探しの際にも中古価格で10万円はざらにつく値札を下げており、大学生を経ても、「大して跳びぬけた物も無いのにいまだ高いカメラ」としての位置づけでいました。


Finepix S3pro、D60、D200、、、当初は「この辺りでゆっくり使えて絵にこだわりを持てる枠が欲しい」として、D80を運用した時期もありましたが違う回答となって手放し。以後も解消することなくこの枠は燻り続けます。ちなみに本機の相場は2018年あたりでもそれなりにする機種であり、机上スペックでの費用対効果を考えた場合では遠い存在でありました。


なぜか諦めることができず、この度、出物の値段に納得がいったためにD700とバッテリーを共用できるメリットを活かし、本機が何らかの事情で使用できなくなったとしても電池を活かせる資産として投入が固まりました。

そう、目的はバッテリー。投入コストの値札からバッテリーの値段を差し引いても十分楽しむことが可能と踏んだ筆者は、あきらめが半分つく買い物として、パッシブセーフティーを設けるプランとしました。品物の状態と在庫を予習してから、新宿の某店で出していただくと……。


「見た目がきれいだ」



モニターは特有のくもりがあるものの、こちらは他のD700や程度のかなりひどいD3などで再三見せつけられているために殆ど気になるものではありませんでした。
無事に確保するや否や、大佐倉~京成酒々井の田んぼで試運転を敢行し、一桁機特有のフィーリングがひしひしと。「これ銀塩だ」と思わせる操作まわりが印象的でした。


★15年前のカメラ
こちらは概ね憶測で述べます。

15年前は2005年。首都圏ではあの103系がまだ常磐線で爆走していた時代でもあります。忘れてはならないのは東海道本線のブルートレインも現役バリバリで、毎日のように発着があったこと。
当時のNikonのデジタル一眼レフカメラでシステムを組んだ場合、6MPのD100やD70がラインナップにあり、D70Sや入門機第一号のD50も未発表で、D200も同年の11月のリリースです。そこで投入してきた12.4MPの本機は破格のスペックでの登場だったのではと感じます。そのころ鉄はCanonでのシェア率があったそうです。

仕事方面においても引き伸ばしを必要としない媒体で出番があり、夜間の手持ち撮影の部類を除外のもと、本機から仕事のスチルカメラを銀塩から切り替えたカメラマンも想像が難しくありませんでした。



▼運用において


使ったフィーリングは現場で運用してきたF4Sや、試運転にとどまる中で感じたF5に似ており、特に持った感じや縦グリップのメインコマンドダイヤルは後者と差支え無い持ち味です。抜群にキレのあるシャッター音。これも外せません。

操作はUIのアクセスを頻繁に変えないようにするセッティングで行けば快適であり、そぎ落としたように割り切れば被写体に集中ができます。決してやることはカメラを鑑賞することではなく、『撮影をしている』というところ。

APS-Cのセンサーサイズでありながらも、比較的見やすいファインダーも好印象でした。


▼カラー設定

本機やD80等の世代の機体は「カラー設定」の名前で、3パターンと白黒がUI内にあり、方法が独自のものとなっています。
D3・D300より実装の「ピクチャーコントロール」の前身をここで載せておこうと思います。

カラー設定は
モードⅠ:初期設定。画像調整を行わなくても肌色やグラデーションを自然に再現する。
モードⅡ:素材重視。画像編集を積極的にする場合に最適。 AdobeRGB選択時のみ選べる
モードⅢ:風景撮影に適した鮮やかな再現。モードⅠと比べると硬調な仕上がり。
  白黒:これの通り

主な項目はカラー設定のほかに、
「輪郭協調」
「諧調補正」
「色の濃さ(彩度)」
「色合い調整(±3段階)」

が設定できます。


ここではRAWで撮影した同じ画像を使って比較いたします。

★各コマ共通★
レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR(24mm)
露出:1/60sec F11 ISO200
測光:マルチパターン測光
WB:5200K マゼンタ+0.5
ピント位置:7m前後
※カラー設定以外の項目は振れ幅のない「標準」とします。

_DSC0076-651.jpg
モードⅠ


_DSC0076-652.jpg
モードⅡ

_DSC0076-653.jpg
モードⅢ

_DSC0076-661.jpg
白黒


▼そのほか


「本当に必要な能力値はこれでもいい。」そう確証へ導くような使い心地とポテンシャル。
そもそも露光のプロセスは何か。F値や露光時間など、そもそも必要な値はどの程度かとなるとおのずとISO100 1/250sec F8前後をホーム位置とし、足の速い被写体や絞り込みが必要な場面に変えていく。まるで本機は銀塩とデジタルの分水嶺です。

また、モニターが確認用にすぎないのでPCでCFカードを挿して開き、展開するまでの高揚感。こちらは銀塩の感覚に近いものです。


12MPのセンサーなので引き伸ばしによる出力は、Capture NX-Dでの調整後、四切ワイドで制作した分では良好な結果を確認しました。ISO200前後の低感度域でも拡大すればノイズが見えているので、Capture NX-Dの「高画質2013」でノイズリダクションをかけるととてもヌケのよい画像に仕上がります。

レンズや時間帯などの条件に気を遣えば、A3までは出せそうなポテンシャルがあります。



昼行であればD700に近い感覚で運用できる基礎体力も見どころです。












そのほかチラシの裏はそのままこの辺に掲載。


そして、いざD850と一緒に運用してみると、
現在の運用方法としては、潔い割り切り方のできるモジュールのためなにかと無駄がないペアになりました。
本機はAPS-Cのセンサーを積んだ機体で、超望遠レンズも手持ちで行ける縦グリップが内蔵されているタイプ。昨今では絵作りを中心にしたステータスの振り方がD850と同じにならない点が大きく、引き伸ばしや高感度の高望みをしないシーンでの出番や秒間約5コマでサブカットを担当したり、D7100でも真似できないような振れる独自の仕事は山とあったのです。





これからD2Xを手にしたい方へ…いないよね


▼今後は


めぐり合わせとはこのことを申すのか、本機を購入した時のショット数は約3万ショットでした。
筆者がまだ、ランドセルをギリギリ背負っていた時代に送り出された機体が年月を経て、この数字を維持していたと思えば、ゆっくりと使いたい場合や「ここぞ」のシーンに登板させるなど、D700と併せてベンチマークとしていきたいです。

使っていれば擦れるであろう、見た目の外傷も信じられないほどに無く、これはなるべく丁寧に使わねば罰が当たる気もします。


「よくうちに来てくれた」と歓迎の気持ちで運用しております。




メーカーのページはこちら↓
https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d2x/index.html



最終更新 2020/10/08

↓『続きを読む』では、より詳しい作例を貼っております(気が向いたら増やしていきます)


続きを読む
  1. 2020/10/08(木) 12:22:22|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/12/15)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D2X
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1
・PENTAX Q



Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)


・Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D ED (IF)
・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8
・01 STANDARD PRIME

・SIGMA TELE CONVERTER TC-1401

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 4

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (162)
レンズの話題 (119)
INDEX (1)
機材インプレ (29)
比較小話 (6)
F値ごとの変化 (7)
写真の効能書き (21)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (403)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (161)
名鉄 (4)
東武 (39)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (314)
作品といえそうな作品 (59)
停車場目録 (71)
乗車メモ (6)
つまらない話 (91)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (33)

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター