酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

【写真の効能書き】 第15回 鉄道写真 -その2- 動いている列車を撮る

鉄道写真まわり 第2段です。

前回は停車中でしたので今度は「走行中」の列車の撮影方法について触れたいと思います。


まずはどんな場所で撮影するかですが、ざっくりいうと駅の先端か駅間になります。この昨今、駅名や路線名に「撮影地」とつけて検索をかければ、たくさん出てきます。近所で良好な場所をまず探すのが手頃です。

当ブログにも、どういったものか少し用意がございますので、カテゴリの「撮影地ガイド」にも飛んでみてください。



また解説に入る前に、
疑問が発生しましたら他媒体を参照したり、ご自分でやり方を開発したりして、本記事群はあくまで「きっかけ」としてください。

このほか、解説で制作した作例でございますので、結果が満足な完成度でない場合が多々発生いたします。目的を設けて動き、設定してしておりますのでこの点もご容赦ください。






DSCN2039-501.jpg
プリントを踏んでマージンをとって枠内に収めればいいのは変わりません。
停車中と違うのは相手は動いているということです。列車の頭と最後尾が画面内のどこに来るか想像しながら、画角を決めます。まずは本数の多い路線(出来れば進入スピードもだいたい一定の場所)で練習していくといいでしょう。


つかうシャッタースピードですが1/500secか1/1000sec以上が原則になります。被写体ブレにつきましては、デジタルの場合は塗装の境目等を拡大してみますとわかります。




安全に関しては、とにかく線路に寄り過ぎないことが大前提になります。また駅係員など、指示があった場合はそれを優先とします。
あと差し当たってあるのは現場の定員です。撮影スペースには限りがあります(先着順)ので、譲り合っての撮影が絶対になり、余裕があったら後付を入れてあげるくらいはあっていいものです。 つねに周りの状況は把握できるようにしておきましょう。







下はありそうないわゆる失敗例です。

DSCN2025-501.jpg
後ろが切れている


DSCN2059-501.jpg
先頭が切れている


_D7X2273-501_20180422105147c9d.jpg
複線でありがちなのはこれです。これは「かぶり」とも言われ、こうなればどうしようもありません。諦めます。



今回のヒント
良好な編成写真はどんな所に気を使って撮られているか調べてみましょう。



この2018年に203系の2次車が出てくるのも珍しいかと思います。当時、私がCOOLPIX P5100を使っていたころの失敗らしい画像を今回は使いました。失敗を敢えて撮ると失敗ではないのでなかなか難しい。。。

  1. 2018/04/22(日) 12:18:30|
  2. 写真の効能書き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 鶴見線 国道駅

        _DSC1195-502.jpg

訪れた回数だけ 何か新しいものをみせてくれる駅である。


  1. 2018/04/19(木) 18:40:47|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よく晴れたいつもの鉄橋

_D7X2156-501.jpg
オフ日の再出撃。季節の光線を感じます。

きょうの主役は数千円の普及ズームで、まぁよくも写るものです。

  1. 2018/04/18(水) 21:28:41|
  2. 京成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの話題 98本目 【Ai AF Nikkor 50mm F1.8D】

新年度をまたぎまして今年のレビューは1本のみ。いや、細かいことは抜きでいきましょう。。。














_1300097-2501.jpg
Ai AF Nikkor 50mm F1.8Dです。 乗り潰しで手に入れた標準レンズです。






_DSC0627-501.jpg
D4で撮ったものから行きます。こちらは解放のF1.8

端でとらない限りはピント面の解像はあります。F2との差はほとんどありません。


_DSC0626-502.jpg
こちらはF2.8。



_DSC0915-501.jpg
近づいたものでF4にて。強いて周辺の安定はここからになります。


_D7X1180-501.jpg
ここから下はD700です。
絞り込んでF13です。絞れば安心できるいつもの解像力が待っています。


_D7X1835-501.jpg
F2.8で7m付近。


_D7X1846-501.jpg
逆光にて横断歩道から。露出も画面どりも目測でいただきます。

D700ですとシャドーが潔く潰れてくれます。


_D7X2326-501.jpg
解放で逆光時の作例です。自然光は絞ると若干解消する程度ですので、ハレ切りがあるといいかもしれません。


_D7X1820-501.jpg
F2.8まで絞りますと、中心の解像力がよくわかります。


_D7X1694-501.jpg
ニュートラルにも転がせる実力があります。




_D7X2091-501.jpg
解放にて
手前の葉っぱまで約1.2m(4ft)、奥の葉っぱが3m、看板が10m程度です。


_D7X2094-501.jpg
F2にて
こちらはフォーカスエイドを見ながら7ft固定(約2.1m)で狙ったものです。


↓下のリンクは、上ふたつを同じ条件で撮影したレンズの紹介ページへ飛びます。
NIKKOR-H Auto 50mm F2

Ai-S Nikkor 50mm F1.4

NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4



粗方そろったところで感想に入ります。

難易度は中の上くらいの玉です。このレンズの最大の舵取りは『ぼけ』と『距離』にあります。ここに気づけるかで変わってくると思います。おそらく大学時代の私でしたら気づかず「絞れば使える」のレビューで終わっていたかもしれません。

F5.6から周辺がほぼ完全安定で、絵も解放からおおむねスタンダードが続くと思うと、消去法で注目すべきポイントがそれに尽きるのです。



_DSC0528-501_20180415141239138.jpg
また、最大の落としどころと感じたところもあり、
画像のような中距離では、解放からあるシャープネスで手前から極端な距離とピント面で注目点を作ることができます。


ぼけを作る練習には好適な玉だと考えます。解放から癖のある嫌味なぼけではないですし、Gタイプの同規格よりもエフェクトの幅がありますので、距離のとり方ではポートレートにも使えそうです。

あと一つ、このレンズ最大のメリットは安い投入コストでAFのついた、F1.8の50mmが手に入るところですね。最近のキットレンズからの2本目としてでも、得られる結果にはきっと満足できるでしょう。単焦点レンズ入門にも最適な1本です。


↓以前ご紹介しましたコーナーで先取りして本レンズを取り上げました。作例を併せてご覧いただけますので、お時間がございましたらのぞいて行ってください。
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-entry-856.html


↓メーカーのページはこちら
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/ai_af_nikkor_50mm_f18d/


最後にちょっと諸元
Ai AF Nikkor 50 mm F1.8D
最短:0.45m
絞り解放:F1.8
レンズ構成:5郡6枚
絞りばね枚数:7枚
フィルター径:52mm


最終更新 2018/04/22


※試験設置※
↓INDEXページに飛べます
http://untenteisya.blog.fc2.com/blog-category-22.html


  1. 2018/04/15(日) 14:52:59|
  2. レンズの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【停車場目録】 京成押上線 京成立石駅 その5

_DSC7374-502.jpg
※敷地外より

風化のその先で。
  1. 2018/04/11(水) 21:39:59|
  2. 停車場目録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX集』からどうぞ!!

Party now(2017/04/20)
Body
・D4
・D700 × MB-D10
・D80
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・LUMIX DMC-GX7
・OLYMPUS PEN-D
・Konishiroku Pearl II
・Nicca Type-ⅢF

Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4
・Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5
・Ai AF Nikkor ED 300mm F4S(IF)

・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・AF-S Zoom-Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G (IF)
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR II

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4


・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R(貸出中)

Testing 1

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は原則認めておりません。
他媒体で使用のさいは必ず一度 ご一報 くださいませ。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
レンズの話題シリーズ (105)
レンズの話題 (98)
INDEX集 (1)
比較小話 (6)
写真の効能書き (16)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (344)
JR東日本 (107)
JR東海 (5)
JR西日本 (11)
京成 (86)
京急 (2)
名鉄 (4)
東武 (14)
西武 (1)
小田急 (9)
都電 (4)
東京メトロ (4)
新金線関連 (80)
中小私鉄・第三セクター (16)
機材インプレ (29)
作品といえそうな作品 (54)
停車場目録 (50)
撮影地ガイド (19)
つまらない話 (81)
どこどこに居ます (38)
あの日、あのとき (18)
info (6)

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター