FC2ブログ

酒々井の夜明け

多様なレンズを通して鉄道を見つめるNikon持ちのブログ 

1400T

_DSC0153-501_02.jpg


_DCC7770-501_01.jpg


流れ着くように大佐倉へやってきてしまいました。手前マージンで画面を賄えそうだったのでオーソドックスに。

  1. 2020/10/25(日) 22:51:32|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1601T

       _DSC8278-501_01.jpg

逢魔時。季節は秋へ、夜を告げる列車となりて

  1. 2020/10/18(日) 23:20:58|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1600T

_DSC7543-501.jpg

あと4時間の再出発。羽田空港へ顔を出し、本運用は成田を目指します。


  1. 2020/10/16(金) 23:02:48|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分水嶺 【Nikon D2X】


_DSC6978-501.jpg
今回はNikon D2Xを取り上げます。

本機の発売は2005年2月25日。
12.4MPのCMOSセンサーを搭載した高画素タイプで、レリーズタイムラグは0.037秒。D1Xの後継モデルです。


▼投入経緯


投入日は2020年8月16日。

高校時代。大学入試の願書の証明写真を撮った業者が、本機で撮影していたのがきっかけで思い出が1つ。
本機は2009年ごろの最初の一眼レフ探しの際にも中古価格で10万円はざらにつく値札を下げており、大学生を経ても、「大して跳びぬけた物も無いのにいまだ高いカメラ」としての位置づけでいました。


Finepix S3pro、D60、D200、、、当初は「この辺りでゆっくり使えて絵にこだわりを持てる枠が欲しい」として、D80を運用した時期もありましたが違う回答となって手放し。以後も解消することなくこの枠は燻り続けます。ちなみに本機の相場は2018年あたりでもそれなりにする機種であり、机上スペックでの費用対効果を考えた場合では遠い存在でありました。


なぜか諦めることができず、この度、出物の値段に納得がいったためにD700とバッテリーを共用できるメリットを活かし、本機が何らかの事情で使用できなくなったとしても電池を活かせる資産として投入が固まりました。

そう、目的はバッテリー。投入コストの値札からバッテリーの値段を差し引いても十分楽しむことが可能と踏んだ筆者は、あきらめが半分つく買い物として、パッシブセーフティーを設けるプランとしました。品物の状態と在庫を予習してから、新宿の某店で出していただくと……。


「見た目がきれいだ」



モニターは特有のくもりがあるものの、こちらは他のD700や程度のかなりひどいD3などで再三見せつけられているために殆ど気になるものではありませんでした。
無事に確保するや否や、大佐倉~京成酒々井の田んぼで試運転を敢行し、一桁機特有のフィーリングがひしひしと。「これ銀塩だ」と思わせる操作まわりが印象的でした。


★15年前のカメラ
こちらは概ね憶測で述べます。

15年前は2005年。首都圏ではあの103系がまだ常磐線で爆走していた時代でもあります。忘れてはならないのは東海道本線のブルートレインも現役バリバリで、毎日のように発着があったこと。
当時のNikonのデジタル一眼レフカメラでシステムを組んだ場合、6MPのD100やD70がラインナップにあり、D70Sや入門機第一号のD50も未発表で、D200も同年の11月のリリースです。そこで投入してきた12.4MPの本機は破格のスペックでの登場だったのではと感じます。そのころ鉄はCanonでのシェア率があったそうです。

仕事方面においても引き伸ばしを必要としない媒体で出番があり、夜間の手持ち撮影の部類を除外のもと、本機から仕事のスチルカメラを銀塩から切り替えたカメラマンも想像が難しくありませんでした。



▼運用において


使ったフィーリングは現場で運用してきたF4Sや、試運転にとどまる中で感じたF5に似ており、特に持った感じや縦グリップのメインコマンドダイヤルは後者と差支え無い持ち味です。抜群にキレのあるシャッター音。これも外せません。

操作はUIのアクセスを頻繁に変えないようにするセッティングで行けば快適であり、そぎ落としたように割り切れば被写体に集中ができます。決してやることはカメラを鑑賞することではなく、『撮影をしている』というところ。

APS-Cのセンサーサイズでありながらも、比較的見やすいファインダーも好印象でした。


▼カラー設定

本機やD80等の世代の機体は「カラー設定」の名前で、3パターンと白黒がUI内にあり、方法が独自のものとなっています。
D3・D300より実装の「ピクチャーコントロール」の前身をここで載せておこうと思います。

カラー設定は
モードⅠ:初期設定。画像調整を行わなくても肌色やグラデーションを自然に再現する。
モードⅡ:素材重視。画像編集を積極的にする場合に最適。 AdobeRGB選択時のみ選べる
モードⅢ:風景撮影に適した鮮やかな再現。モードⅠと比べると硬調な仕上がり。
  白黒:これの通り

主な項目はカラー設定のほかに、
「輪郭協調」
「諧調補正」
「色の濃さ(彩度)」
「色合い調整(±3段階)」

が設定できます。


ここではRAWで撮影した同じ画像を使って比較いたします。

★各コマ共通★
レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR(24mm)
露出:1/60sec F11 ISO200
測光:マルチパターン測光
WB:5200K マゼンタ+0.5
ピント位置:7m前後
※カラー設定以外の項目は振れ幅のない「標準」とします。

_DSC0076-651.jpg
モードⅠ


_DSC0076-652.jpg
モードⅡ

_DSC0076-653.jpg
モードⅢ

_DSC0076-661.jpg
白黒


▼そのほか


「本当に必要な能力値はこれでもいい。」そう確証へ導くような使い心地とポテンシャル。
そもそも露光のプロセスは何か。F値や露光時間など、そもそも必要な値はどの程度かとなるとおのずとISO100 1/250sec F8前後をホーム位置とし、足の速い被写体や絞り込みが必要な場面に変えていく。まるで本機は銀塩とデジタルの分水嶺です。

また、モニターが確認用にすぎないのでPCでCFカードを挿して開き、展開するまでの高揚感。こちらは銀塩の感覚に近いものです。


12MPのセンサーなので引き伸ばしによる出力は、Capture NX-Dでの調整後、四切ワイドで制作した分では良好な結果を確認しました。ISO200前後の低感度域でも拡大すればノイズが見えているので、Capture NX-Dの「高画質2013」でノイズリダクションをかけるととてもヌケのよい画像に仕上がります。

レンズや時間帯などの条件に気を遣えば、A3までは出せそうなポテンシャルがあります。



昼行であればD700に近い感覚で運用できる基礎体力も見どころです。












そのほかチラシの裏はそのままこの辺に掲載。


そして、いざD850と一緒に運用してみると、
現在の運用方法としては、潔い割り切り方のできるモジュールのためなにかと無駄がないペアになりました。
本機はAPS-Cのセンサーを積んだ機体で、超望遠レンズも手持ちで行ける縦グリップが内蔵されているタイプ。昨今では絵作りを中心にしたステータスの振り方がD850と同じにならない点が大きく、引き伸ばしや高感度の高望みをしないシーンでの出番や秒間約5コマでサブカットを担当したり、D7100でも真似できないような振れる独自の仕事は山とあったのです。





これからD2Xを手にしたい方へ…いないよね


▼今後は


めぐり合わせとはこのことを申すのか、本機を購入した時のショット数は約3万ショットでした。
筆者がまだ、ランドセルをギリギリ背負っていた時代に送り出された機体が年月を経て、この数字を維持していたと思えば、ゆっくりと使いたい場合や「ここぞ」のシーンに登板させるなど、D700と併せてベンチマークとしていきたいです。

使っていれば擦れるであろう、見た目の外傷も信じられないほどに無く、これはなるべく丁寧に使わねば罰が当たる気もします。


「よくうちに来てくれた」と歓迎の気持ちで運用しております。




メーカーのページはこちら↓
https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d2x/index.html



最終更新 2020/10/08

↓『続きを読む』では、より詳しい作例を貼っております(気が向いたら増やしていきます)


続きを読む
  1. 2020/10/08(木) 12:22:22|
  2. 機材インプレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1110T・1808K

_DSC5771-501.jpg

行ける機会があるたびに少しずつ煮詰めていたこの現場。5回か6回は行ってトライしたと思います。

ヒントは現在の国領駅の特徴を持ち込み、奥のハイライトと被写体のアンダーを使った難しいラインを出していきます。締め切らない、かと申しても緩めない。面積の調整。

被写体である都営5300形をどう取り扱うかまで、とりあえず腑に落ちるところまで。



_DSC6161-501_20201004231703be8.jpg

まともなマークのカットがまだ無かったために、01Tと11Tを追いかけた後での本日のシメでした。




       _D7X4718-501.jpg

おまけ程度に。
スカイライナー停車駅になった青砥駅に変化がありました。目を疑う反動が収まると思えば、頼もしい乗車位置案内です。


  1. 2020/10/04(日) 23:29:34|
  2. 京成とその直通先
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

放問者

Author:放問者
御アクセスありがとうございます。

鉄道撮影と駅訪問を主体に活動中です。
今日も、きっとどこかの線路脇にいます。

レンズの作例は、
カテゴリ内の『INDEX』からどうぞ!!

Party now(2020/09/16)
Body
・D850 × MB-D18
・D700 × MB-D10
・D2X
・D7100
・F2 Eyelevel(black)
・F-501

・Konishiroku Pearl II
・LUMIX DMC-GF1


Lens
・GN Auto NIKKOR·C 45mm F2.8
・NIKKOR H Auto 50mm F2
・NIKKOR P・C Auto 105mm F2.5

・Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D(借入中)



・AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm F2.8D ED〈NEW〉
・Ai-S Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5
・Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4
・SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports

・LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
・COSMICAR TELEVISION LENS 25mm F1.4
・Industar61 52mm F2.8

・SIGMA TELE CONVERTER TC-1401

Scanner
・EPSON GT-X830

Lens testing 4

Twitterもやっております。フォローはお気軽にどうぞ
ID:@untenteisya_

ブログ内の画像の転載は認めておりません。

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
写真機とレンズ (158)
レンズの話題 (116)
INDEX (1)
機材インプレ (28)
比較小話 (6)
F値ごとの変化 (7)
写真の効能書き (19)
べんりなもくじ (1)
撮影報告 (392)
JR系統 (122)
京成とその直通先 (152)
名鉄 (4)
東武 (37)
小田急 (7)
東京メトロ (4)
新金線関連 (45)
中小私鉄・三セク・軌道線 (20)
その他コンテンツ (309)
作品といえそうな作品 (58)
停車場目録 (71)
乗車メモ (4)
つまらない話 (89)
どこどこに居ます (54)
あの日、あのとき (33)

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター